FC2ブログ

予想できた米株暴落と予想を超えた無制限緩和 - 貴方を幸福にするFXブログ

予想できた米株暴落と予想を超えた無制限緩和

ウイルス病気が広がる状況では防衛に銃武器が必要
最悪の状況だ! (つД`)ノ

コロナショックでニューヨークダウは3万目前から2万割れまで急落しましたが、この展開は予想の範疇です。

トランプ相場以降、米国はいつ弾けるかわからないバブルの最中でした。
エセ賢者も「いずれ米株の暴落が起こる」と去年警告しています。

⇒ニューヨークダウ暴落の前兆 米国の株価が下落する原因

残念ながら正確な時期まではわからず、オリンピック大統領選までは続くと思っていました。
しかし、QEや異次元緩和で膨らませた株価が実体経済と剥離しており、いつか調整されるのは目に見えていました。
なので、リーマンショックのような経済危機が再発すること自体は驚くことではありません。

驚いたのは危機そのものではなく、それに対する政府の対応
これは過去の事例からかなり外れています。

従来の政府の対応策は段階的な利下げとその後の量的緩和。
しかし、今回は異様な早さでゼロ金利・QE4に踏み踏み切りました。
さらに無制限緩和を実施。

債権買い占め、現金支給、休業補償・・・
トランプさんよ、いくら再選したいと言っても大盤振る舞いにもほどがあるでしょ。

大口をたたくトランプ大統領

米国は日本と違って中央銀行による直接的な株式購入を法的に禁止しています。
けれどその一方で債券の制約はなく、FRBは米国債や住宅ローン担保証券(MBS)の買い入れを行っています。

これまでは買い入れ量を7000億ドルとしていましたが、限度額を定めない「必要量」に変更。
平たく言えば、いくらでも債券を買い取ってやるぜ!ということ。

リーマンショックの直接的な原因は、サブプライムローンの貸し倒れ。
現在も当時のように住宅ローンや学生ローンが積み上がっているので、これらが焦げ付けば同様の金融危機が起こります。

ハイイールドだろうがCLOだろうが、FRBが買い取ってしまえば問題ない。
どんなに世の中に爆弾が溢れていようが、国が全部回収すれば大丈夫。
そういう作戦です。

理屈の上では正しそうに思えますが、本当のそれで良いのでしょうか?

ジャンク債が高利回りなのは、貸し倒れのリスクがあるから。
政府が金を刷ってそのリスクを引き受けるのは、ギャンブラーの責任を全国民に転嫁するようなもの。
ウォール街のために一般市民が割りを食っていると知っても、米国民は混乱が収まればいいと思うんですかね?

仮に米国民がそれでいいと考えたとしても、本当に相場は落ち着くのでしょうか?

各国の政府が行っているのは、穴の開いた風船に空気を送り込むような対処法。

3万ドル目前まで膨れ上がったダウという風船にコロナという針が刺さり、一気に空気が抜けて2万ドルまで萎みました。
放っておけばもっと萎んでしまうので、FRBという空気入れに接続。
利下げとQE4でじゃんじゃんドルを刷って、これでもかと空気を入れて風船は大きさを保っています。

一方で、日本政府も同じように金融緩和を拡大。
日銀がETFを通じて空気を注入することで、ようやく形を保てています。

ヘリコプターマネーでお金を撒く

本来であれば、風船の回復には数年、最低でも数ヶ月の時間がかかります。
破れた風船は一回畳んで、破損箇所を丁寧に修復。
その後に再びゆっくり膨らませるしかありません。

リーマンの時は世界経済が打撃を受けた後に、中国経済の成長とともにゆっくり立ち直りました。
しかし、今回はコロナという傷が癒えるどころか、まだ感染拡大している最中だというのに無理やり維持しようとしています。

日本はオリンピックの延期と活動の自粛要請程度で済んでいますが、ニューヨークはロックダウン(外出制限)を実施。
感染者は3万人を超え、レストランもジムも全部閉まっています。
世界の金融の中心地が機能停止しているのだから、相場が混乱するのは当然です。

旅行客の急減で航空機製造のボーイングの株価は大暴落。
原油価格の低下でシェール企業は虫の息。
失業者は一気に300万人を超えました。

政府がいくらバラマキを行ったとしても、実体経済がすぐに良くなることはありません。
アホみたいに株や債券を買わせて一時的に相場が持ち直したとしても、メッキは必ず剥がれ落ちます。

日銀黒田緩和の悩み

リーマンの時も騒がれ出してから一旦安定して、半年ぐらい経ってから本当の危機がやってきました。
東日本大震災の時も3月17日に底を付けて反転したものの、8月に再び円高に見舞われました。

同じように考えれば、コロナショックも夏頃に本震がやってくるかもしれません。
どこかの投資会社や銀行が破綻して、連鎖的に被害が広がる可能性もあります。

このまま半値戻しくらいはあるかもしれませんが、危機が去ったと考えるのは早計かもしれません。
下落で仕込んで上昇に乗るのは結構ですが、まだ安心できる状態でないのは覚えておいてください。

特に5月や8月の連休は円高株安になりやすいので要注意。

コロナウィルス病気の大本営発表で国民を騙す日本

大富豪は暴落を恐れない。

9万部突破のベストセラーを無料プレゼント中。(送料は負担)

⇒大富豪の投資術

金融リテラシーを身に付けてこの相場を乗り切りましょう。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1574-6c1de0b3