fc2ブログ

日銀を破綻させる三つの方法 - 貴方を幸福にするFXブログ

日銀を破綻させる三つの方法

戦争とは爺が初めて若者が死んでいく
無謀な戦争を始めたのは誰!? ( ノД`)

「日本国債が暴落し、日銀が債務超過になってハイパーインフレ!」

藤巻氏の財政破綻論を無理矢理一言でまとめるとこうなりますが、これはかなり誤解を生む表現。
日本国債の暴落から始まる破綻シナリオはわかりやすいけれど、現実はもっと複雑なのでこの通りになるとは限りません。

既にブルーベイなどヘッジファンドの国債売り仕掛けで日銀はYCCラインを0.5%に後退させているので、いずれ国債市場が激戦になるのは間違いない。
けれど日銀が干渉している市場は他にも存在するため、異変が起きる市場によっては先に円高やデフレが来る可能性もあります。

世界情勢によって展開は変わるので、

「今すぐドル買っとけばいい!」

と安易に考えるのは危険です。

日本市場は大きく分けて、三種類の金融商品で成り立っています。
他国の中銀は基本的に市場原理に価格を任せていますが、日銀は全ての市場に介入して価格を操作しています。
端的に言うなら、ソ連も真っ青なとんでもねぇ社会主義政策をやって、経済の健全な発展を妨害しまくっています。

黒田バズーカ2国債買い入れ増額

①為替市場・・・日本円
②債券市場・・・日本国債
③株式市場・・・日本株


①の日本円が安くなれば日銀の職務である『物価の安定』に従って利上げで価値を守るはずですが、現実は逆に「デフレ脱却」というリフレ派の曲解によって金融緩和で通貨価値を故意に薄めています。
さらにインフレ率2%を超えてもまだ円安誘導を続けて、行き過ぎたら為替介入で止めてる有様。
中国だってこんな滅茶苦茶な通貨管理政策は取りませんよ。

②の日本国債の価格は本来市場金利で決まるはずですが、短期金利(マイナス金利)・長期金利(YCC)のどちらも日銀が操作して価格を維持しています。
インフレを考慮すると長期金利は3%ぐらいないとおかしいのですが、膨れ上がった政府債務の利払いを避けるために強制的に0.5%(2022年までは0.25%)以下で止めています。

③の日本株は本来日銀の管轄ではありませんが、安倍政権が株高を望んだせいで吊り上げる羽目になりました。
毎年リスク資産の買い入れ枠を設け、TOPIXは1日に2%下げるとETFを買って株価を維持しています。

世界で唯一全市場の価格操作をしている社会主義国家なので、日本市場は完全に歪んでいます。
実体経済から剥離した価格は市場の流動性によって叩かれるので、ヘッジファンドはそれを崩そうと仕掛けてきます。

世間一般ではファンドが悪者で日銀が市場を守るヒーローみたいに思われていますが、実態はそんな単純な二元論では語れません。
もちろん投機が極端な価格を押し付ける場合もありますが、今の国債金利は財政の危機的状況に対して低すぎます。

長期金利チャート日本国債

昔ソロスが過大評価されたポンドを売り崩したように、国家権力で歪められた価格が叩かれて修正されるのは自然の成り行きなのでしょう。

日銀が三つの市場を歪めたということは、ファンドの攻める砦も三つあるということ。
どの砦を落としても結果的に日銀は保有資産が毀損して債務超過に陥りますが、受けるダメージは結構違います。

資産額から考えると、日銀から見た重要度はおそらく、

国債市場>為替市場>株式市場

の順になるでしょう。
最悪ETFをトカゲの尻尾のように切り捨てても、500兆円の国債は死に物狂いで守りたいはず。

イギリスのトラス政権は財政規律を無視した財政出動を宣言してトリプル安になりましたが、一応岸田の増税政権はその隙を見せていません。
れいわ新選組とかいうMMT信者もたいした議席を取っていないので、全市場が同時に攻撃される可能性は低いと思います。

手頃な株式市場か、介入しづらい為替市場か、本命の国債市場か。
投機筋がどの砦を集中攻撃するかで、日本破綻のシナリオも変化します。

ストップ安は突然に黒田日銀総裁

せっかくなので、ヘッジファンドのボスになったつもりで考えてみてください。
あなたなら、どの部位を真っ先に攻めますか?

堅実に手足(日経平均やTOPIX)から切り落としていきますか?
心臓を刺して、血液(日本円)の流れを止めますか?
それとも、巨人の急所であるうなじ(日本国債)をダイレクトに狙ってみますか?

巨人と戦うエレン先生

実際に投機がどの市場を標的にするかは当人でないとわかりませんが、世界情勢によってある程度予測はできます。
それぞれの金融商品は相場環境によって剥離が大きくなったり小さくなったりするので、一番弱い時期を狙ってくると思われます。

①為替市場・・・日本円 →インフレに弱い
②債券市場・・・日本国債 →金利に弱い
③株式市場・・・日本株 →リスクに弱い


2022年はコロナ緩和からの金融引き締めとロシア戦争の影響で、世界的に高インフレ・高金利の年になりました。
これまで低インフレだった日本もインフレが強まったため、投機筋は1ドル=150円まで売り仕掛けて為替介入に追い込まれました。
FRBの利上げも行われたので国債市場も含めて同時攻撃になり、ファンドは円売り・国債売りの両方で利益を上げたようです。

2022年の実績は、為替介入が約10兆円、国債買いオペが約110兆円。
年末にYCCを緩和したものの、介入を継続してなんとか市場崩壊は免れた状態です。

2023年も引き続き国債の売り仕掛けが続いていますが、世界的にリスクオフの波が来れば株式相場が標的になるかもしれません。
日銀の株式保有額は国債に比べれば小さめですが、それでもETF価格の下落で債務超過に陥る可能性はあります。

株式と通貨は基本的に逆相関
バブル崩壊からリーマンショックのような金融危機がくれば、株の下落から円は上昇します。

その後に日銀の危機が意識されて円の暴落・ハイパーインフレが来るとしても、それ以前に円ショートでロスカットになったら元も子もない。
藤巻論を適当に解釈してハイレバロングする人は、ダブルパンチで死にそうですね。

円安と円高の雑誌

全ての市場に介入して四面楚歌になった日銀には、逃げる場所がありません。
ナンピンに手を出した投資家が破産するまで損切りできないように、バランスシートを肥大させまくった日銀は市場が崩壊するまで狂った介入を続けなければいけません。

MMT信者は「財政破綻やハイパーインフレの危険はない」と楽観論を振りまいていますが、社会主義はいずれ自然の鉄槌を食らいます。

地殻プレートの歪みが蓄積されるほど地震が大きくなるように、市場も介入を続けるほどそれを止めた時の衝撃は強くなります。
スイスは3年間の為替介入でユロスイを高止まりさせ、介入の終了宣言で歴史的な急落劇を引き起こしました。
ソ連は70年の計画経済を敷いて国内外の経済格差を広げながら資源分配・価格を操作し、グラスノスチ・ペレストロイカを機に経済が崩壊しました。

30年の放漫財政と10年の異次元緩和の終焉は、スイスとソ連の中間ぐらいの衝撃になるのでしょうか?
実際にどの市場がどれだけダメージを受けるかはその時になってみないとわかりませんが、いずれにしても国民生活が迷惑を被るのはわかっています。

国債価格が上がって金利が上昇すれば、日本政府は財政破綻か大増税。
為替が暴落すれば、輸入インフレの急伸で国民生活が破綻。
株価が下がれば、リーマンショックのような大不況。

どのような順序で起こるか世界経済の動向次第で、戦後のハイパーインフレ時のように一部の市場(当時は株式)は生き残ることもあります。
しかしながらケインズかぶれのリフレバカが長年介入を続けて莫大な債務を蓄積してきた以上、その反動によっていずれかの市場が犠牲になるのは避けられないでしょう。

⇒全ての政治家と経済学者は国民を騙している

日銀の株式ETF買い入れ推移
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

久しぶりだな。債務超過が近づいてくるから、楽しみだよ。どちらが笑って結果を迎えられるか。無論、私だと思うがね。

2023-01-07 13:16 | from 匿名

Re: タイトルなし

本当に楽しみですね。
債務超過に陥った日銀は保有資産をどうするのか。
処分するのか、放置してさらに危機を先延ばしにするのか。
選択次第で日本市場はとんでもないことになります。

2023-01-07 13:21 | from 幸福賢者

No title

株価放棄、円高、国債死守でしょうね
民主党政権でも株価低迷、超円高でも一応国は存続してましたし。
その前に起こるイベントが山ほどあると思いますが、アメリカ株ブーム完全終焉とか

2023-01-07 14:26 | from ななし | Edit

Re: No title

日銀にとって株価より国債の方が大事なので、いざとなればETFを切り捨てそうですね。
上手く行けば株式市場を捨てて他を守れますが、それでも相関的に二つ同時に守れるかは怪しい。
個人的には一市場だけ残して他は潰すのが関の山だと思ってます。

2023-01-07 14:50 | from 幸福賢者

債務超過に陥った日銀は保有資産をどうするのか。
>処分するのか、放置してさらに危機を先延ばしにするのか。

処分する必要はない。買い増す必要もないが。

>選択次第で日本市場はとんでもないことになります。

ハイパーインフレにはならないが、インフレ率10%程度の国民生活が破綻することはあり得る。繰り返すが、1ドル=500円なんてことにはならない。

2023-01-07 14:50 | from 匿名

Re: タイトルなし

くだらない。
インフレ率10%でも1ドル=500円でもどうでもいいですよ。

将来の価格なんてわからないのは投資家の常識。
トレーダーが知りたいのはナンピンを繰り返して含み損を膨らませたクソ投機家(日銀)が、
いつどの銘柄から損切りするかってことです。

2023-01-07 15:07 | from 幸福賢者

>くだらない。
>インフレ率10%でも1ドル=500円でもどうでもいいですよ。

詭弁だね。ハイパーインフレになり国民の生活が地獄になると主張しており、どうでも良くはない。インフレ率10とハイパーインフレじゃあ、天と地ほどの差がある。どうやら、貴方の本心は国民の生活を心配してたわけではなくて、投資家としてチャンスはいつか?資産はどうやって守るか?しか視点がないようだ。国民生活は置いてけぼりだね笑笑

2023-01-07 15:27 | from 匿名

Re: タイトルなし

資産を守る気がないなら、全財産を寄付して無一文で生きなさい。
将来のインフレに備えて資産を守り、自分と家族の生活を守るのが投資家の仕事ですよ。

インフレ率10%でも20%でも、ドルが200円でも500円でも、資産保護の本質は変わらない。
円安・インフレが起こる前に円をドルやゴールドに分散し、収まるまでホールドし続けること。

1ドル=500円なんて派手なアピールで聴衆を焚きつけるのは、インフルエンサーの仕事。
ハイパーインフレを防ぐのは、政治家の仕事。
身の回りの人々の生活をかけて命の次に大事な資産を守る私達とは、根本的に違いますよ。

2023-01-07 15:39 | from 幸福賢者

>資産を守る気がないなら、全財産を寄付して無一文で生きなさい。

何故そうなる?インフレ率10%に備えて、資産を守ることは普通のことだよ。問題は、ハイパーインフレと騒ぎ立てて、恐怖心を煽ることだ。これは三橋貴明と同類だ

>インフレ率10%でも20%でも、ドルが200円でも500円でも、資産保護の本質は変わらない。

そりゃあそうだ。だが、債務超過で即ハイパーインフレを主張する論文はない。何故なら、ロジックとして意味不明だから、学者もそんなことは論文にしない。

>1ドル=500円なんて派手なアピールで聴衆を焚きつけるのは、インフルエンサーの仕事。

三橋貴明と何が違うんだ?

2023-01-07 15:52 | from 匿名

Re: タイトルなし

普通のことだとわかってるなら、素直に備えればいいだけのことでしょう。
私は日銀の資産状況を分析して、君達に財産を守る方法と備えるべき時期を提示しているのだから。
あとは君達が勝手に備えて、自分の生活を守ればいい。

ハイパーインフレ(3年間で累積100%以上の物価上昇)なんてのは、今のトルコ等あちこちの国で起きている当然備えるべき事象に過ぎない。
1ドルが400円だか500円だか知らないが、1円から360円まで変わるような為替の世界で具体的な数字を予測するのは元々不可能。

三橋や藤巻がどんな数字を提示しようと、投資家の私にとって重要なことではありません。
彼等と投資家を混同してるようなら、きちんと区別を付けましょう。

2023-01-07 16:14 | from 幸福賢者

最終的な予測が正しくても経る過程とポジションによっては破綻してしまうってことですね
タイミングを見極めていきたいです

2023-01-07 16:15 | from 匿名

Re: タイトルなし

その通りです。
だから藤巻の話のさわりだけ聞いて、適当にドルに逃げるのも危険なんです。

普通の会社なら債務超過に陥ったら新規投資の停止・保有資産の売却に動きますが、
日銀がどう動くのかは前例がないので確証は持てません。
日銀や政府の動向を見て、タイミングを計って資産保護を行いたいところです。

2023-01-07 16:35 | from 幸福賢者

なんだかファンドが正義の味方に思えてきました。世間では極悪人と言われているが実は…みたいな。とはいえファンドが勝てば日本経済は大荒れになるのでしょうね。
現実を突きつけてくれる人と現実逃避させてくれる人のどっちがマシな悪なんでしょうかね

2023-01-07 16:48 | from 名無し中毒

Re: タイトルなし

相場の世界に正義とか悪とかないんですよね。
価格とは本来市場参加者の合意によって決まるもので、政府が勝手に決めると大衆の評価から外れてしまいます。

目には見えにくいけれど、日銀が価格・金利を操作することで重要度の低い企業が潰れず残っているのが今の日本です。
潰したら今の安定は壊れてしまいますが、壊さずに進歩することもありません。

2023-01-07 16:56 | from 幸福賢者

>普通のことだとわかってるなら、素直に備えればいいだけのことでしょう。

藤巻が言っていることと同じだったが、これは極端だったと素直に認めることだよ。

>ハイパーインフレ(3年間で累積100%以上の物価上昇)なんてのは、今のトルコ等あちこちの国で起きている当然備えるべき事象に過ぎない。

ハイパーインフレが起きている国は実際に過去にもいたが、債務超過で即ハイパーインフレなんていう意味不明な主張はしないことだね。

>1ドルが400円だか500円だか知らないが、1円から360円まで変わるような為替の世界で具体的な数字を予測するのは元々不可能。

予測不可能ならば、債務超過で即ハイパーインフレなんていう意味不明なロジックは主張しないことだ。


>三橋や藤巻がどんな数字を提示しようと、投資家の私にとって重要なことではありません。

投資家は関係ない。君は藤巻と同じ主張をしていた。それは債務超過で即ハイパーインフレ。

>彼等と投資家を混同してるようなら、きちんと区別を付けましょう。

そんな話ではない。君は藤巻とこれまで同じ主張をしていた。君は、過去に債務超過で即ハイパーインフレと書いてる。

2023-01-07 17:04 | from 匿名

Re: タイトルなし

>債務超過で即ハイパーインフレ

ブログ内を検索してみたけれど、その言葉は見つかりませんでした。
言葉の綾か、藤巻の台詞が混ざっているのでは?

・円が信用を失えば大暴落
・急激な下落が起これば、日銀はその金融資産を手放さなければいけない
・金利が上がり、日本政府は大増税かデフォルトの選択を迫られる
・まだ外貨準備があるので即座にハイパーインフレに向かうことはないと思いますが、長期的に円が減価していくのは避けようがありません

と書いてあります。

こちらの記事を確認してください。
https://valuablefx.blog.fc2.com/blog-entry-1784.html

投資家は株やコインが1年で10倍になるのを見ているので、ドルが3~4倍になった所で極端な話とは思いません。
一般人がドル=500円を極端と感じるのは君のおかげでわかりましたが、投資家にとっては想定の範囲内ですよ。

2023-01-07 17:34 | from 幸福賢者

No title

止まらぬ円安に「円が紙屑に」という声が出てきた時、
反論?として聞いた意見が

・なら、その紙屑ちょうだい
・マーケットは外貨との交換レートを言ってるだけで
 円が無価値とは言っていない
・本当に円が紙屑化するのは日本人が円を使わなくなった時

確かに、その辺のスーパー・コンビニ等で徐々に
「ドル払い可→ドル払い歓迎→円払い不可」から始まり、
給料もドル払いが主流、政府も税金や保険料の徴収をドル払い可、元払い可
(1ドル500円、1元200円換算)とかになれば
誰でも円がヤバイと認識すると思う。

2023-01-07 21:23 | from 猫愚者 | Edit

Re: No title

・なら、その紙屑ちょうだい

結局、反緊縮の本音はこれなんですよね。
今お金がなくて他人から奪うことばかり考えて、将来的にお金の価値が変動することを考える余裕がない。

仮に彼等が給付金を受け取ってもそれによって財が減るので、結果的には円の価値を下げるのに加担してしまいます。
本当に円が使えなくなる寸前まで、それに価値があると信じ続けるのでしょう。

2023-01-07 22:26 | from 幸福賢者

>ブログ内を検索してみたけれど、その言葉は見つかりませんでした。
言葉の綾か、藤巻の台詞が混ざっているのでは?

似たようなことなんていくらでも言ってる。例: 中央銀行の健全性が通貨の価値を担保

>まだ外貨準備があるので即座にハイパーインフレに向かうことはないと思いますが、長期的に円が減価していくのは避けようがありません

ない。長期的には物価で決まる。金利差ではない。

>こちらの記事を確認してください。
https://valuablefx.blog.fc2.com/blog-entry-1784.html

今から読む。

2023-01-08 11:29 | from 匿名

Re: タイトルなし

「中央銀行の健全性が通貨の価値を担保」という言葉も見つからないし、それと「債務超過で即ハイパーインフレ」では全然違う。

この記事にも書いてあるように、私の主張は「ファンドの円売り仕掛けで通貨暴落が起こる」事態を想定しているから、債務超過はその口実であっても直接的な原因ではない。
その場合も為替介入で対抗するから、『即座に』ハイパーインフレに至ることもない。

君は人の説明をまともに読みもせず、勝手に主張をすり替えて批判してるだけ。
それをストローマン論法と呼ぶ。

<ストローマン論法>
相手の発言に含まれている非本質的な(些末な)部分を誇張したり意図的に曲解したりして歪めた上でそのねじ曲げられた言説を否定・反論するといった論駁や批判の方法。

2023-01-08 11:49 | from 幸福賢者

> 君は人の説明をまともに読みもせず、勝手に主張をすり替えて批判してるだけ。

https://valuablefx.blog.fc2.com/blog-entry-1571.html?sp

「もちろん日銀が債務超過になっても、それがすぐデフォルトに繋がるわけではありません。
おそらく日本政府の増資を受けて生き延びるでしょう。」

これは藤巻と主張がそっくりだが。私にストローマンとレッテル貼りしたことに対して、謝罪はするんだろうな?

2023-01-08 12:05 | from 匿名

Re: タイトルなし

すぐにデフォルトにもハイパーインフレにも繋がらないなら、君の主張である「債務超過で即ハイパーインフレ」は間違いですね。
私の主張が藤巻と被っていても、何の問題でもない。
君は私の主張をすり替えたのだから、完全なストローマン。

2023-01-08 12:09 | from 幸福賢者

すぐにデフォルトにもハイパーインフレにも繋がらないなら、君の主張である「債務超過で即ハイパーインフレ」は間違いですね。
>私の主張が藤巻と被っていても、何の問題でもない。
君は私の主張をすり替えたのだから、完全なストローマン。

即ハイパーインフレは同じだよ。債務超過を防ぐために、増資する必要がない。他の中央銀行も債務超過に陥っても、何もしてない。君は藤巻とは違うと言っていたが、その謝罪はないのかな?


2023-01-08 12:24 | from 匿名

Re: タイトルなし

>即ハイパーインフレは同じだよ

全然違うぞ、ストローマン。
なぜ「デフォルトしない」が「即ハイパーインフレ」になる?
完全に論理が破綻してる。

増資すれば債務超過が解消できるのは、会計上当たり前のことでしかない。
他の銀行が採用しようがしまいが、「即ハイパーインフレ」とは何も繋がらない。
誰でも考えられることを説明したところで藤巻と同一にはならないし、君のストローマンの言い訳にもならない。

2023-01-08 12:41 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1863-240806af