fc2ブログ

2022年を生き抜くための相場予想 - 貴方を幸福にするFXブログ

2022年を生き抜くための相場予想

人は話し方と聞き方が全て
どっちだよ! (゚д゚)

明けましておめでとうございますです。
いい年して親にお年玉をねだったら、「自分で稼げ!」と怒られたエセ賢者です。

そんなわけで今年こそ億万長者になるために、相場のトレンドを予想してみたいと思います。

<2022年の主なテーマ>

・コロナ禍の収束
・金融緩和によるインフレ
・金融引き締め(テーパリング、利上げ、QT)
・中国バブル崩壊
・トルコショック


・米ドル(USD) 上昇

2022年3月までテーパリング終了。
年内に3回程度の利上げが見込まれているため、金利上昇によってドル高の年になる可能性が高い。

ただし相場は先を見込んで動くため、実際の利上げ前にドル高が進めば、事実では売りになるかもしれない。
QE3も利上げ中はドル高だったが、利上げの中止を受けてドル安円高に向かった。

QT(中銀の資金回収)によってバブルが弾ければ、利上げが延期されるか、最悪の場合緊急利下げが行われかねない。
その場合は、一転してドル安円高になる。

1ドル75円の円高不況

・ユーロ(EUR) 中立→上昇

2022年中に利上げする確率は低い。
前半はドル高によって比較的弱くなるが、順調にいけば後半に出口戦略が意識されて強くなるかもしれない。

・イギリスポンド(GBP) 上昇

2022年末に0.25%に利上げし、市場を驚かせた。
インフレ対策で今後も緩やかな金融引き締めを行うため、ポンドも上昇していくと思われる。

・ニュージーランドドル(NZD) 上昇

こちらも2021年に0.75%まで利上げ済で、量的緩和の買い入れも終了している。
引き続き利上げが行われれば、NZDも上昇するはず。
CADも同様。

・オーストラリアドル(AUD) 上昇

政策金利は0.1%のままで、利上げには時間がかかる模様。
しかし年後半には金融引き締めの議論が行われ、同じオセアニアのNZDにつられていくと思われる。

・日本円(JPY) 下落

ずっとマイナス金利のままで、全く出口戦略を考えないクソ国家。
他国との金利差が開くことでさらに円安が進むと考えられるが、有事の際にはいきなり逆転するから注意。

各国の利上げが順調に進めば緩やかな円安が続くが、中国恒大やトルコが爆発すれば急に円高になるだろう。
特に3月・8月あたりは円高のアノマリーがあるので、クロス円のロングは一回閉じて入り直した方がいいかもしれない。

黒田総裁の続投で異次元緩和が継続しているので、政策としては最も読みやすい。

日銀黒田量的緩和比較

・トルコリラ(TRY) 暴落

2022年に12円→6円→11円→8円という記録的な乱高下を成し遂げたジェットコースター通貨。

エルドアンの無茶な金融緩和政策によって通貨価値が半減し、預金保護政策によって一旦持ち直したが、未だに危うい状態にある。
次はインフレ率30%超えが予想されているので、発表されれば再び売り込まれる可能性が高い。

預金保護や物価連動債といったリラ安対策は市場が期待したほどのものではなく、むしろリラの補填によってさらに通貨が減価する悪循環に陥りかねない。
最悪リラの取引停止、トルコのデフォルトまで想定すべき。

トルコリラ暴落チャート2021

・その他新興国(南アフリカランド、ロシアルーブルなど) 下落

トルコほど政情不安な国はあまりないが、米国のQTによって資金が引き上げられるため、通貨も弱くなりやすい。
ロシアのウクライナ侵攻のように、地政学的なリスクにも注意。
米国と隣接するメキシコペソは、わりとマシな部類。

・株価 下落

テーパリング中はそこまで大きな下落はないと思うが、QT開始後はかなり危うい。
市場から資金が回収されれば、リスク資産ほど大きく下落する。
特にハイテク株は影響が大きくなるので、どこか下がった所でナスダック(レバナス)を仕込みたい。

ただし、日本株はダメ
日銀のETF買いは大幅に縮小しており、岸田政権の社会主義政策のため日経の上昇は期待できない。

株式投資の増税に困惑する個人投資家猫

・エネルギー価格 上昇

コロナ後の経済再開や寒波の影響により、原油や天然ガスは値上がりしそう。
特に円安によって日本の価格は上がり、スタグフレーションが顕著になる。

・ゴールド 下落→上昇

ドルと逆相関のため利上げで一旦下落するが、インフレ懸念によっていずれ持ち直すと考える。
ある程度下がったら、ETFで保有してもいいかも。

・仮想通貨 下落→上昇

ビットコインは半減期まで3年上がって、次の年下がるようなサイクルをしている。
サイクルに加えて金融引き締めの影響もあるので、どこかで低迷する可能性が高い。

しかし、インフレが収まらないのであれば、価値保存先として需要が高まる。
おそらく、エルサルバドルの次に法定通貨として採用する国も出てくるだろう。(パナマ?)
長い目で見れば上昇するので、どこか下がった所で買っておきたい。

何はともあれ、一番大事なのは米国の金融引き締め

利上げがいつまでに何回行われるのか?
いつQTが開始して、資金が引き上げられるのか?
インフレは収まって、コロナ禍は収束するのか?

基軸国である米国の復活劇に期待しましょう。

⇒【バブル崩壊を知る最も簡単な方法】 株価はこの時暴落する!

米国トランプ神様の啓示
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

来年はムズいですね(いつも)

自分もドル円は上かなと思っていますが、誰でも予想できることなので、既に織り込まれた可能性も多少はありそうですよね、確か前回もそれでやられた記憶が・・

米株は利上げ開始から1-1.5年後に一旦調整がアノマリーらしいので、来年ではなく再来年が危ないのかなーという気もしますが、そもそもいまFedが考えているとされるような順調な利上げはムズいのではないかと思いますので、こちらも結構不透明なのかもですね。

まあ、上か、さもなくば下なんでしょうね・・

2022-01-03 13:12 | from Tochi

Re: 来年はムズいですね(いつも)

相場はいつも予想を裏切ってくるので、過信は禁物ですね。
去年も原油のマイナスやリラの半減を予測できた人はいないでしょうし。

経済が順調に回復すれば米国も利上げできますが、コロナのような大事件があれば即時停止もあり得ます。

2022-01-03 13:39 | from 幸福賢者

No title

2021年の答え合わせもやってほしいな

2022-01-04 10:19 | from ななし | Edit

Re: No title

2021年の予想はわりと当たって、一部外れた感じですね。

<値下がりする銘柄>

・米ドル
・ユーロ
・日本円
・ポンド

<値上がりする銘柄>

・仮想通貨全般(特にビットコイン)
・株式
・貴金属(プラチナ、ゴールド、シルバーなど)
・その他コモディティ(原油や食料など)

実際予想通りにコロナバブルになって、仮想通貨や株、コモディティが大きく値上がりしました。
しかし円以外の通貨、特にドルの減価は思ったほどではなく、利上げ観測で円の独歩高になってしまいました。
「インフレ=ドルの減価」と考えれば間違ってはいないのですが、クロス円や中国にも注目すべきでしたね。

https://valuablefx.blog.fc2.com/blog-entry-1645.html

2022-01-04 10:33 | from 幸福賢者

No title

サクソバンクの大胆予測はどうですか
毎年大外ししてます

2022-01-04 22:38 | from ななし | Edit

Re: No title

サクソバンクのトンデモ予想は基本外れますが、原油60ドルは当たってたみたいですね。
私の予想と成績については、次回の記事で詳しく説明します。

2022-01-04 23:06 | from 幸福賢者

生き抜くためのコツなんて、簡単よ。沢山失敗するのよ。高橋ダンみたいな意見を鵜呑みにするんじゃなくて、自分の頭で考えて、失敗を繰り返すことが、生き抜くコツよ。ヌハハ。

2022-01-08 14:35 | from 匿名

Re: タイトルなし

全くその通りですね。
百聞は一見に如かず。
Youtuberの言葉より、実際にトレードした方がよっぽど勉強になります。

2022-01-08 15:22 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1758-99541cf6