FC2ブログ

植松被告の動機とBoomerRemover(老害排除剤) - 貴方を幸福にするFXブログ

植松被告の動機とBoomerRemover(老害排除剤)

返事がない屍の鹿
死人に口なし。

前の話⇒相模原障害者殺人事件 植松聖容疑者は何のために誰を殺したのか?

今回はリクエストがあったので、「津久井やまゆり園事件」について再度見解を述べたいと思います。

3月16日、横浜地方裁判所にて植松聖被告に死刑判決が下りました。
45人を襲って19人を殺害したので、責任能力が認められた以上判決は覆らないでしょう。

ただ事件の背景や動機がはっきりしていないので、すっきりしていないの人もいるはず。
エセ賢者が考えるに、この事件の動機は現在発生しているコロナウィルス騒動に通じるものがあるのではないかと思います。

「殺人事件と武漢肺炎(COVID-19)に何の関係があるの?」

と思うでしょうが、どちらも社会保障費という点で繋がっています。

パンデミックの懸念から大半の国は不用意な外出を控えるように促していますが、一部の国では敢えて外出禁止令を無視している人達がいます。
アメリカの若者は新型コロナウイルスをBoomerRemover(老害排除剤)と呼んで、積極的に感染を広める行動をしています。

とんでもない迷惑な話ですが、理屈としてはわからなくもない。
若者だって肺炎にかかりますが、死亡や重症に至る可能性は高齢者よりずっと小さい。
外出禁止令で一方的に行動を制限され、高齢者のために多額の医療費を負担するのは損しかない。

ならば自身が疾患するリスクを取ってでも流行させ、高齢者を減らす方に動くべきはないか?
増税という重荷から若者を解放するチャンスではないか?

そういう考えで彼等は反社会的な運動を行っているのだと思います。

老人に席を譲らない若者

実際、あらゆる先進国で社会保障の問題は顕在化しています。
医療費や生活費を捻出するために増税を繰り返したり、財政の破綻が迫っている国も少なくありません。

日本の社会保障給付費は120兆円で、一般会計の全予算よりも大きい。
年金保険料・健康保険料・消費税は一方的に上がり続けて、国民負担率は48.7%になってしまいました。

自立できない赤の他人のために給料が徴収されている現状では、若者が解放を望むのも無理からぬことです。

国民負担率の推移

植松被告の発言にも、障碍者による負担を懸念する部分が多数見られます。

「意思疎通のとれない人は不幸を生む」

「お金と時間を奪っているから」

「重度障害者を育てるのは間違っている」


私怨や快楽ではなく、「社会の負担を減らす」という目的で動いていたのは明らかです。

彼は襲撃の際に職員を連れ回して個々の入居者を確認し、意思疎通が不可能な重度障碍者だけを殺害しました。
これは非常に面倒で、失敗するリスクも大きい。

もしも「障碍者が憎い!全部消えてしまえ!」といった復讐が動機なら、こんな煩雑な手段を取る必要はありません。
京アニに放火した青葉真司のように、全部まとめて焼き払ってしまえばいいだけのこと。

そうせずに一人一人確認して判断したのは、

・話せない人→社会に貢献する可能性がなく、健常者に負担をかける→排除する
・話せる人→社会に貢献する可能性がある→排除してはならない

のような明確な線引きが存在したということ。

ひどく独善的ではあっても、彼の頭の中には大義があった。
だから死刑判決を受けても全く揺らがない。

殺人犯植松聖

もちろん、猫賢者だって植松の行動に賛同はしません。
理解できるのと賛成するのは別問題。

全国民の生存権が保証された日本において、どんな理由があるにせよ殺人は許されない。
遺族は苦しむし、社会が混乱するデメリットも大きい。

けれど、この二つは全く別の目的なので、結局どこまで議論しても平行線にしかなりません。

①植松の目的・・・重度障碍者のために健常者を犠牲にしてはならない
②道徳の目的・・・全ての命を大切に扱わなくてはならない

たとえ植物人間でも、みだりに命を奪ってはならない。
けれど、彼等のために増税を続ければ若者の生活や育児のコストが支払えなくなり、社会全体が衰退してしまう。

目的次第でどちらも正しくもなるし、間違いにもなるわけです。

植松被告の死刑は法治国家として妥当な判断ですが、彼が死んだからといって日本が抱える問題が解決するわけではありません。
資源は限られているので、急速に少子高齢化が進む中で手厚い介護を続ければ、未来を担う者がいなくなって国が沈みます。
老人が延命のために政府を介して合法的な強盗をするなら、若者はBoomerRemoverのように強硬な手段を用いるしかありません。

少子化が進み、イノベーションが起こらなくなくなった今の日本を放置していいのか?
社会復帰の可能性がない者を延命するために労働者を犠牲にしていいのか?
国家はどこまで国民の生活に責任を持つべきなのか?

日本人ひとりひとりが考えてみるべきではないでしょうか?

⇒社会保障の『もう一つの役割』を忘れた国家は滅亡する

少子高齢化社会の老害

日本の医療制度の間違いを教えてくれる名著

欧米に寝たきり老人はいない - 自分で決める人生最後の医療

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

賢者さん、ブログありがとうございます。

賢者さんは「現在の日本は道徳に偏り過ぎている」と言いたい訳ではないのでしょうか。

2020-03-24 16:25 | from ヨクト

Re: No title

> 賢者さん、ブログありがとうございます。
>
> 賢者さんは「現在の日本は道徳に偏り過ぎている」と言いたい訳ではないのでしょうか。

そうですね。
道徳に偏りすぎて、動物としての最適化をないがしろにしています。

実は「適者生存の法則」からしても生活保護は必要なのです。
種族が生き残るための条件として何が必要になるかは、誰にもわからないから。

引きこもりニートなんて一見不要に見えるけれど、案外パンデミックでの生存に適しているかもしれません。
今は活躍できない人も保護して『多様性』を確保することが、結果的に集団のためになることもあります。

しかし、今の社会は『古い命を維持する』ことに躍起になって、何のために保護が必要なのかを忘れてしまっています。
「種が存続するのに最適な条件は何か」ということを、人間自身が思い出さなければなりません。

2020-03-24 17:22 | from 幸福賢者

No title

賢者さんお返事ありがとうございます。

そういえば、木村太郎さんがグッディで「姥捨て山議論」に激怒していたのを思い出しました。

高齢者の扱いをどうするか。日本が先頭に立って示してほしいです。

2020-03-24 22:22 | from ヨクト

夜警国家に餓死しない程度のセフティーネットがある小さな政府がベストだけど政治的ハードルが高すぎる。せめて高齢者の医療負担は3割にし、公的年金の上限を生活保護と同等にしないと労働者の可分所得が減る一方。

2020-03-24 22:40 | from 名無し

貢献することを目指すのはとても良いことだと思います。人の役に立ちたいという欲求は自然なものですから。

しかし、やがて誰でも年を取り何らかの疾患が出るかもしれないし、自由に動くことも不可能になるかもしれない。

私は何故、多様な命の形があるのか?と考えてしまいます。賢者さんはそれをどう考えますか?

貢献できたり、役に立つことを主とするなら、それは誰がどう判断しますか?ある人が重要と考える人が他の人にとっては不要かもしれない。そんなものは誰も判断できないと思います。


2020-03-25 06:10 | from もも

Re: No title

> 賢者さんお返事ありがとうございます。
>
> そういえば、木村太郎さんがグッディで「姥捨て山議論」に激怒していたのを思い出しました。
>
> 高齢者の扱いをどうするか。日本が先頭に立って示してほしいです。

「姨捨山」は「知恵のある老人が国を救った」という物語なので、
「高齢者はその知恵で社会に貢献すべき」とも解釈できます。
ベッドに寝たきりで話もできない植物人間の世話を肯定しているわけではないのかもしれません。

人間が長生きするのは、孫の世話をするためではないかとも言われています。
一方的に荷物と見なすのではなく、各自の役割を考えるべきだと思います。

2020-03-25 10:41 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

> 夜警国家に餓死しない程度のセフティーネットがある小さな政府がベストだけど政治的ハードルが高すぎる。せめて高齢者の医療負担は3割にし、公的年金の上限を生活保護と同等にしないと労働者の可分所得が減る一方。

「欧米に寝たきり老人はいない - 自分で決める人生最後の医療」
という本をお勧めします。
日本の医療がいかに無駄な延命治療に浪費されているか教えてくれます。

田中角栄の時代に高齢者医療費の負担ゼロ・年金の賦課方式という改悪が行われてから、
少子化が止まりません。
若者を貧困化させる社会保障政策は間違いだったと素直に認めて、
強制保険制度を廃止すべきだと思います。

2020-03-25 10:46 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

> 貢献することを目指すのはとても良いことだと思います。人の役に立ちたいという欲求は自然なものですから。
>
> しかし、やがて誰でも年を取り何らかの疾患が出るかもしれないし、自由に動くことも不可能になるかもしれない。
>
> 私は何故、多様な命の形があるのか?と考えてしまいます。賢者さんはそれをどう考えますか?
>
> 貢献できたり、役に立つことを主とするなら、それは誰がどう判断しますか?ある人が重要と考える人が他の人にとっては不要かもしれない。そんなものは誰も判断できないと思います。

貢献というのは強制するものではありません。
各自が自分で考え、できることを選ぶだけ。
その結果何もできなかったとしても、それはそれで良いのです。

国家がすべきは民に義務を課すことではなく、自立を促して自分で考えさせることです。
親が子供に指図し続けるのは、互いを不幸にするだけ。
他人を助けるのも助けないのも、助けを求めるのも求めないのも、
本来は各自が自分で判断することです。

2020-03-25 10:50 | from 幸福賢者

No title

>資源は限られているので、急速に少子高齢化が進む中で手厚い介護を続ければ、未来を担う者がいなくなって国が沈みます。
>老人が延命のために政府を介して合法的な強盗をするなら、若者はBoomerRemoverのように強硬な手段を用いるしかありません。

>少子化が進み、イノベーションが起こらなくなくなった今の日本を放置していいのか?
>社会復帰の可能性がない者を延命するために労働者を犠牲にしていいのか?
国家はどこまで国民の生活に責任を持つべきなのか?

>日本人ひとりひとりが考えてみるべきではないでしょうか?

失礼ながら言わせてもらいますが、賢者さんの考え方、つまり、自分が属するマジョリティの利益のために、マイノリティを犠牲しようというのは、植松聖の考え方に通じるものがあるように思えます。

少子高齢化が進行し続けているのに現行の社会保障制度を維持してしまった政府の失策のせいであって、高齢者には罪はないと思います。

少子高齢化問題解決の正しい方法とは言えないでしょう。

2020-03-27 10:37 | from 名無しもほどほどに

Re: No title

> 失礼ながら言わせてもらいますが、賢者さんの考え方、つまり、自分が属するマジョリティの利益のために、マイノリティを犠牲しようというのは、植松聖の考え方に通じるものがあるように思えます。
>
> 少子高齢化が進行し続けているのに現行の社会保障制度を維持してしまった政府の失策のせいであって、高齢者には罪はないと思います。
>
> 少子高齢化問題解決の正しい方法とは言えないでしょう。

根本的に違いますよ。
マジョリティのためにマイノリティを犠牲にしてはいけません。
マジョリティもマイノリティも関係なく、全ての人は自立して生きなければならないのです。

政府が養うのも奪うのも、優遇するのも冷遇するのも、社会主義・権威主義の考えです。
政府が国民の生殺与奪権を握ることそのものが悪なのです。

本当に人を養っているのは企業の生産であって、政府ではありません。
政府は民の生産を奪って、恣意的に分配しているだけです。

何を生産するのか、何を生かすのかを決める権利は本来労働者自身にあります。
政府の干渉を止め、国民自身が自主的に分配しなければならない。
社会主義を止め、資本主義を正しく実行するのが私の主張です。

2020-03-27 11:44 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1573-eeb61998