fc2ブログ

『不等価交換』が富の源泉 - 貴方を幸福にするFXブログ

『不等価交換』が富の源泉

アルバイトにはお金以上の価値がある
そんな価値あるの!?  (ノ_<)

どうも、人体錬成に失敗して右腕と左脚を奪われたエセ錬金術師です。
これが等価交換なんて嘘やろ・・・

資本主義は等価交換だとエセ賢者はいつも口を酸っぱくして言っていますが、それは市場価格を基準に客観的に見た場合の話。
各人の頭の中にある主観的価値において、常に等価交換が成り立つわけではありません。

むしろ「等価交換では経済は回らない」と言った方が正しいか。

仮に謎の外国人が現れて「ミーの1万円札とユーの1万円札を交換してクダサーイ!」と持ち掛けたとしても、あなたはそれを了承しないでしょう。
諭吉先生のプロマイド同士を交換しても、持っている価値は何も変わらないのだから。

一方でよく使う店の商品券1万円分が9千円で売られていたら、あなたはそれを買うでしょう。
他の人にとっては9千円の価値でも、あなたにとっては1万円に近い価値があるからです。

客が買い物をするのは、お金を持っているよりも使った方がお得になった時。
100円のリンゴが売るためには、食べたときの満足感がその金額を上回らなければいけません。
3000円の薬を売るためには、健康への寄与度がその金額を上回らなければいけません。

客の主観的価値(満足度)>市場価格

という不等価交換でないと、商売は成立しないわけです。

ワクチンと命の価値

相場では外貨や株式が交換されますが、ここにおいても同じことが言えます。
ドル円の両替が成立するのは、売り手と買い手が考える価値の大きさに剥離があるからです。

ロンガー「1ドルは130円より価値があるから買うぞ」

ショーター「1ドルは130円も価値ないから売るぞ」

彼等の交渉と妥協の結果として市場価格(為替レート)は決定しますが、それが市場の総意というわけではありません。
売買が成立しているということは、逆方向の評価をしている人がいるということ。
各人が考えている価値の大きさは、やっぱりバラバラなのです。

相場師は自分なりの分析によって為替や株価の適正水準を見定め、現在がそれより割安なら買いを入れます。
正しく価値を読み取った相場師は利益を得て、そうでなかった人は損失を被ります。

ウォーレン・バフェット氏や井村俊哉氏といった著名な有名投資家はこの能力に長けていて、潜在的価値の高い企業を割安で買うことによって巨万の富を築きました。
猫賢者はPERやPBRという語句も知らないド素人なので同じ真似はできませんが、バリュー投資で成り上がりたいのであれば企業価値の算定方法を学ぶ必要があります。

「天才的な投資家がそうやって稼いているのはわかったけど、俺みたいな凡人にそんな目利きはできないよ!」

と思った人は企業分析よりも自己分析を行いましょう。

お金を稼ぐために必要なのは不等価交換。
あなたと世間の価値観に差があれば、それが富の源泉になります。

何を言っているのかわからないって?
じゃあ、シンプルに言い直しましょう。

『他人は面倒だと思っているけど、あなたは耐えられる仕事』を探しましょう。
それがあなたの適職です。

男子小学生の憧れの職業仕事夢

世の中には沢山の仕事がありますが、共通して言えるのは「他人の面倒を引き受けること」です。
食料生産も料理も建築も輸送もその気になれば誰でもできますが、一人で全部をやろうとすると莫大な時間と手間がかかります。
だから適材適所で分業するのが資本主義であり、その分業を円滑に進めるためにお金が存在します。

他人の面倒を引き受ければあなたはお金を稼ぐことができますが、その仕事に対して他人より適正がなければいけません。
そこで判断基準となるのが、文頭から述べている主観的価値のズレです。

息を吸うように簡単にできる仕事を「めんどくさい」とか「辛い」とか考える人はいません。
負担に感じるのは、当人にとってその仕事のコスト(価値)が高いからです。

例えば、同じ掃除でも人によって面倒と思う人とそうでない人がいます。

家政婦「お掃除楽しい!ずっとやってても飽きないよ!」

ニート賢者「掃除めんどい!金を積まれてもやらんわ!」

前者は掃除が負担にならないので、それのサービスを他人に提供できます。
後者は面倒な仕事を他人に任せられるので、お客になります。
それぞれの掃除に対する価値観が違うから、ハウスクリーニングという仕事が成り立ちます。

綺麗にトイレ掃除で殺害

人間の特性は十人十色。
人によって面倒ごとに対する耐性は全然違っていて、それによって稼げる仕事も変わります。

・家事に耐えられる→家政婦
・クレームに耐えられる→相談員
・文章作成に耐えられる→ライター
・虫に耐えられる→害虫駆除
・高齢者の下の世話に耐えられる→介護士
・異性の接触に耐えられる→水商売


エセ賢者はあなたのことを何も知りませんが、他人より鈍感な分野の一つぐらいはあると思います。
他人はやりたくないと思っていることを多少でも我慢強く行うことができるのなら、

客の主観的価値(満足度)>市場価格(あなたが提示するコスト)

の不等式によって利益が発生します。

ハンキンマクロ経済学者は政府支出によって経済が動くと思い込んでいますが、それは完全な間違い。
経済の本質は全構成員による分業であり、一人一人の価値観(仕事にかかるコスト)が異なるから自然と分業が行われ、その結果お金が流れています。

お金や仕事に困っていてどうしたらいいかわからなくなった時は、ぜひ自己分析をして自分の価値観を見つめ直してください。
価値観の相違はよく離婚や絶縁の原因として挙げられますが決して悪いものではなく、主観的価値が異なるからこそ私達は互いの欠点を補って社会全体を豊かにすることができるのです。

⇒稼ぐ力育成講座① 稼ぎ方の本質は「わらしべ長者」に学べ

一方的に支える
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

1.ロンガー「1ドルは130円より価値があるから買うぞ」
2.ショーター「1ドルは130円も価値ないから売るぞ」

IMM通貨先物ポジションを使ったドル円限定のファンダ分析に「大口ポジション(今は円売りの)/総取組高が60%を超えると限界」
というのがありまして、確かに私が今まで見てきた範囲では63%位が最高値でした。

今週は96412/202996で約47.5%、上記理論だともう少し円売り(ドル円ロング)が入れられる状態です。

で、そもそも何故60%辺りが限界なのか理由が不明なのですが、もしかしたら

1.投機筋「ドル円140円でも買いたい。ロング1億ドル」
2.取引所「もう売り手(主に商業筋)がいないんですよ」

といった感じで売買不成立になるからかな?
そこは不明です。

2023-05-06 18:45 | from 猫愚者 | Edit

Re: No title

IMMの建玉はたまに見てますが、そんなラインがあるんですね。
確かに売買には相手方が必要なので、どこかで制限に引っかかるのかもしれません。

2023-05-06 22:36 | from 幸福賢者

久しぶりだな。

> 『他人は面倒だと思っているけど、あなたは耐えられる仕事』を探しましょう。

職場内の誰もやりたがらない仕事を積極的に引き受けると市場価値が上がることもあるだろう。その職歴が転職で活きることはある。私の知り合いでは面倒な顧客との要件折衝を積極的に引き受けた人が上場企業に転職した人がいる。新卒カードに失敗しても、やり直しが効くという良い話ではある。

2023-11-11 15:15 | from 匿名

Re: タイトルなし

誰でもやりたがる仕事は市場価値が低いからね。
面倒な仕事を率先して引き受ける人はどんな業界でも重宝される。

2023-11-11 19:52 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1891-705fb6e3