fc2ブログ

コモディティの時代にどう備えるか? - 貴方を幸福にするFXブログ

コモディティの時代にどう備えるか?

安すぎるもやし
いくらになるの? (゚∀゚)

金融商品の時代が終わり、コモディティの時代がやってくる。

こんな話があちらこちらでささやかれるようになりました。
リーマンショック以降続いてきた相場の大きなトレンドが、コロナショックを機に転換しつつあるのかもしれません。

コモディティとは何か?
簡単に言えば商品のことです。
原油や天然ガスなどのエネルギー商品、小麦やトウモロコシなどの農業商品など、市場で取引される一般的な商品の総称です。

<代表的なコモディティ>

・原油
・ガソリン
・ゴールド (代替通貨の側面も持つ)
・シルバー
・プラチナ
・小麦
・トウモロコシ
・大豆


<代表的な金融商品>

・株式
・債券
・法定通貨
・仮想通貨


2010年~2020年の約10年間は、概ね金融商品の時代でした。
各国の量的緩和を機に株や国債、仮想通貨が買われ、値段が吊り上がっていきました。

ニューヨークダウ暴落株価チャート

しかし、その一方でコモディティは全体的に軟調。
代替通貨である金は底堅かったものの、プラチナなど実用性の高い商品は鳴かず飛ばず。
原油に至ってはどんどん価格が下がり続け、コロナの暴落で史上初のマイナス値を付けました。

原油チャート

過去にも金融商品とコモディティのトレンドは交互に発生しており、その周期は概ね10年程度でした。
正確に10年ぴったりというわけではないし、トレンド転換を証明する方法もありませんが、歴史はそれが繰り返されることを示しています。

もしも既に流れが変わっているのであれば、この先10年は株よりもコモディティが強含むことになるでしょう。
長いトレンドで多くの投資家は金融資産の虜になっていますが、トレンドが変わるのであれば方針を転換しなければなりません。

具体的にどうするかといえば、もちろん商品をロングすることになります。

比較的取引しやすいのは、ゴールドやシルバーなどの貴金属。
現物の金塊やコインなどで保管することも可能ですが、ETFやCFDを利用しても少ないコストで買い持ちすることができます。

キャットコイン

エセ賢者は、数年前からプラチナのETFを仕込んで長期保有しています。
現在は金よりも安価になっていますが、それは金が代替通貨として金融資産に近い特性を持つからです。
もしもコモディティが優勢になれば、これまで注目されていなかったプラチナに投機マネーが流入するかもしれません。

原油やガスなどのエネルギー、小麦や大豆などの農作物も値上がりが期待されるので、ロングしたいところではあります。
しかし、その場合はコンタンゴによる減価を計算に入れなければなりません。

CFDやETFを使えば、コモディティをFXや株式のようにトレードすることはできます。
けれど、それらには限月もしくは高額なロールオーバーコストが設定されており、長く保有するのが困難になっています。

ロールオーバーコストとは、その商品の保管料のようなもの。
原油をドラムに入れて保管しておくだけでも倉庫代や空調代でコストがかさみ、その分が先物取引の値段にも反映されます。
仮に原油のETFを買って数年放置しておけば、たとえ原油本体の価格が上がっても保管料で損をするかもしれません。

なのでロールオーバーコストの高い商品を長期で保有するのなら、現物の代わりにそれを扱う企業の株を買った方がいいでしょう。
コモディティの時代が来れば、エネルギー・食品・鉱山を扱うグローバル企業の株も堅調になると予想されます。

ハンバーガーは小麦粉

コモディティの時代とは、言い換えればインフレの時代でもあります。
法定通貨を含む金融資産の価格が下がり、実際に食品やエネルギーとして使われる商品が値上がりしていく時代です。

デフレに慣れて預金だけを持ち続ければ、知らぬ間にインフレ税で損をすることになるでしょう。
株式投資やFXに対しては無関心でいられた一般のサラリーマンも、商品の値上がりから目を背けることはできません。

何に投資するかは個人の自由ですが、トレンドの変化には敏感でありたいものですね。

⇒ハイパーインフレ 財政破綻に備えよ!

アイスクリームが高い
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

ブロンズ→シルバ→プラチナ→ゴールドになって10年以上。
ステータスのプラチナ会員も見直す必要があると思いませんか?
アメックスプラチナもゴールド以下にしないとおかしい。
五輪もプラチナメダル、銀メダル、銅メダルにするか
金メダル、プラチナメダル、銀メダルにするか

2021-02-04 18:04 | from こうたろう | Edit

Re: No title

値段で言えば確かにそうですね。
しかし希少性や実用性、密度で言えばプラチナ>ゴールドなので、
おかしくもない気がします。
実際に持ってみれば、プラチナのほうが重いのが体感できますよ。

2021-02-04 19:37 | from 幸福賢者

金利の上昇を見据える必要性?

ねこさんの仰るとおり、去年くらいから緩和と低金利化でゴールドやコモディティ投資が調子いいですね。

ただ個人的にはこの先を考えるとこの投資はどうなのかな?
と思っています。

10年債利回りは上昇傾向ですし、インフレ圧力も高いので現在予想されているような2023年までのゼロ金利継続は流石に難しそうに思えますし、仮に続けてもその後は利上げに舵を切ることになるので。

つまり数年先まで見据えるなら、高金利化、ドル高化で儲かる物に投資をするほうがいい様に思えます。ドル円ロングや銀行株などでしょうか?

逆にゴールドは元々実用的な価値に対して割高なこともあり、数年後は結構ヤバイ様な気がします。その他の商品は高金利=好景気ということであれば確かにいい様な気がしますが、プラチナですか・・(さわったことがないので知らない)。

何か猫さんは際物が好きなイメージです!

2021-02-08 00:12 | from Tochi

Re: 金利の上昇を見据える必要性?

私はキワモノ大好きですよ(笑)

確かに利上げはゴールドやインフレに向かい風ですが、当分行われないから大丈夫だと思います。
金融引き締めがコロナショックやリーマンショックを誘発しているので、
FRBも慎重になるでしょう。

今後ドルや円が増えはしても減ることはないので、
長期的に現物が上昇するのは避けられないはずです。

2021-02-08 00:26 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1656-aca8711f