FC2ブログ

有事のドル買いは本当の危機じゃない!? - 貴方を幸福にするFXブログ

有事のドル買いは本当の危機じゃない!?

自己責任の動物園保証
この先に何が待ち受けているのか・・・

武漢ウィルス騒動で日本株、米株、原油、不動産(REIT)が大きく下げました。
まるでリーマンショックの再来ですが、大きな違いが一つあります。
それはUSD/JPYが下がっていないこと。

米ドルはフラッシュクラッシュでも下値は101円が限界。
逆に上昇に転じ、112円を超えました。

その後他通貨が下げ続ける中で、米ドルだけが独歩高になっています。
AUD/USDは過去最安値を更新しましたが、AUD/JPYはまだリーマン時に達していません。

リーマン

極端なドル高の原因はポジション整理による現金需要の増加。
ファンドが積み上げてきた株や債券を決済するために、膨大なドルが必要になっています。

なぜドルが必要とされているかというと、基本的に取引とは金融商品と現金の交換だからです。

例えば、アメリカ人のジョン万次郎がアップル株を買う時は、米ドルを売って株を手に入れることになります。
同様に社債や不動産を買う時も、ジョンは米ドルを対価にしてそれらを買います。
信用取引であっても口座には米ドルを入金し、それを元手に取引を行います。

決済する際は、逆の取引をすることになります。
株や債券を売って、米ドルを手に入れることになります。
信用建玉を決済し、証券会社に返金を請求することになります。

コロナショックのようにあらゆる金融資産の価値が暴落すれば、様々な金融商品が一気に売却されることになります。
ファンドにお金を預けている出資者たちも一斉に解約と返金に走るので、決済は加速します。

需要が増えすぎて市場から米ドルが消えてしまえば、為替はUSD高に傾きます。
つまり今回のドル高は、それだけ米ドル建ての投機が膨らんでいた証拠ですね。

世界から米を消し去る

勘の良い方は、ここで疑問に思うかもしれません。

「じゃあ、なんでリーマンショックは円高ドル安になったの?」

実はリーマンショックもドル高になっています。
そしてコロナショックも円高になっています。

リスクオフ相場は円高ドル安ではなく、円高ドル高
単にどちらの上昇の方が大きいかが異なるだけです。

・リーマンショック 円高ドル高 円>ドル
・コロナショック 円高ドル高 円<ドル


リーマンはリーマンブラザーズ破綻、コロナはダウの下落が主因。
どちらも米国のポジションが整理されるので、決済によるドル高は発生します。

では、なぜ日本円まで下落するのか?
それは円建てのポジションが決済されるからです。

日本は世界で最も長くゼロ金利を続けており、膨大な資金を海外に投資しています。
アベノミクス当初の円安も、海外への資本移動が大きな要因です。
また、投機筋の円キャリートレードや日本株のヘッジにも円ショートが用いられています。

・銀行の海外投資(ジャンク債含む)
・GPIFの海外投資(株や債券)
・ミセスワタナベの外貨預金
・海外ファンドが買う日本株のヘッジ(ドル円買い)
・企業の海外投資(ソフトバンクなど)

ネットと携帯の仕組み

ジャパンリスクの高まりによって安全資産として円が選好されることは少なくなりましたが、これらの円売りと緊急時のリパトリエーションは健在です。
海外投資の評価損が膨らめば日本に資金が還流し、リーマンショックのような強烈な円高に襲われます。

しかし、コロナショックはまだそこまでの事態になっていません。
クロス円は軒並み円高ですが、それでも米ドルには及んでいません。
日経平均株価の下落でヘッジの解消は起こったと思いますが、本格的なリパトリはまだ見られていません。

ということは、日本の海外投資ポジションはまだ危機的な状況に陥っていないということ。
ソフトバンクGの株価が下がっているので、投資家は潜在的な危険を感じているのかもしれませんが。

アベノミクスのマイナス金利政策で日本の金融機関、特に地方銀行は海外に投資を余儀なくされてきました。
米国のハイイールド債、CLO(ローン担保証券)の1/3は、日本の銀行が買っていると言われています。
質実剛健のイメージが根強い銀行がギャンブルに手を出しているのだから、恐ろしいことです。

リーマンがサブプライムローンの貸し倒れによって発生したように、CLOが焦げ付けば同様な危機が起こります。
もしも決済を迫られることになれば、リパトリで東日本大震災の時と同じかそれ以上の円高が発生します。
銀行は不良債権を抱えて、連鎖倒産するかもしれません。

本格的な円高になっていないということは、日本にとってはまだ最悪の事態ではないということ。
いずれ訪れる海外投資の反動こそ、本当に恐れるべきなのかもしれません。

・海外債券バブルの崩壊
・強烈な円高
・銀行や年金の破綻


株式暴落で有り金を溶かして破産する黒田総裁



関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

つまり、今の暴落よりも、更なる大暴落が待ち受けてるかもよ?って事ですよね。

やはりリアル草食系男子最強の時代が到来しつつありますね。

2020-03-21 15:01 | from 山中 一人

Re: No title

> つまり、今の暴落よりも、更なる大暴落が待ち受けてるかもよ?って事ですよね。
>
> やはりリアル草食系男子最強の時代が到来しつつありますね。

そうですね。
今は米国の火事ですが、日本に燃え移ってからが本番です。
銀行がバンバン潰れて焼野原になったら、草食系男子と北斗神拳伝承者の時代が始まります。

2020-03-21 15:45 | from 幸福賢者

なるほど!

いつもブログ楽しく読ませてもらってます!
リーマンのときはドル円、ユーロ/ドル共に下落しましたが、今回はドル円が上昇してるので不思議に思ってました。
もしかして2月19日の円安で話題になった日本売りが始まったのかと思いましたが、逆に日本はまだ余裕があったんですね。
このまま何事もなくやり過ごせるんでしょうか?ゴールドマンが米4-6月期gdp -24%の予想ですが。
ちなみに2月の円安はなんだったんでしょうね?

2020-03-21 17:33 | from 憂鬱なmonday

Re: なるほど!

> いつもブログ楽しく読ませてもらってます!
> リーマンのときはドル円、ユーロ/ドル共に下落しましたが、今回はドル円が上昇してるので不思議に思ってました。
> もしかして2月19日の円安で話題になった日本売りが始まったのかと思いましたが、逆に日本はまだ余裕があったんですね。
> このまま何事もなくやり過ごせるんでしょうか?ゴールドマンが米4-6月期gdp -24%の予想ですが。
> ちなみに2月の円安はなんだったんでしょうね?

国内の機関投資家(多分GPIF)が巨額の外債投資を行ったためと言われていますね。
もちろんGDPマイナスで日本売りが進んだ面もあると思いますが、
今回のショックでそれどころではなくなってしまった感じです。

マイナス成長で日本株は買われないにしても、
世界中がヤバい状態で積極的に円を売る理由はしばらくなさそうです。

2020-03-21 18:25 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1572-12902b45