fc2ブログ

新型コロナ・原油ショック ブラックマンデー後の絶望的な相場展望 - 貴方を幸福にするFXブログ

新型コロナ・原油ショック ブラックマンデー後の絶望的な相場展望

株を売るのを止めろトランプ
トランプさんもお怒り!

武漢ウイルス騒動と同時期のOPEC協調減産決裂で、株価と為替、原油が大きく下げました。
ダウは史上最高の2000ドル下げでサーキットブレーカー発動。
原油に至ってはロシアとサウジアラビアの交渉が決裂したことで、30%を超える湾岸戦争以来の急落を起こしました。

あれ、今って戦争やってるんだっけ?

戦争が起きたわけでもどこかの大企業が倒産したわけでもないのに、この大惨事。
本当にわけがわかりませんが、相場というのは10年周期ぐらいでこのような暴落事件が発生します。

かつてのブラックマンデーも一つの要因で起きたわけではないので、個々の原因にたいした意味はないのかもしれません。
異次元緩和のようなバラマキ政策を続ければ、いつか必ずバブルは破裂するのだから。

各国政府もこの事態を指をくわえて見ているわけではなく、以下のような政策で相場の急変に対応することになります。

米国

・緊急利下げ 0.5%
・減税、所得補償
・段階的な利下げ 0.25%ずつ(予想)
・QE4(予想)


日本

・ETFの購入枠拡大
・休業者への貸付

トランプとビーバーが完全に一致

FRBは急落後に緊急利下げを行いました。
パンデミックで収入の労働者への減税や所得補償を行うようです。

トランプ大統領はそれではまだ不足と言っているので、今後は段階的に利下げを行っていくと思われます。
利下げを続ければ株価は持ち直すかもしれませんが、限界は必ず来ます。
0.25%ずつ利下げを行うとしても、8月には打ち止めです。

ゼロ金利になって下落が止まらなかったらどうするのでしょうか?
おそらくリーマンショック後のように量的緩和を行うのではないかと思います。

こんな感じのシナリオを予想します。

4月~7月・・・利下げ

8月・・・ゼロ金利

QE4の実施


米国はまだ切れるカードを多数保有していますが、日本の打てる手は限られています。
日銀は上場投資信託(ETF)の購入枠を現行の年間約6兆円から拡大する方針のようですが、それでもいつまで株価を支えられるかはわかりません。

日銀やGPIFの保有株式の損益分岐点は日経平均19000円程度。
2万円以上での買い支えで19500円に上がったという話もあります。
つまり、今の日銀は含み損

さらに株価が下がれば私達が積み立てた年金は消滅。
日銀は債務超過。

どこまで含み損に耐えるかはわかりませんが、万一損切りすれば株価は底なし沼に入り、日経は1万円を切るかもしれません。
最悪の場合、日本発の世界恐慌に突入しかねません。

GPIF年金巨額損失
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

日銀が日経平均に介入したのが間違いだったんだよな。世界の時価総額の10%しかない日本の株式市場に日銀マネーが打ち込まれたから株価が嵩上げされている状態になっている。

2020-03-12 23:36 | from 名無し

Re: タイトルなし

> 日銀が日経平均に介入したのが間違いだったんだよな。世界の時価総額の10%しかない日本の株式市場に日銀マネーが打ち込まれたから株価が嵩上げされている状態になっている。

日銀の介入が根本的な間違いですね。
市場を無視して介入すれば、必ず歪みが修正される時が来ます。
介入の時間が長ければ長いほど、その反動も大きくなります。

スイス中銀が介入を断念した時、フランは数分で30%ぐらい変動しました。
日銀の時はそれ以上の衝撃になるでしょう。

2020-03-13 00:10 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1569-8de0fc0e