fc2ブログ

【電通十訓】 不要な物を買わされないために - 貴方を幸福にするFXブログ

【電通十訓】 不要な物を買わされないために

発毛剤が効かないので殺すハゲ
気持ちはわかる! (;д;)

かつて電通には戦略十訓と呼ばれる方針があり、これによってより多くの商品が売れるように仕向けてきたそうです。

1 もっと使わせろ
2 捨てさせろ
3 無駄使いさせろ
4 季節を忘れさせろ
5 贈り物をさせろ
6 組み合わせで買わせろ
7 きっかけを投じろ
8 流行遅れにさせろ
9 気安く買わせろ
10 混乱をつくり出せ


これを見てエセ賢者が感じたのはブラック企業がどうこうではなく、現代の社会を蝕んでいる問題を如実に表しているということ。
資本主義が本来の役割を忘れ、押し売りになりかけていることです。

売上さえ上がるならいかなる手段も正当化される風潮には、とてつもない恐怖をを感じますね。

バナナ

買い物と一口に言っても、二つの種類があるとエセ賢者は思います。

一つは、主体的な買い物。
もう一つは、受動的な買い物。

前者は、自分で必要な物を想定してから購入する場合。
甘い物が食べたくなったからケーキを買ったり、害虫が出たから殺虫剤を買ったり、寒くなったから暖房を買ったり・・・
自分の欲求が先にあり、それを満たすためにそれに合った製品やサービスを探します。

後者は、広告・宣伝によって購入を促される場合。
テレビのCM、グーグル検索の上位に表示されるPR、Youtubeの楽しそうな実体験・・・
様々な情報に欲望を刺激されるうちに、本来意図していなかったものが欲しくなってしまいます。

テレビに興味がある猫軍団

この二つはどちらが良いというものではありません。
一般に宣伝が悪者にされがちですが、より優れた製品が一般に普及して社会をより便利にするのが悪いわけではない。
どんなに素晴らしい商品を開発しても、それが認知されなければ意味がありませんしね。

けれど、その中に消費者の心理を巧みに操り、浪費に駆り立てているものが存在するのも確かでしょう。
かつては麻薬やアルコールやタバコなどに限られていた依存症が、ゲームや漫画、食品にまで広がっているのも見逃せません。

麻薬

例えば、スマホのソーシャルゲーム。
ウマ娘、原神、モンスト、パズドラといった人気ゲームは毎月10憶円以上の売上を上げています。
ネット上の競争に煽られて、何十万もガチャにつぎ込む人も珍しくありません。

食品は基本的に必要なものですが、栄養の乏しい嗜好品や効果の怪しい健康食品もあります。
ポテトチップスやかっぱえびせんは一度食べたら止まらない。
自然界に存在しない純度の高い砂糖や塩は、私達の脳を支配して延々と餌を口に運ばせます。

その他にも、テレビやネットは様々な商品やサービスの宣伝で溢れています。
家電、化粧品、漫画、映画、遊園地、服飾、旅行・・・
何から何まで魅力的な商品が増え続けていて、いくら見ても終わりません。

モノやサービスが豊富なのは、社会が豊かになった証拠。
けれど恐ろしいのは、これらが消費を誘導していることです。

一見選択肢が増えているようで、特定の行動を強制されていることもあります。
「どうやって客のニーズに応えようか」と考えていた会社が、「どうやって客を食い物にしようか」という考えにすり替わっていることもあります。

三匹の子豚の肉を販売

先ほどの電通の十訓をもう一度見直してみましょう。

1 もっと使わせろ
2 捨てさせろ
3 無駄使いさせろ
4 季節を忘れさせろ
5 贈り物をさせろ
6 組み合わせで買わせろ
7 きっかけを投じろ
8 流行遅れにさせろ
9 気安く買わせろ
10 混乱をつくり出せ


まさに思考誘導ですね。

感情を揺さぶって動機を作り出すことで、本来必要がないはずの消費に向かうように仕向けています。
広告を見ることで知らず知らずのうちに財布のひもが緩み、ジワジワと貯金が消えていきます。

多くの人は、このような仕組みで自分が操られていることに気付きません。
なぜなら既に社会に溶け込んで、生活の一部になっているからです。

グーグル検索もYoutube動画も広告の一部ですが、意識している人はまずいないでしょう。
量販店で初期設定されたスマホは課金ゲームや各種サービスに誘導するアプリが満載ですが、初めて買う人がそれを知るわけがない。
はっきり言ってしまえば、情報化社会そのものが宣伝の塊なんですよ。

お勧め品

このカラクリを知っていれば押し売りから逃れられると思うかもしれませんが、残念ながら不可能です。
現代の広告は徹底的に人間心理を研究した上で最適化され、どんな意思が強い人も好奇心を刺激されて手を伸ばすように設計されているからです。

長いことスマホを避けていた猫賢者も、スマホを持った途端ポケモンGOや原神といったアプリを入れてしまいました。
「好奇心は猫を殺す」とはこのことか。

滑り台のように作られた罠には、誰も逆らえずに落ちるしかない。
本気で避けようと思うなら、捨てる以外に手がありません。

テレビを捨てる。
スマホを捨てる。
人間関係を捨てる。


携帯を捨てられないなら、余計なアプリをひたすら削除
グーグルプレイ、アップルストア、LINE、各種SNSなど、巧妙に仕掛けられた罠を全部消して、ぜい肉ひとつない簡素なスマホにするしかない。
人間は見えるものから逃れられないので、見えなくするしか方法がないのです。

童貞を捨てるなんてとんでもない

以上の話はあくまで激化した広告競争に関する話であって、全ての企業が消費者を洗脳しているというわけではありません。
大抵の企業は衣食住など人々の根源的な需要を満たすために、日々優れたサービスを提供し続けています。
消費者が企業の奴隷になっているわけではないので、そこは勘違いしないように。

仮にあなたが消費を促されたとしても、それ自体が悪いわけではない。
バレンタインデーやホワイトデーは明らかに利益目的で作られた慣習ですが、シャイな日本人にとってはよい機会を作ってくれる利点もあります。

ソシャゲだってあなたがそれに同意した上で楽しい体験するのなら、そこには何の違法性もありません。
むしろ次々と新鮮なエンターテインメントを届けてくれる企業に感謝したいぐらいです。

けれど、その仕組みを知らないまま電通のような宣伝業者の傀儡になってしまうとしたら、それは大問題です。
消費を煽られたために将来のための貯金を失い、勉強や仕事のための時間を削られてしまうとしたら、あなたにとっても周囲の人にとっても不幸な結果になるでしょう。

どんなに魅力的な商品やサービスがあったとしても、自分で選択することを忘れてはいけません。
メディアや隣人が勧めているからではなく、それを買うことがあなた自身の幸せな未来に繋がるかを考えて選ばなければなりません。

資本主義の目的は「需要に対して適切な供給を行うことで人々の幸福を最大化すること」であって、無駄遣いでGDPを水増しすることではありません。
もしも色々なものに手を出してお金や時間を浪費していると感じたら、上に述べたようなテレビやスマホの断捨離を試してみてください。

⇒資本主義の目的を知っていますか?

同じCDを何枚も買う矛盾


関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

アプリはLINEのみにした

情報系学科に所属しているものです。

これまでは、インターン情報やおすすめ参考書や、論文読むためにスマホを使用していました。

しかし、実際はスマホゲームやYouTubeで時間が溶けていただけでした…

思い切ってこれらのアプリを全て消し、LINEのみに絞り、AmazonやGoogle検索エンジンに頼らずに書店で本を選び、家で黙々勉学に励んだ結果、Googleに就職することが決まりました。

ここから学んだことは、成長したければ、スマホを捨てるしかないということです笑笑

2021-03-18 15:51 | from 匿名

Re: アプリはLINEのみにした

Googleに就職ですか。
おめでとうございます。

誰だか忘れましたが、とあるITの実業家はスマホを自分や家族のそばに置かないと聞いたことがあります。
自分で作ったものだけに、誰よりもその有害性を認知していたのでしょうね。

2021-03-18 16:11 | from 幸福賢者

Re :Re:アプリはLINEのみにした

皮肉な事にIT業界に関わっている人ほど、スマホを触らないのかもしれないですね。

自分の話になるのですが、自分のプログラミング能力や数学的能力に伸び悩んでいた時がありました。

Twitterで優秀な人を監視してみたり、Amazonでお勧め技術書を購入するなどして、能力向上に努めようとしました。

が、ちょっとの油断でいつのまにかポケモンGOを開き、YouTubeを開いて1日が終わることもありました。

結局、自分の能力を高めるためには近道など存在しないのかもしれません。

今はとりあえず進路が確定してホッとしており、スマホをガンガン触っているので、再び堕落した生活に陥りそうです。

2021-03-18 16:41 | from 匿名

基本的には、どんなものを購入しても受動的なものじゃないかなと思う

情報を何も仕入れなければ、焼肉や寿司の存在すらも気付かなかったと思う。

他にも、身なりに関しても多少なりとも何かに影響を受けてるはず。
例えば、上下服色のバランスだったり、どこが安いとかも何かに影響を受けてるはず。

ゲームもそう。ポケモンやドラクエを友人のプレイや広告によって、購買欲を掻き立てられる。

住む場所もそう。綺麗な夜景が展望できる場所に住みたければ、タワーマンションに住むかもしれないし、田舎で落ち着きたいなら、安いマンションに住むかもしれない。
これも何かの情報がきっかけでないと、引っ越そうという思わないはず。

受動的でない購入をする人が存在するとすれば、それは恐らくインターネットや新聞と触れることがないマジモンの田舎に住んでなきゃ無理でしょう。

2021-03-18 22:41 | from 匿名

Re: タイトルなし

もちろん情報社会に生きていれば、みんな何かしらの影響は受けていますよ。
しかし欲しい物の探す動機と、見つけた物を受け入れる判断は自分のものでしょう。

冬の寒さに耐えかねて暖房を求めたり、就職に伴う引っ越しでマンションを求めるのは自分ですよね。
こういった需要に対して適切な供給を行うのが本来の企業の役割だと思います。
それに対して企業側から広告を見せて、購買意欲を掻き立てるのを受動的と呼んでいます。

2021-03-18 22:51 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1671-324b0286