fc2ブログ

インフレ税でどれだけ貯金が奪われるか具体的に計算してみる - 貴方を幸福にするFXブログ

インフレ税でどれだけ貯金が奪われるか具体的に計算してみる

デフレは永久に不滅
とっくにインフレだから現実見ろ!o(o・`з・´o)ノ

どうも、毎年20%ずつ体重がインフレしているデブ賢者です。
このまま太り続けると、10年後には619kgになってしまう・・・!

各国のコロナ緩和・財政出動によって世界規模のインフレが発生し、この日本でも物価が上がり続けています。
他国の中銀は利上げによって通貨安を抑えていますが、日銀だけは未だに異次元緩和を継続して円安を放置しています。

物価高対策に15兆円をつぎ込んでCPIの上昇を抑えてはいますが、それは朝三暮四の一時しのぎ。
ゼロ金利を維持したまま放漫財政を続ければ、いずれどこかで破綻して強烈なインフレに見舞われることでしょう。

リフレ派はインフレと経済成長を混同させることで緩和を正当化していますが、それは明らかな間違い。
インフレの本質は通貨の下落であり、インフレ誘導は増税と同じです。

外国は金利によって貯金の目減りをある程度カバーしていますが、日本政府は強制的にゼロ金利にして利息収入すら搾取しています。
社会福祉政策に対する慢性的な赤字と異次元緩和により円の価値は毀損され、日本人が汗水垂らして稼いだ貯蓄が奪われ続けています。

社会福祉でインフレ

「ハイパーインフレはともかく、緩やかなインフレなら問題ないよね?」

と軽く考えている人もいるでしょうし、一年で2%と聞くと小さく見えるのも確かです。
しかし、日銀の目指しているインフレは永続的なものなので、毎年複利で貨幣価値が減少していきます。

インフレ率が1~5%として、10年後、20年後、30年後に貯金の価値がどれだけ残っているか、具体的に計算してみましょう。

※厳密には1%のインフレと1%の資産減少は違いますが、面倒なので減少率として大雑把に計算しています。
 多少のズレはご了承ください。


<10年後>

1%→90%
2%→82%
3%→74%
4%→66%
5%→60%

<20年後>

1%→82%
2%→67%
3%→54%
4%→44%
5%→36%


<30年後>

1%→74%
2%→55%
3%→40%
4%→29%
5%→21%


これは驚きですね。
2%の低インフレが20年続くだけで、貯金の価値は67%にまで減少しています。
30年で55%なので、ほぼ半分になると考えていいでしょう。

ハンキン・リフレ派は「俺は働かないから社会保険料はどうでもいいが、消費税は廃止しろ!」と言ってインフレ税を肯定していますが、これはとんでもない矛盾。
消費税を2%上がっても物価が2%上がっても貯金で買える物が減るのは同じなので、結局は朝三暮四の詐欺になります。

消費税は納税者から年金受給者や生活保護受給者への所得移転ですが、インフレ税は全預金者から債務者(特に政府)への移転になります。
リフレ派・MMT信者の言うように国債発行(通貨発行)でインフレを起こすのであれば、

「国民の皆様の労働力を借り、毎年2%ずつ踏み倒してチャラにします」

と言ってるようなものです。

民間から貴重な資源を強制徴収して返さないなんて、ジャイアンみたいな連中ですね。
財政ファンナンスを支持する連中は、泥棒として牢屋に入れるべきだと思います。

お金を永久に借りる


世界の歴史を学べば、「デフレは悪でインフレは善」とするリフレ論は明らかな間違いだとわかります。
役人がこれでもかとインフレ誘導を肯定するのは、それが利権バラマキ政策にとって都合が良いからです。

自分に金がない(インフレ税が怖くない)反緊縮MMT信者は借金が減って給付金がもらえるリフレ政策を支持していますが、それは一般の労働者からの搾取に他なりません。
真面目にコツコツ財産を築いてきた者に損をさせて、自分は何の努力もせずに欲しい物を手に入れたい我田引水の政策です。

・インフレで得をする人・・・政府、債務者、レバレッジを使う資産家
・インフレで損をする人・・・真面目に働いて貯金してきた預金者

老後2000万円問題に備えて若いうちにせっせと貯金をしたところで、実際に老後になったらその価値は暴落しています。
インフレ率3%の場合30年後は40%なので、2000万円貯金しても800万円の価値しか返ってこないことになります。
これじゃ、いくら貯蓄を増やしても足りないじゃないですか。

「2000万円あれば老後も安心」というのは、インフレを無視した楽観論。
日銀が継続的な物価上昇を目指す限り将来のコストは増大し続けるので、貯金で賄うのは不可能です。
リタイアした後も不自由のない生活を送るためには、インフレに負けない資産運用が必須になります。

外貨、株式、コモディティ、仮想通貨、不動産など、インフレに対抗できる資産形成の方法は沢山あります。
上手く組み合わせてリスクを軽減しつつ、日銀を悪用して財産権を侵害するリフレ泥棒から資産を守っていきましょう。

⇒ハイパーインフレ 財政破綻に強い金融資産とは?

異次元の金融緩和と円安インフレ
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

明らかバブルでもある程度株式をホールドせざるを得ないから困る

2023-04-01 18:56 | from 匿名

Re: タイトルなし

日銀がつり上げた株なんて買いたくないんですが、円安で上がってしまうから困るんですよね。
植田新総裁がETF買いを止めれば暴落するので、買ったら買ったで困ります。

2023-04-01 19:26 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1884-a1a2d33d