fc2ブログ

【金融の真実】 銀行の仕事は又貸しなのか? - 貴方を幸福にするFXブログ

【金融の真実】 銀行の仕事は又貸しなのか?

誰かが幸せになったからといって自分は不幸にならない
トレードオフじゃないの!? (;゜0゜)

どうも、シリコンバレー銀行とクレディスイスに全財産を預けているエセ賢者です。
銀行が破綻したら、私の預金はどうなるんだ・・・?

最近は大手銀行の破綻が相次いで、預金の保護が問題になっています。
反緊縮MMT信者の言うように銀行が元手なしで融資をしているなら預金者に被害は及ばないはずなので、預金そのものを又貸ししていないにしても、実態はやはり又貸しに近い状態になっているのがわかりますね。

なぜ銀行の融資が又貸しと同じことになるのか?
それは銀行の役割が金融仲介だからです。

仲介とは、両者の間に入って取引を成立させること。
世の中には資産が余っている人と足りない人がいて、使用権を移さないと貴重な資産が有効活用できない状態にあります。

①資産が余っている人・・・土地を持っているけど使わない

②資産が足りない人・・・事業に土地を使いたいが持っていない


①の土地を②に貸せば事業をして社会を豊かにできますが、②はお金がないので①から土地を買ったり借りたりすることができません。
そこで銀行が②にお金を貸して、①と②の間で資産の移動を成立させます。

1000万円の借金ができる銀行

①資産(土地)が余っている人→銀行→②資産が足りない人

こうやって金融仲介することで未使用の資源を分配し、活用させるのが銀行の役割です。

銀行の融資額は信用創造で自己資金以上になるかもしれませんが、それによって実際の資産(この場合の土地)は利用権や所有権が移転するだけで増加しません。
MMT信者は信用創造を資産の増加と勘違いしていますが、それは経済がスムーズに動くための潤滑油でしかありません。
貸したお金は返済によって消滅するため、現実の価値の総量は何も変動しないのです。

これで銀行が仲介(実質的な又貸し)をしているのは理解できたと思いますが、②が返済をしなかった場合はどうなるのでしょうか?
事業に失敗して土地を失い、弁済しなかった場合は元の所有者が損失を被るのでしょうか?

そうはなりません。
銀行は預金をヘッジとして、金融面の仲介を成立させているからです。

③預金者→銀行→②資産が足りない人

MMTerの言う通り銀行が何の担保もなしに融資できるなら預金は要らないはずですが、現実の銀行は利息を付けて盛んに預金を集めています。
預金準備率が10%なら最大で預金の10倍を信用創造で貸し出せますが、それはあくまでバッファーとして認められている特権であり、返済しなくていいわけでもなければ預金が不要なわけでもありません。

万一②が破産したら、返済されなかった分は銀行の損失となり、お金がなくなったら預金が返せなくなります。
だから政府は返金分を残すように規制をかけたり、ペイオフで保証したりするわけです。
「不良債権は銀行と預金者の自業自得だから救済するな」って意見もありますが。

このように、銀行は物でも金融でも仲介役という重要な役割を背負っており、資産が余っている人から足りない人へ又貸ししている状態になっています。
融資の失敗は顧客の損失に繋がるので、銀行はきちんと審査して利益を出せる企業に投資しなければいけません。
政府なんてクソみたいな所に金を貸すから、国債の下落で大損するんだぜ!

日本国より借金が多い両津

「信用創造で預金より大きなお金を貸しているから、又貸しじゃない」

という意見は言葉の定義的には正しいのでしょうが、そういうイチャモンをつけても意味がない。
結局のところ、「銀行が二者の間に入って貸借関係を成立させている」という本質は変わらないからです。

銀行はあくまで仲を取り持つのが仕事であって、それ自体が何かの価値を創造することはありません。
信用創造でつくられるお金は経済活動が円滑に進むようにするための潤滑油であって、価値のある資産ではありません。
本当の資産(財)とは、国民が生産活動によって作り出すものです。

なお、このことは銀行の親玉である中央銀行にも言えます。
日本円(日銀券)は日銀の発行物ですが、日銀が独力で資産を生み出しているわけではありません。

「中央銀行は国民の預金なんて集めてないから、又貸しじゃないよ!」

と考える方もいるでしょうが、そこには国民と日銀を繋ぐとんでもないカラクリがあるのです。
次の記事で説明するので、楽しみにお待ちください。

果たして、日銀は誰から何を借りているのでしょうか?

⇒投資家の仕事とは何か 【99%のトレーダーは自分の役割を知らない】

リボ払いは借金
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

久しぶりだな。私から言わせれば、どっちでも良い。なぜなら、どちらもモデルだからだ。実際の内生説は無限に貸せるとは言ってないし、又貸しも貸出が有限とは言ってない。現行の銀行業務に、2つのモデルがあるだけ。

それだけの話なのに、なぜ不毛な言い争いをしてる?君はわざとしてるのかな?

2023-03-18 22:50 | from 匿名

Re: タイトルなし

ハンキンが乞食を正当化する理由を探し求めているからだよ。
どんな詐欺モデルをでっちあげても、価値を生まない銀行や政府は他所から価値を移転することしかできない。

乞食のために給付金をバラまけば、真面目に働く人達がインフレや増税で迷惑を被る。
底辺ビジネスと手を切って自立してもらうのが世のためであり、何より彼等自身のためになる。

2023-03-18 23:36 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1881-c74c67ba