FC2ブログ

ヘッジファンドとドミノ 連鎖的破滅 - 貴方を幸福にするFXブログ

ヘッジファンドとドミノ 連鎖的破滅

人間を食べるライオン
食われる?

前回の記事では、値動きの仕組みについて話しました。

①買われれば、上がる
②売られれば、下がる


巨大な資金力を持っているヘッジファンドや銀行、各国の政府は、頑張って相場を動かしているのですね。

ところで、ヘッジファンドはなぜこんなことをするのでしょうか?
今回はヘッジファンドの狙いと、大きな値動きが起こる仕組みを話したいと思います。

値動は連鎖する

あるヘッジファンドは、USD/JPYの値段を釣り上げることで大儲けを狙っています。

仮に1兆円分ドルを買うと、ドル円が100円→101円に動くとします。
3兆円分買えば、103円になります。

流石に3兆円分も一度に買えないので、少しずつ買います。
101円でも102円でも買って、103円にしました。

ドルが高くなったので、今度は売り抜けて利益にします。
同じように102円でも売り、101円でも売り、100円になりました。

あれ、利益出ませんよ?

税金やスプレッドを考慮すると、マイナスです。
何のために大金を使って、相場を動かしたのでしょうか?

前にも書きましたが、
自分だけ売買しても相場は儲からない。
自分がポジションを持った後に、他の誰かが売買してくれないといけません。

でも、他人の売買は操作できませんよね。

「私はドル買ったから、お前も買ってくれ」
って頼みますか?

そんなわけないですよね。
大体そんなことしなくても、もっと簡単な方法があります。

トレードには、本人の意思の伴わない最悪の取引があるでしょう。

そう、強制ロスカットです。

どんなポジションも、証拠金以上の損害を与えてやれば強制的に解消されてしまいます。

ショートポジションの解消は、買い注文と同じ意味を持ちます。
売りの溜まっている状態で100円から踏み上げてやれば、買いが買いを呼んで103円以上に高騰するでしょう。

まず資金の少ない人が損切り、その結果さらに値上がりして、資金のある人まで巻き込まれていく。

まさに「ドミノ倒し」ですね。

仕掛けた当人は、ドミノが倒れきってからこっそりと利確すればいい。

かのリーマンショックは、まさにその極地と言えるでしょう。

リーマン

リーマンブラザーズの破綻が大きな波を引き起こし、全世界に広がって行きました。
豪ドルなんて、100円から55円まで落ちましたよ。
一体、どれだけのドミノが倒れたやら。

2011年の地震ショックのときも、取引の薄い時間帯を狙ったストップロス狩りがありました。
ロスカットがロスカットを誘発し、実に個人投資家の1割が消えたといいます。
エセ賢者も酷い目に遭いました。

そんなわけで、ヘッジファンドの皆さんは倒れやすいドミノをいつも探しているのです。

大口の客からすると、個人投資家のポジションは筒抜けです。
彼らの目には、とても美味しそうに見えるのでしょうね。

ステーキ

私もお腹がすいてきました♪
貴方は、もう食べましたか?

ご飯はいっぱい食べましょうね。
お腹がふくれれば、心も満たされます。

でもね、忘れないでください。

食事が終わって一息ついたとき、
貴方の後ろにはナイフとフォークを持って笑っている、本物の狼がいるのかもしれません。

熊を食べる

☆FXの秘訣
☆デイトレ成功の秘訣
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/18-198c48de