fc2ブログ

景気対策と福祉が日本をダメにした - 貴方を幸福にするFXブログ

景気対策と福祉が日本をダメにした

バラマキが増税を招く
増税はバラマキの結果! (`・ω・´)

どうも、260万年前の氷河期からずっと就職氷河期を経験してきた失業賢者です。

多くの政治家は財政出動で景気回復福祉拡充を公約に掲げていますが、これこそ日本の癌。
資源を浪費して経済成長を阻害し、日本経済を衰退させてきた元凶です。

景気と福祉。
この二つを建前にして票を集める政治家は、全員売国奴と考えるべきです。

特に三橋やら高橋やらの反緊縮・リフレ派は、

「財政出動で財政赤字が拡大しても、経済成長によって税収は増える!」
※リフレ派のトリクルダウン効果

「国債は国民の資産だから返さなくていい!財政赤字で国民の所得を増やして景気回復!」
※反緊縮の和製MMT

といったいかにも財政出動が国を豊かにするような理論で情弱を騙しましてきましたが、全くのアベコベ。

だって、1000兆円を超える借金を作り、円安と増税で国民を貧困化させてきたのは、その財政拡大なんですから。
同じことを続けて違う結果を期待するのは、狂気と呼びます。

ワニの口

誰がバラマキを行い、日本経済をダメにしたのか。
日本政府は何十年も財政赤字を積み重ねてきましたが、源流を辿るとロッキード事件で逮捕された田中角栄に行き着きます。
彼の悪行に比べれば、安倍晋三なんて可愛いものですよ。

田中総理は強烈な積極財政論者で、『日本列島改造論』『経済社会基本計画』を掲げて財政支出を増やし続けました。

日本列島改造論は、地方交付金、補助金のバラマキ。
さらに1973年を福祉元年として高齢者へ、年金をバラマキました。

経済成長や福祉と言えば聞こえはいいけれど、実態は税金の無駄遣い
本来若者や子供のために使われるはずのリソースを高齢者のために浪費し、膨大な借金を積み上げることになりました。

厚生年金の保険料率

元々年金は自分で稼いだ分を後から受け取る積立式でしたが、田中角栄は賦課方式というネズミ講に変更。
老人福祉法を改正して70歳以上の医療費を無料化し、年金の物価スライド制を導入。

老人が受け取る年金額は増えましたが、それは現役世代への増税でもあります。
高齢者への給付金が増えるほどに若者の手取りは減少し、ベビーブームが終わって少子化が加速しました。
重税と「他人の子供に老後の面倒を見てもらう」制度が、いかに結婚や出産の意欲を奪ってきたかは、想像に難くないでしょう。

出生率の推移

結局そんなバラマキ政策が長く続けられるわけもなく、すぐにスタグフレーションが来て田中内閣は終了。
ロッキード事件により、田中元首相は汚職で逮捕されました。

バラマキ政策によって経済が弱体化し、原油高を起爆剤としてインフレが発生。
2022年現在とよく似ていますね。

1970年~:日本列島改造論→オイルショック→スタグフレーション

2012年~:アベノミクス→ロシア危機→スタグフレーション


田中政権は短命で終わりましたが、改悪された福祉制度はそのまま。
高齢者の票が欲しい政治家は、年金・健康保険というネズミ講を放置しました。
収入を無視して膨らみ続けた社会保障費は、とうとう120兆円を超えてしまいました。

社会保障給付費

しばらくして日本経済は立ち直ったように見えましたが、これは放漫財政や金融緩和で作ったバブル
債務の増加で景気は持ち上げられましたが、やがてバブルが弾けてデフレ不況・就職氷河期に突入しました。
借金で無理に作った好景気は必ず失われ、代償として不況を招くのです。

震災後に安倍総理はアベノミクスを掲げて景気回復・経済成長を目指すと公言しましたが、これは田中角栄と同等のペテン

リフレ派のインチキ理論だとデフレ脱却で経済成長するそうですが、完全なデタラメ。
デフレと経済成長は全く関係なく、デフレスパイラルなんて起こってすらいません。
緩和で強制的に景気を持ち上げても、バブル崩壊によって不況に逆戻りするだけです。

もっと言うと、真の目的は財政破綻の引き延ばしなので、成長戦略自体が嘘です。

・建前:金融緩和と財政出動で経済成長!

・実態:破綻寸前だからゼロ金利と増税で延命!


日本の国債借金

仮に国債1000兆円の金利が3%なら、利息の支払いが30兆円になって予算が組めなくなります。
金利負担を避けてバラマキを続けるために考え出されたのが異次元緩和、マイナス金利と日銀の国債引き受けです。

本当に経済の活性化が目的なら、「緩和しながら消費税でブレーキ」なんて矛盾した作戦は取りません。
本当の目的は財政ファイナンスで利払いをチャラにし、円安インフレで借金を踏み倒すことです。

日銀に500兆円の債務を押し付けて金利を0.25%以下に固定したことで、日本の財政破綻は先延ばしになりました。
しかし、それによって国民は利息収入を没収され、円の暴落によって貯蓄や実質賃金を奪われました。

日本人を貧しくしたのはデフレではなく、リフレです。

円安は消費者にとって損

Youtubeで活躍するハンキン経済評論家は「日本政府がケチだから景気が回復しない」という滅茶苦茶な自論を展開していますが、それは私腹を肥やしたいレントシーカーが都合の良い解釈をしているだけに過ぎません。

「バラマキで借金が膨れ上がったので、増税と財政ファイナンスで延命している」
という時系列を正しく認識していれば、このような詭弁に騙されることはないでしょう。

本当に日本人を苦しめてきたのは、デフレでも不況でもありません。
景気や福祉を口実にして行われてきた、バラマキです。

何十年と無駄遣いを続けてきた役人に財布を渡しても、さらなる浪費で増税と円安を招くだけです。
本当に必要なのは景気対策や福祉政策に頼ってきた過去を反省し、自立した国民一人一人の努力によって経済を立て直していくことではないでしょうか?

⇒財政出動と金融緩和が不況を招く

政府に問題の解決はできない
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

社会保険料 >>>> 消費税

税抜き20万円をひと月に消費すると、消費税は2万円かかる。実際はそんなに消費しないから、社会保険料の方が負担はでかい。野党はここを絶対に言わない。

2022-11-05 16:28 | from 匿名

Re: 社会保険料 >>>> 消費税

社会保険料削減は高齢者福祉の削減なので、シルバー民主主義の日本でそれを公言できる政党は存在しません。

2022-11-05 16:38 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1831-1372efb1