fc2ブログ

本物の必勝法 聖杯をつくる4つの黄金ルール - 貴方を幸福にするFXブログ

本物の必勝法 聖杯をつくる4つの黄金ルール

米国人が作れる銃の密造
私にもできる!? (゚д゚)

相場の世界に100%勝てる手法はありませんが、「極めて勝率が高く利益が大きい手法」は存在します。

その一つが今回紹介する暴落時の逆張り
非常に条件が厳しいけれど、それを満たしさえすれば莫大な利益が見込めます。

特別なスキルや知識は不要で、バンドウイルカ程度の知能があれば誰にも可能ですが、いつでも使えるものではありません。
実行できるのは年に1~2回。
利益を出すためには、以下に示す条件を全て満たさなければいけません。

条件① 長期的に見て上昇トレンドの銘柄であること

条件② 保有コストが小さいこと

条件③ 現在は短期的な安値圏にあること

条件④ ドローダウンに耐えられるサイズであること


簡単な例を挙げると、「暴落時のS&P500インデックス買い」です。
「暴落時のビットコイン現物買い」でもいいかもしれません。

10年単位で見て上がりそうな銘柄を安値でキャッチして、値上がりするまで持っておく。
ネザーランドドワーフでもピグミーマーモセットでも思い付きそうなシンプルな投資法ですが、いざ実行するとなると意外と成功しません。

失敗を避けるためには上で述べた、4つの条件をあらかじめセットしておく必要があります。
いずれの条件が欠けても、この逆張り法は上手く行きません。

条件① 長期的に見て上昇トレンドの銘柄であること

ニューヨークダウ

10年チャートを見て、ずっと上昇傾向(あるいは下落傾向)にある銘柄を選びましょう。
個別株だと該当する銘柄はごく僅かなので、必然的に指数や歴史的に需要のあるコモディティになります。

・S&P500ETF
・ナスダックETF
・ビットコイン
・ゴールド


あたりが選択肢になるでしょう。

日経平均は未だにバブル高値を超えられていないので、上昇トレンドの条件から外れています。
トルコリラのように下がり続ける銘柄を売るのも理論上はありですが、次の項目で否定されます。

条件② 保有コストが小さいこと

少なくとも半年、長ければ何年もポジションを保有するため、ロールオーバーコストが無視できません。
マイナススワップが莫大なリラやランドを売れば、大赤字になってしまいます。

・株の信用取引
・FXのクロス円ショート
・CFDの株価指数
・コンタンゴのある商品ETF

これらは全て金利負担が大きいため、NG
バンガードのETFなど、信託手数料の小さい投資信託を選ぶことになります。

条件③ 現在は短期的な安値圏にあること

将来上昇する銘柄だとしても、高値掴みは避けたいところ。
今すぐS&P500に全財産突っ込んで、明日リーマンショックが来たら目も当てられません。

100年チャートで見れば一本調子のダウも、数年間低迷したことはあります。
いつかは回復するとしても、何年も含み損を抱え続けるのは精神的にきつい。

最低でも直近から5%ぐらい下落してから、ゆっくりポジションを取りましょう。

ニューヨークダウ暴落株価チャート

条件④ ドローダウンに耐えられるサイズであること

底がどこかは誰にもわからないので、下落後に買ってもさらに含み損を抱える可能性は高い。
レバレッジのある投信やFXでは、強制ロスカットの危険があります。
現物であってもどんどん含み損が増えるうちに、精神的に耐えられず決済してしまうかもしれません。

そうならないように、ポジションサイズは余裕資金の範囲で抑えましょう。
できるだけレバレッジはかけないように。

一括買いで続落が不安なら、あらかじめ総量を決めた上で分割して買いましょう。
(無計画なナンピンをしろということではない)

暴落時のナンピン買いで破産

こうして並べると簡単なルールに思えますが、実際にやると守れないことが多々あります。
エセ賢者も、色々な点を見落として失敗してきました。

・個別株が安値になったから買い→①の違反
・マイナススワップの通貨ペア→②の違反
・最高値からちょっと下がっただけで買い→③の違反
・ハイレバでロングして強制ロスカット→④の違反

「暴落時は絶好の買い場」と多くの投資本に書いてあると思いますが、何も考えず適当に買って成功するほど簡単な話ではありません。
ここにある4つのルールはもちろん、自分なりの規律を持って取引に臨んでください。

⇒【寝てるだけで年利10%超え!】 これより優れた積立投資があったら教えてくれ!

損切りしても慌てない冷静な猫投資家
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

なるほど

これは名記事ですね(いつもそうですが・・)

>条件① 長期的に見て上昇トレンドの銘柄であること
ただしこれが転換しない保証はいつだって無いというのがポイントですが、まあそこまで言うとイチャモンですね☆

2021-09-17 18:52 | from Tochi

Re: なるほど

何十年も失敗しながら練り上げた手法なので、喜んで頂ければ幸いです。
いっそ情報商材や有料Noteにでもしようかと思いましたが、無料ブログのスタンスに反するので公開しました。

トレンドが転換する保証がないのは事実なので、それはどうしようもありませんね。
大英帝国が衰退したように、米国インデックスだっていつかは落ちぶれるかもしれません。
それも受け入れた上で、自分で投資先を選ぶしかないでしょう。

2021-09-17 18:56 | from 幸福賢者

米国か全世界株インデックスに投資しつつ現金比率をリバランスするやり方が無能にとってはベター

2021-09-18 11:03 | from 名無し

Re: タイトルなし

インデックスに投資しつつ、現金か債券でバランスを取るのが投資の王道ですね。
今は高値圏なので、いったん現金比率を高めています。

2021-09-18 12:35 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1726-b5cb5b1a