fc2ブログ

【寝てるだけで年利10%超え!】 これより優れた積立投資があったら教えてくれ! - 貴方を幸福にするFXブログ

【寝てるだけで年利10%超え!】 これより優れた積立投資があったら教えてくれ!

安倍政権の可処分所得の推移
自分で稼がないと貧しくなる時代・・・ ( ノД`)

前の話⇒金がないので楽天ポイントだけで投資信託を買ってみた

コロナ前後で購入した投資信託・ETFを久々に確認したら、やたら利益が乗っていました。

・楽天証券 ひふみプラス(投資信託) 500円→600円 (利益率20%) ※ポイント購入
・SBI証券 VTI(米株連動型ETF) 50万円→75万円 (利益率50%)


一回買って放置してただけなのに、頑張ってトレードした結果を超えています。
エセ賢者のトレードが宇宙一下手なのは自覚していますが、自信なくしますねー。

コロナ後の財政出動もあって、最近は何を買っても儲かるバブル状態。
特に米株指数(ダウ、S&P500、ナスダック)の値上がりは大きく、最高値を更新し続けています。

長期でも見ても傾向は変わらず。
10年単位でも見ても20年単位で見ても、米株はずっと右肩上がり。
やはり米株インデックス投資が最強なんでしょうか?

ニューヨークダウ

裁量トレーダーとしては納得いかないところですが、結果が出た以上は負けを認めないといけません。
インデックス投資家に膝を屈するのはプライドが傷つきますが、この世界は結果が全てです。

ということで、最もお得なインデックス投資法をお伝えします。

これを行えば忙しいサラリーマンや主婦、ニートでも、プロと全く同じ運用益が得られます。

<楽天証券積立投資法>

①ポイントサイトから楽天カードを申し込む
(2200円相当のポイント)

⇒ハピタス



②ポイントサイトから楽天証券を開設する
(6000円相当のポイント)

⇒モッピー



③楽天証券で投資信託の積立注文を選ぶ



④米株指数or世界株指数を対象とした投資信託を選択する
(エセ賢者はeMAXIS Slim米国株式を選択)



楽天カード決済で積立を行う (月額上限50,000円)
(購入額の1%が楽天スーパーポイントに)



⑥ポイントを購入代金に回すよう設定
(実質1%値引き)



⑦毎月1日に積立が行われる


⑧運用したことを忘れる


ポイントサイトを比較した結果、楽天関係の申し込みはモッピー・ハピタスが最もお得でした。
楽天カードを申し込むだけで5000円~6000円程度もらえます。

⇒モッピー

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

⇒ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

証券会社は楽天証券一択。
ステマする気はありませんが、クレジットカードやポイントで投資信託を買えるメリットが圧倒的。
個人的にはSBI証券の方が使いやすいのですが、自動積立後はログインすらしないので問題なし。

クレカで投信を買った場合も通常の買い物と同様に1%のポイントが付与され、そのポイントを購入に回すこともできます。
実質的に1%値引き

ただし、1月あたりの積立金額は50000円が限度。
つまり、毎月最大500円の値引きが受けられます。

しかも支払いより先に投資信託を買い付けられるので、運用時期を早めることができます。
素人には気付きにくい所ですが、金利のある世界で支払いを遅らせるメリットは意外と大きい。

口座の金がクレジットカード会社に引き落とされて怒る

<買うべき投信はどれ?>

国内株だとひふみ投信などが人気ですが、日銀次第でバブルが弾けそうなのが難。
少子高齢化で沈む日本の株より、米株や全世界株のインデックスファンドが無難でしょう。

<人気の投資信託>

・eMAXIS Slim米国株式(S&P500)(三菱UFJ国際投信)

米国大型株約500銘柄を対象としたS&P500指数に連動。
信託報酬は0.0968%。(めっちゃ低い)

・楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))(楽天投信投資顧問)

CRSP USトータル・マーケット・インデックスに連動。
米国の大型株、中型株、小型株、合わせて3550銘柄が対象。
信託報酬は0.132%。

・楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360) (楽天投信投資顧問)

株式と債券へ1:3で分散投資。
信託報酬は0.4945%。

・iFreeNEXT NASDAQ100インデックス (大和投資信託)

NASDAQ100指数に連動。
ハイテク関連銘柄の比率が高い。
信託報酬は税込0.495%。

猫賢者は最も信託報酬が低い『eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」にしました。
為替ヘッジはないけれど、年率で0.1%以下という圧倒的な手数料の安さが魅力です。
成長期待でナスダック連動も考えましたが、手数料が若干高い。

投資に絶対はありませんが、この方法を実践すれば何らかの事情で米国が破綻でもしない限り利益が得られます。

・米株の上昇益(10%程度)
・楽天カード分の値引き(1%)
・ポイントサイトの付与分

「トレードには自信がないけど、マイホームや老後のために運用益がほしい」
という方は、毎月100円ずつでも積み立ててみてはいかがでしょうか?

一度設定したらカードの引き落としだけ気を付けて、あとは放っておきましょう。
下手に口座を見ると決済したくなるので、ログインはしなくていい。
(おいおい)

運用成績が良かった投資家は亡くなっている

⇒モッピー

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!



関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

やっぱり

米株やってるんですね!

国内投信ですか~

個人的には投信はリアルタイム売買出来ないのが嫌すぎますが、1%引きならアリかもですね。

でも現物にすれば税金が(ピーーー)

現物でしたらSBIの米株取次先のIB証券がいいかもです。売買手数料は1$だし取扱銘柄数も国内証券の比じゃありません

2021-04-06 21:38 | from Tochi

Re: やっぱり

海外の個別株はSBI証券でトレードしてます。
株価指数のCFDはGMOです。
楽天の投信はドルコスト平均法の積立専用ですね。

IB証券は使ったことがないので、ちょっと調べてみます。

2021-04-06 21:54 | from 幸福賢者

IB証券

自分は国内に無いTQQQや個別株はIB証券を使っています。

税制が若干不利(3年繰越NG、国内との損益通算は一方通行)で確定申告は全て自分で計算する必要がありますが、TTS・TTBでの譲渡損益の節税は可能で、為替差損益(雑所得・総合課税)についても継続適用を条件にTTS・TTBでの計算が認められていると認識しています(諸説あり)。
よって海外FXや仮想通貨の節税にも有効だと考えて使っています。

https://tochi-pechi.com/?p=15249

2021-04-06 22:48 | from Tochi

Re: IB証券

情報ありがとうございます。
国内で取引できない銘柄を探す際はIB証券が良さそうですね。
S&P500のようなメジャーな銘柄は国内で十分ですが、珍しいものがあったら使ってみます。

2021-04-06 23:00 | from 幸福賢者

私も積立するにあたって、色んな商品模索しましたがほぼ同じ考えです。
積立の金額指定出来るから投資信託。
老後資産、長期運用なら毎年の信託報酬は安ければ安いほど有利ですよね。チリツモです。税金面も考えて、配当再投資。
為替ヘッジは、アリとナシを半々に。
どちらかひとつを選ぶとすれば、手数料取られない分ナシですね。
とにかく、運用会社の養分にならずに時間と言う魔法を使って複利で運用。
投資先は先進国で唯一、人口増加してる米国一択でしょうか。
暴落しても過去の例から絶対的な安心感が違います。
この安心感は、数字にはあらわれませんが。精神衛生上、日々の株価を気にしないで穏やかに暮らすことはなによりもプライスレスだなと感じております。

2021-04-07 04:02 | from JJ

Re: タイトルなし

投資は精神衛生が大事ですよね。
ボラティリティの高い仮想通貨でも買えば一気に儲かるかもしれませんが、
乱高下のストレスでハゲてしまいそうです。

投資信託やETFでも毎月分配型やコンタンゴで元本が減ったりする詐欺商品もあるので、
素直に株価を反映するインデックス型は優れていると思います。

2021-04-07 09:27 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1677-442496b8