fc2ブログ

反緊縮・MMTの理論はどこが間違っているのか - 貴方を幸福にするFXブログ

反緊縮・MMTの理論はどこが間違っているのか

天文学的な借金で金融危機
景気回復どころじゃなかった! ( ノД`)

どうも、巨万の富を築いてから、本当に大事なのはフサフサの髪だったことに気付いたハゲ賢者です。
気付いた時にはもう遅く、若さという資産は戻ってきません。

前回の記事⇒反緊縮・MMT教会はいかに信者を洗脳したのか

で質問した反緊縮・リフレ派の理論は、全て間違っています。
コメント欄で多くの人が素晴らしい回答をくれたので、それを踏まえて何がおかしいのか見ていきましょう。

①誰かの資産は誰かの負債

<コメント>
どれも小手先でなんとかしようとする愚者の発想なんです。
地道にコツコツが我が国の伝統です。
損して徳をとります。勤勉革命!


確かに帳簿上は負債額=資産額になりますが、それは信用創造による借入を表しているだけで、現実の資産(価値を生むもの)が増えているわけではありません。

例えば、住宅ローンを1000万円借りて返済したら、資産はゼロになってしまうのでしょうか?
銀行に返す際に1000万円は消滅しますが、1000万円の価値がある住宅は残っていますよね。
借りたお金が消えたとしても、その人が労働によって築いた資産は消えたりしないのです。

資産の価値は円を基準に測定されますが、現金=資産ではありません。
ソフトバンクの借金は20兆円もあるので、現金だけ見ればとんでもないマイナス。
けれど、それ以上の価値がある株式や債券などを持っているので、債務超過にはなっていません。

現在の負債額に関係なく民間は経済活動によって、

・不動産
・自動車
・機械設備
・株式
・債券


といった様々な資産を作り出して保有しているので、誰かの負債=誰かの資産と考えるのは間違いです。

お金は「借入→価値創造→返済」の過程で生成・消滅するものであり、返済の後には労働者が作った資産価値が残ります。
社会を豊かにしてきたのは労働者の勤勉な努力であり、現在の負債額とは全く関係ありません。

⇒「国債は国民の資産」という大嘘

バラマキが増税を招く

②資本主義はお金の奪い合い

<コメント>
多分、お金が有限なんて今までの経済学者は誰も言ってないと思うけど…
資源の奪い合いだったら、正しいですね。
MMT信奉者は、お札から手足が生えてくると勘違いしてますからね


資本主義の本質は分業です。
いつでも借りられるお金の量は問題ではないけれど、資源の量は常に限られているため、より効率の良い生産と分配が必要とされています。

あらゆる企業は企業理念を公表していますが、「お金儲け」を理念にしている企業を一つでも見たことがあるでしょうか?

企業は生産活動によって新しい価値を創造し、市場はそれを分配しています。
生産者と消費者が合意の上で等価交換を行っているので、現金を奪い合っているわけではありません。

もしも借金で首が回らないというなら「財を受け取るばかりで返していない」ということなので、自身の努力によって返済しなければなりません。
格差是正と言って金持ち(財を提供してくれた相手)を叩くのは、完全な逆恨みです。

各企業はマーケティングによって需要を掴み、自主的に供給を行っています。
政府紙幣によって企業の価値創造を統制するのは、社会主義の誤った思想。
政府は価値を生まないので等価交換が成立せず、民間は一方的に財を奪われることになります。

お金は、私達の生活を守るために一時的に借りるもの。
無暗に増やして貯め込むのは、資本主義の目的ではありません。

⇒資本主義の目的を知っていますか?

お金より大切な物を守る

③政府の赤字は国民の黒字

<コメント>
国債は保有者の資産です。
反緊縮信者の資産ではありません。


<コメント>
政府の赤字は国民の赤字なら、1000兆円の内いくらを三橋信者は保有してるんでしょうね笑笑
国債発行しても、家で三橋TVを観てるだけな人にはお金は降ってこないよ笑笑


1000兆円の借金がそのまま国民の資産になるなら、反緊縮は全員1000万円の貯金があることになりますね。
実際の支出先は福祉事業や公共事業に偏っているので、特定の利権団体の利益になります。

現在国債発行でワクチン購入費用やガソリンの補助金を捻出していますが、その支出は一般国民ではなく外資や利権の収入になっています。
政府が金を出すほど円安が進んで、一般庶民の財産を減らすことになります。
資産家は円以外の資産(不動産、株式、外貨など)を持っているため、ほとんど被害を受けません。

⇒MMTに騙されるな⑥ 反緊縮は外資の餌

本当の再分配

④財政出動で需給ギャップを埋めれば経済成長する

<コメント>
需要創出はされますが、だからと言って生産性が上がってるわけではありません。
短期的な需要は賄えても、長期的な供給能力引き上げには繋がってません。
経済は、一人一人の努力や研究開発投資によって成長していきます。


<コメント>
市中に出回る金の量に比例して需要が大きくなるとは言い切れず、需要は人間の欲望次第な気がしました。


マクロ脳の人は総需要に拘って「とにかく需給を増やせばいい」と考えますが、現実の需要は様々な種類があります。
特に政府支出によって生まれる官製需要と、人々の欲望によって自然に生まれる需要には大きな隔たりがあります。

ロシアは戦争と国債発行で多大な需要を生み出していますが、これは経済成長に繋がっているでしょうか?
潰れるべきゾンビ企業に補助金を出して延命することが、生産性の向上に繋がるでしょうか?
政府支出で限りある資源を浪費すれば、本当に必要な産業は育たなくなるでしょう。

⇒政府支出は経済成長を妨害する

ゾンビ企業の割合

⑤徴税でインフレを抑えられる

<コメント>
アメリカのインフレ退治方法が金利を上げるのみで、徴税の話は聞かない。


各国のインフレ対策に利上げはあっても増税がないのが、MMTの非現実性を証明していますね。
世界中がインフレを抑え込めていないのに、どうして日本だけができると考えているのでしょうか?

政治家は国民の票によって身分を維持しているので、支持を失う増税政策をポンポン実行することはできません。
仮にできたとしても、増税法案を通すには少なくとも何ヶ月もかかります。
急激に進む円安インフレを見てから税金を調整して、果たして間に合うのでしょうか?

税や支出はコントロールできても、民間の信用創造はコントロール不能。
企業が事業戦略の一環として決めている価格を役人が動かすのも無理。
為替介入しても円安が止まらないんだから、輸入価格の変動はどうしようもない。

戦時下のような徹底的な価格統制を敷かない限り、インフレ率の制御は不可能でしょう。

⇒MMTに騙されるな⑦ インフレ率は操作できない

MMTが目指すのは、社会主義の独裁国家。

目標はユートピアでも、行き着く先はディストピアです。

社会主義の理想と現実

⇒経済学に対する反緊縮の間違い・勘違い一覧

⇒反緊縮・リフレ派・MMT・ベーシックインカムは社会主義
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

借りたお金が消えたとしても、その人が労働によって築いた資産は消えたりしないのです。
〉貧困層は、資産を持てません。お金が減る=「焼肉に行く。パチンコする。」という発想だと、手元からお金が消えてるだけです。三橋はそこを巧みにつけ込んだビジネスを展開してると言わざるを得ません。

2022-10-09 19:37 | from 匿名

Re: タイトルなし

はい、その刹那的な考えが貧困を作り、底辺ビジネスにつけ込まれる原因になっています。
貧困から脱するにはその意識を変えるしかないのですが、それができない者が格差是正や自己責任論撲滅を掲げて暴れています。

2022-10-09 19:52 | from 幸福賢者

貨幣のプール論なんて、経済学のどこにも書かれてない。藤巻さんも日本政府債務をゼロにしても、信用創造はできると言ってる。

2022-10-09 20:30 | from 匿名

Re: タイトルなし

貨幣のプール論は三橋が叩くために勝手に言ってるだけで、実際の財政はそんな理屈で組まれていないでしょう。
信用創造は銀行が行うものであり、わざわざ政府が関与することではありません。
政府によって非効率な仕事が押し付けられ、円安と増税で国民が負担を被るのが問題です。

2022-10-09 20:39 | from 幸福賢者

政府は多少なりとも価値を生み出してませんか?例えば、警察官。政府が徴税なり国債発行(インフレ税)しなければ、生み出せない価値もあるかと。オリンピックや国葬は無価値ですが。

2022-10-09 21:03 | from 匿名

Re: タイトルなし

そりゃ国防と警察は政府の役割ですが、それは市場や資産とはまた別の話です。
反緊縮の主張は財政出動で需給ギャップを埋めて、景気回復・経済成長すること。
国を守るために負担をするのは当然のことですが、その国債発行が国民の資産になるという話ではありません。

2022-10-09 21:37 | from 幸福賢者

プログラマーとして働いているのですが、前職の補助金頼りの企業は生産性低かったですね。その時は気付きませんでしたが、補助金に頼ってない民間企業に転職して、ビックリしました。みんな勤勉で、仕事終わりに勉強してます。

2022-10-10 11:15 | from 匿名

Re: タイトルなし

補助金は企業を腐らせますね。
政府御用達のe-taxは、ユーザビリティ皆無のゴミみたいなシステム。
利用者に審判され競争で淘汰されないと、良いサービスは生まれません。

2022-10-10 11:26 | from 幸福賢者

三橋TVを観るのをやめるだけで、人生は豊かになる。辛いこともあるだろうけど、年収もいくらかマシになるでしょう。

2022-10-10 12:32 | from 匿名

Re: タイトルなし

三橋塾に入ると時間も金も取られて、どんどん貧しくなりますね。

2022-10-10 12:41 | from 幸福賢者

なんであんなデタラメ理論に騙されるのか分からない。コロナ前はインフレにするためにお金配りしろと言い、今はインフレだからお金配りしろという。

2022-10-12 20:51 | from 匿名

Re: タイトルなし

厳しい現実論より、都合の良いデタラメ理論の方に騙されたいんでしょうよ。
貧乏人は給付金をくれるならどんな詐欺師にも従います。

2022-10-12 21:49 | from 幸福賢者

日本に生まれる時点で、宝くじ一等に当選したも同然。自己責任なんて言ってると、発展途上国から笑われてしまいますよ。最近の日本人は甘えすぎです。

2022-10-16 15:20 | from 匿名

Re: タイトルなし

こんなに弱者に優しい国が不満なんて、本当に甘えすぎですよね。
不景気ならともかく、今はかつてない大規模緩和によるバブル状態。
バブルが弾けて本物の不況が来たら、どれだけ甘やかされていたか気付くでしょう。

2022-10-16 15:32 | from 幸福賢者

良い記事でした。

幸福賢者さんの仰る通りで、ローン返済したら資産残りますよね。先人達が作り上げた資産がビルや道路やパソコンとなって、社会が発展してると思うので、そういう視点を反緊縮には持ってもらいたい。金勘定で考えると、ローン返済=何も残らないと考えがち。

2022-10-19 20:59 | from 匿名

Re: 良い記事でした。

はい、働くということは何かを作って残すことなので、返済を怖がる必要は全くありません。
困窮によって「お金がない=何も得られない」という錯覚に陥ったのが、反緊縮という人々なんだと思います。

2022-10-19 21:09 | from 幸福賢者

モノがないから物価上昇なのに、物価上昇対策の為にばら撒き支持って、頭おかしいですよね。モノがないと言ってるのに。

2022-10-25 19:31 | from 匿名

Re: タイトルなし

はい、物がないのにお金を増やしてもインフレするだけです。
インフレ対策に補助金をバラまいてさらにインフレを悪化させる、
わけのわからない政策をしています。

2022-10-28 23:13 | from 幸福賢者

政府から金を貰って、消費して、受益者は働かない。完全に貴族と同じwww

2022-11-05 19:16 | from 匿名

Re: タイトルなし

ノブレス・オブリージュ。
貴族は領民に対して義務を果たしているので、給付金で怠惰な生活を送っているシロアリと一緒にしてはいけません。

2022-11-05 20:09 | from 幸福賢者

反緊縮の心配は需要不足のようだが、需要不足なんて問題を日本に存在しない。理解出来ないのは、知能の問題と言わざる他ない。

2022-11-09 20:47 | from 匿名

Re: タイトルなし

全くその通りですね。
人手不足で自給もできない国のどこが需要不足なんでしょうか?
知能に問題があって雇ってもらえない人が、失業の原因を世間に転嫁してるだけではないでしょうか。

2022-11-09 20:57 | from 幸福賢者

インフレは定義でしかないのに、彼らは「俺の思う最強のインフレ」なるものを創り出している。定義は定義でしかないんですから、議論を成立させる為に勝手に同意無く再定義してはいけません。

2022-12-03 13:12 | from 匿名

Re: タイトルなし

反緊縮は「コストプッシュは本当のインフレじゃない」とか「賃金が上がるのがインフレ」とか勝手な定義を作り出しますからね。
言葉の意味をすり替える連中とは会話が成立しません。

2022-12-03 13:43 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1838-8f355d34