fc2ブログ

豪ドル/NZドル暴落でトラリピトレーダー全員破産!? - 貴方を幸福にするFXブログ

豪ドル/NZドル暴落でトラリピトレーダー全員破産!?

ハマーン様の凶器で殴られる
予想外の衝撃だぜ・・・ (;д;)

エセ賢者が個人的にヤバいト思ってる通貨ペアが、AUD/NZD
オーストラリアドルとニュージーランドドル、オセアニア通貨同士通貨ペアです。

なぜヤバいかというと、トラリピで大人気だからです。

トラリピは、マネースクウェアジャパンが提供する取引システム。
レンジでナンピンを繰り返すことにより、細かい利益を積み上げる手法です。

コアラとキウイは兄弟同士。
隣国で値動きも近いため、往復で利益を上げられるトラリピには最適です。

チャートを見ればわかる通り、20年間AUD/NZDはパリティ(同値)を超えていません。
正確にはちょっとタッチしてますが、殆どの期間オーストラリアドルの方が高い状態になっています。

AUD/NZDの長期チャート

現在は=1.03ぐらいなので、もしもパリティ前で止まるのであれば大底。
絶好の買い場ということになります。

しかし、エセ忍者は買い場どころか、逆に危険だと思います。

エセ聖者は8年ぐらい前からAUD/NZDをロングして豪ドル安に苦しんでいましたが、一般的に取引されるようになったのはごく最近の話。
マネスクがトラリピ銘柄に追加して、低リスクで稼げる通貨ペアと認識されてからです。

2015年以降のAUD/NZDは、1.0~1.1の理想的なレンジ相場。
ドローダウンに耐えられれば、トラリピの勝率は100%
トレーダーはさぞ儲かったでしょう。

しかし、トラリピの本質は逆張りナンピン
悪く言えば、クソポジ生産機

レートが下がるほどロングが増えるので、1.0に近くなるほどクソポジが溜まっていくことになります。
1.03の時点で、トラリピトレーダー達はどれだけの含み損を抱えているのでしょうか?

トラリピに含み損はつきもの。
放っておけばどうにかなると信じて、酒を飲んで忘れているのでしょうか?

損失も追証も酒を飲んで忘れる

この状況は、かつてのスイスフランショックを思い出しますね。
あの時EUR/CHFが1.2を切らないと信じて、たくさんのトレーダーが1.2の手前で逆張りしました。

その結果は、誰もが知る通り。
当局が介入を断念したことによって1.2の壁は崩壊し、一気に20%もの大暴落

市場は阿鼻叫喚の地獄。
エセ勇者は600万円もの損失を出しました。

スイスフランチャート

スイスのように明確なバリアがあるわけではないので、今回はそこまで深刻な事態にはならないかもしれません。
しばらくレンジ相場で、トラリピトレーダーの春が続く可能性もあります。

けれど、相場には絶対の安全はありません。
パリティで止まる保障なんてどこにもないので、楽観は禁物です。

クソポジはレンジがブレイクした時に連鎖爆発する、恐怖の爆弾です。
いつ爆発するかはわからないけれど、いざ爆発したらロスカットがロスカットを呼び、フラッシュクラッシュが発生する可能性が高い。

なのでエセ隠者はAUD/NZDはもちろん、下落局面で豪ドル絡みのペアのロングは控えるべきと考えます。。
過去最安値という壁がいくら頼もしく見えても、そこに寄りかかってはいけません。

⇒マネースクウェアジャパン トラリピよりも手数料

海に落ちる危険
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

FXの期待値は手数料がある分期待値はマイナスだからなぁ。FXするにしてもUSDかEUR辺りが流動性を考えたらベター。

2021-09-20 09:44 | from 名無し

Re: タイトルなし

ただでさえ手数料の高いマネスクで、スプの広いAUD/NZDを取引してるわけですからね。
細かい取引を繰り返せば、ロスはかなり蓄積するでしょう。

2021-09-20 10:37 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1727-780fe79b