fc2ブログ

MMT詐欺に仮想通貨民は引っかからない - 貴方を幸福にするFXブログ

MMT詐欺に仮想通貨民は引っかからない

岸田総理でマザーズ大暴落
社会主義で日本からお金が逃げてく! ( ノД`)

相変わらず反緊縮・リフレ派・MMT信者は政府のバラマキによる計画経済を唱えていますが、もはや哀れに思えてきました。
最近は日本人の金融リテラシーも上がってきたので、そんなインチキ理論に騙される人も減っていくでしょう。
特に仮想通貨を手掛ける投資家にとって、MMTは笑い話にしかならない。

経済学者ゲオルク・フリードリヒ・クナップの『貨幣国定学説』も昔はそれなりに説得力がありましたが、国境を超えて資本が移動するグローバル社会ではもはや風前の灯火。
エルサルバドルがビットコインを法定通貨に採用したことにより、世界中に誤りがバレてしまいました。

エルサルバドル大統領がピースサインで喜ぶ

国家が発行した紙幣が給料として支払われ、税金として徴収されることにより法定通貨として認められるのが貨幣国定学説。
国家に依存しないビットコインが社会に流通して使われるなら、その説は全く成立しません。

政府通貨なんてイラネ!

最近では米国でもビットコインの法定通貨採用が叫ばれ、インターネットでも仮想通貨の支払いが増えてきました。
Twitterはビットコインやイーサリアムの投げ銭機能を採用し、NFTは仮想通貨でないと購入できません。
仮想通貨で経済が回るなら、政府通貨による経済支配を前提とするMMT理論は完全に無意味になります。

<MMT理論>

・インフレにならない範囲で政府支出を行う
・徴税によってインフレを抑えられる
・税は財源ではなく通貨を流通させる仕組み
・通貨発行で債務不履行を避けられる


政府はビットコインを発行できないので、インフレ制御もデフォルト回避も不可能。
利息や簿記がどうこう以前に通貨の前提が違うのだから、話にもなりません。

ビットコイン現物取引

別にビットコインに拘る必要はありません。
エルサルバドルでは元々米ドルが使われていたし、世界にはドルやユーロが法定通貨の国は沢山あります。
そもそも「通貨と国家が一対一で対応している」というのが、非現実的な想定です。

日本で日本円以外を使ってはならない法律もありません。
楽天は楽天ポイントを使っているし、Amazonはアマゾンポイントを使っています。
ネトゲはそれぞれ独自のゲーム内通貨で、アイテムの販売を行っています。

日本政府が円で納税を要求したところで、納税時に両替すればいいだけの話。
取引の媒介は国民が自由に選択できるので、「日本政府は円の利用を強制できる」とするMMTは根底から間違っているのです。

日本人が円を以外を使う状態を想像できない人もいるかもしれませんが、別に驚くようなことはないでしょう。
「C」というアニメでは日本経済が破綻して、人々はドルを使っていました。
円の実力は年々低下しており、これ以上円安が進むようなら他通貨へ乗り換える可能性も十分あります。

実行為替レート

トルコの納税はリラですが、国民はせっせとドルやユーロに両替して貯蓄し、商店では外貨の支払いが喜ばれています。
エルドアンの低金利・放漫財政によって、国民が自国通貨を見捨てたからです。

もしも三橋貴明のようなバラマキ論者が総理になって財政出動を始めれば、日本国民も国外のファンドも一斉に叩き円を売るでしょう。
価値が薄まるとわかっている通貨を持っていることなんてできないので、売りが売りを呼んで為替が暴落します。

実際にコロナ時の財政出動・金融緩和はインフレを引き起こし、法定通貨の価値を大きく引き下げました。
人々は法定通貨を捨てて、自然通貨であるゴールドに乗り換え。
金価格は過去最高値を超え、7000円の大台に到達してしまいました。

スイスフランは買われているものの円高は殆ど進まないのは、既に円が安全通貨としての地位を失いつつある証拠でしょう。
日本の富裕層どころかエセ賢者のような小口投資家まで円に見切りをつけ、ゴールドや仮想通貨、換金性の高い物品に資産を移しています。

金価格30年チャート

MMT信者は「政府には通貨発行権があるから経済をコントロールできる」と言いますが、その通貨発行権こそが国民が通貨を見捨てる原因なのです。

投資経験も金融知識もない素人はともかく、財界人が財政規律を無視した国の通貨を持ち続けるわけがない。
戦後のハイパーインフレのように、無秩序な紙幣の増発は一瞬で通貨を紙屑に替えます。

仮に首相が財政健全化・プライマリーバランスの放棄を宣言すれば、日本円の信用は崩壊
円相場は一気に崩れて、トルコのように通貨安が止まらなくなるのは目に見えています。
当然国民は外貨やビットコインを使い始めるので、MMTの政策が効果を発揮することもありません。

MMTは、鎖国でしか成り立たない妄想。
資本の移動・通貨の選択が自由化されたグローバル社会では、円の価値をすり減らす効果しかありません。

⇒「供給力が破壊されないとハイパーインフレは起きない」という嘘

円の実効為替レート
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

全くもってその通りです。
ビットコインへの批判として価値の裏付けが無いなどとも言いますが、そもそもそろそろ政府による価値の裏付けなども無意味だということに人々は少しずつ気づきつつありますね。
法定通貨至上主義の人はまだまだ居ますが
そもそも現時点でビットコインはほとんどの
法定通貨よりも信用されている状況ですよね。
当然ルーブル、トルコリラ、ペソなどよりも
ビットコインの方が信用されています。
それどころか世界には170個以上の法定通貨があり、これらの大半の通貨より既にビットコインの方が信用されています。
現状でビットコインより信用されている通貨ってドル、ユーロ、円、ポンドくらいの数通貨くらいしかないんじゃないですかね?
まあ、法定通貨ガーっていう人はドル、円、ユーロくらいしか法定通貨を知らないんでしょうね。いずれそれらの通貨も追い抜かされそうですが。

2022-02-24 14:25 | from 匿名 | Edit

Re: タイトルなし

小国の法定通貨よりビットコインのほうが、よっぽど時価総額・取引量が大きいんですよね。
利用する通貨を決めるのは国家ではなく、市場。
政府は規制を強めていますが、それでも仮想通貨の浸透は止まらないと思います。

2022-02-24 14:37 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1773-5f56f745