fc2ブログ

米国債・日本国債バブルの崩壊 - 貴方を幸福にするFXブログ

米国債・日本国債バブルの崩壊

博打は臆病でないと死ぬ
みんな死んじゃうの!? ( ノД`)

どうも、どんなに失敗しても株が下がらないエセ賢者です。
既に評判は最悪だから、これ以上悪化しようがないんだよ!

FRBの金融引き締めによって、バブルが崩壊を始めました。
これを受けて多くの投資家がリスク資産(株式、不動産、仮想通貨)から安全資産(国債)に資金を移していますが、エセ賢者はそれも危ないと思っています。

なぜなら、株と同様に国債もバブル化しているからです。

株バブルや仮想通貨バブルと違って、国債のバブルはイメージがしづらいと思います。
しかし、国債価格は金利と逆相関なので、歴史的に低金利であった2021年までは明らかにバブル(実体に対して価格が高すぎる状態)だった言えます。
特にゼロ金利は、『無利子で金を借りられる状態』であり、とんでもなく異常な状態が続いていたと理解すべきでしょう。

なぜ国債がバブル化したのかというと、だいたい中央銀行のせいです。
日銀を始めとする各国の中銀は量的緩和と称して国債を買い、金利を下げ続けました。
さらに日本や中国はドル買い為替介入で莫大な米国債を買い入れ、極端な低金利に維持してきました。

要するに、金融緩和と為替介入は国債バブルを作り上げる政策だったわけです。

黒田バズーカ2国債買い入れ増額

各国の中銀が作り上げてきたこの米国債バブルは、現在崩壊の危機に瀕しています。
これまで国債を買ってきた政府・中銀が、逆に売り手に回ってしまったからです。

・米国→QTで米国債を売却
・日本→円買い介入で米国債を売却
・中国→元買い介入で米国債を売却


さらに中央銀行だけでなく、民間の銀行やファンドも国債の売却を始めています。
日本の金融機関はゼロ金利で国内に投資先がないため、為替ヘッジをかけて米国債に投資していました。
しかし、急激なドル高で為替ヘッジコストが国債の利回りを超えてしまったため、ポジションを解消する動きが出てきました。

中銀も売り、民間も売り。
これまで緩和マネーで支えられていた米国債が下落し、金利が4%以上に跳ね上がったのはこれが原因です。
そして企業にとって有利な低金利が失われたことで、株価も下落が進んでいます。

米国債だけでなく、他国の国債もバブル崩壊へ向かっています。
顕著なのは、イギリス国債の暴落。

新首相と財務省が財政出動を宣言したために財政赤字が懸念され、一時は株式・債券・為替のトリプル安になりました。
その後財務大臣は更迭されて財政出動は撤回されましたが、国債の暴落で年金基金は数兆円の損害を出したと言われています。

オーストラリアの中央銀行は、国債の下落によって債務超過に陥りました。
元々財務が健全でいつでも増資で解決できるため大事には至っていませんが、国債を買い入れれば中銀ですら簡単に債務超過になってしまうのです。

各国の債務バブルが弾ける中、一つだけバブルを続けている国があります。
それが私達のよく知る黄金の国、ジパングですね。

日銀黒田量的緩和比較

殆どの国が通貨安・インフレを止めるために利上げ・QTを進める中で、日本だけが逆に国債を買い続けています。
国民がインフレで苦しんでも「円安は国益!」「躊躇なく追加緩和!」と宣言する黒田総裁のおかげで、日本円はトルコリラ以上に叩き売られています。

なぜ円が半額になるほど暴落しても国債を買い続けるのかというと、バブルが崩壊した時点で日本政府・日銀は終わるからです。

既に国債は札割れを起こし、日銀以外買い手がいなくなってきている有様。
最後の買い手である日銀が買い入れを止めれば、誰にも買われない国債は大暴落し、金利は大暴騰します。

日本政府は財政破綻、日銀は債務超過に陥ります。

日本政府債務長期推移

「豪中銀が債務超過になっても大丈夫だったんだから、日銀が債務超過になっても問題ない」

なんて言う人もいますが、いくらなんでも楽観がすぎます。

財務が健全な豪州はいつでも税金で補填できますが、世界一の借金大国である日本に同じことができるでしょうか?
資源国なら輸入に頼らず生活できて外貨も稼げますが、自給率が最低で貿易赤字な日本で同じことができるでしょうか?
国債格付けが高い国はともかく、格付けが下がり続けている日本国債・日本円が外資に売り叩かれないと言えるでしょうか?

「他国もそうだから日本が債務超過になっても大丈夫」みたいな楽観論は、「若者がコロナにかかっても重症化しないから、高齢者も大丈夫」ぐらいの詭弁だと思います。

現在株価が下落してリーマンショックの再来が予想されていますが、その根元にはFRB引き締めによる国債の暴落があります。
輪転機を回すことによって巨大なバブルを作り上げてきたリフレ派は、その崩壊によってとてつもない代償を支払うことになるでしょう。

官製バブルの崩壊期において、国債は決して安全資産ではありません。
この機に乗じて債権の購入を勧めてくる証券マンやYoutuberもいますが、くれぐれも騙されないように。

⇒リフレ王黒田は円安・ハイパーインフレを止められるのか

株式暴落で有り金を溶かして破産する黒田総裁

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

ゴールドしか勝たん!!!!!!!

2022-10-20 12:07 | from ななし | Edit

Re: No title

長期で持つなら、ゴールドかビットコインだと思ってます。
ドルが強いのは利上げのおかげなので、米経済がクラッシュして利下げになれば暴落します。

2022-10-20 12:16 | from 幸福賢者

民間銀行が買う保証はないかもしれないが、日銀が買うと言ってるので誰かは買うんじゃないかと思う。だから、債務残高の心配よりは、単年度の歳出削減に努めたら良いんじゃないかと。

2022-10-23 10:08 | from 匿名

Re: タイトルなし

日銀しか買わない、円安で目減りしていくものを誰が買うんですかね?
買い手がいなくなれば法律を改正して直接引き受けしかありませんが、為替は間違いなく暴落するでしょう。

歳出削減は必須ですね。
3兆円もガソリンに補助金をつぎ込む状態では、円安が止まらないのは当たり前です。

2022-10-23 10:20 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1841-7448358d