fc2ブログ

先生助けてっ! 日経平均株価が息をしてないの! - 貴方を幸福にするFXブログ

先生助けてっ! 日経平均株価が息をしてないの!

ロンガーが息をしてない
相場が動かないと死んでまう・・・( ノД`)

米大統領選の懸念やコロナ経済対策の失望売りももあってダウは大きく上下していますが、日経は全然動いていません。
新興株市場のマザーズ先物はサーキットブレーカーが発動しましたが、日経はさっぱり動きません。

完全に心停止してますね。

正確に言うと、ダウやマザーズの1/4ぐらいは動いています。
ダウが400ドル暴落しても、日経の下落は100円程度。

個別株の大半が下落しても、指数は殆ど変わらず。
何日もかけて23400円~23700円のごく狭いレンジを行ったり来たり。

上下で指値を入れても、値幅がなさすぎてろくに約定しない有様。
「相場師を殺す最も簡単な方法はチャートを止めることだ」
と昔誰かが言っていた気がします。

全く動かない日経平均株価

なぜ日経は他の指数に連動しなくなったのか?
大統領選などのファンダメンタルズの影響を受けないのか?

そりゃ官製相場だからでしょう。

安倍内閣は退陣して菅内閣に変わりましたが、政府による市場介入は全く変わらず。
既に東証1部企業の8割(約1830社)で日銀・GPIFが大株主になっています。

日銀や年金が指数に連動する金融商品を買い支えれば、株価が維持されるのは当たり前。
コロナで業績が低迷して個別株が下がろうが、ETFを通じてファストリやソフトバンクの株価を吊り上げれば日経は維持できます。
国家が企業を管理する共産主義国家になり果てています。

共産主義・社会主義国家は現状維持はできても、長期的には必ず衰退します。
政府が金を出せば、消費者のためにより良いサービスを提供するインセンティブが失われるからです。
市場原理が無視され、競争が鈍化した国は緩やかに崩壊するしかありません。

株買いや補助金バラマキで日本の社会主義化を進める金融リフレ派・財政リフレ派(反緊縮)は、まさに国賊と呼ぶべきでしょう。

ウイルスより大きな悪影響を与える安倍総理

このようにボラティリティがない相場で、投資家が取りうる戦略は二つ。
一つはレンジ相場を利用して、小さな値幅で何度も取引を繰り返す。
具体的にはトラリピのような手法になりますね。

エセ賢者は23400円ぐらいを中心に日経トラリピをやってますが、勝率は上々。
GMOなどで取り扱っている日経CFDにIF-DONE注文を入れれば、手動でトラリピもどきができます。

ただしボラがないので、手間のわりに薄利。
しかもトレンドが出てレンジアウトすれば、一気に含み損が増えてしまいます。
コツコツドカンにならないように注意したいところです。

もう一つは動かない日経は無視して、他の銘柄に移ること。
日経やドル円はボラがありませんが、他の通貨ペアや外国株、コモディティは結構動いています。
ビットコインに至ってはPaypal送金の発表から、7%以上も暴騰しています。

官製相場はどうしようもないけれど、それを嘆いていても事態は好転しません。
その場その場でチャンスを見つけていくのが投資家の仕事です。

日銀の株式ETF買い入れ推移

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1631-8a69ad4d