fc2ブログ

米国債はデフォルトするか? - 貴方を幸福にするFXブログ

米国債はデフォルトするか?

酒以外に救いはない
救いはないのか!? ( ノД`)

どうも、米国の前に口座残高が限界を迎えているエセ賢者です。
私の債務上限も引き上げてくれないだろうか?

民主党・共和両党の対立から米国債のデフォルト懸念が囁かれています。
このまま債務上限から予算が組めなくなり、米国は破綻してしまうのでしょうか?

結論から言うとその可能性は極めて低いので、気にしなくていいと思います。
10年前からずっと言っていますが、米国の債務上限問題は両党が政治的アピールをするための茶番です。

⇒米国債務上限問題 茶番で動く相場

仮に共和党が妥協せずに債務上限を引き上げなかったら、米国債は部分的にデフォルト。
金利は急上昇して金融市場は大混乱し、共和党も民衆から叩かれて支持を失うことになります。

政治家もそこまでバカじゃないので断固としたポーズは見せても、期限が迫ってくれば譲歩して債務の上限の引き上げに同意するでしょう。
もちろんこの世界に絶対はないので6月まで引っ張って破綻する可能性もありますが、その確率は極めて低い。

それより気になるのは、デフォルトを喧伝して大衆を煽るインフルエンサー
テレビ局や証券会社、ジム・クレイマーやNOBU塾のようなYoutuberまで、様々な人々がそれが大問題であるように触れ回っています。
中には「米国債のデフォルトで株が大暴落するぞ!」と言って売り煽る人もいます。

彼等はフィクション物語で大衆を扇動して視聴数を稼ぐのが仕事なので、話を鵜呑みにしてはいけません。
恐怖に駆られた個人投資家が株や外貨を売る一方で、大口は安値で買い集めて一儲けするでしょう。
インフルエンサーが売り煽っている時は買い、買い煽っている時は売りのチャンスです。

インフルエンサー詐欺で高値掴み

もちろんいつかバブルは終わって、市場が暴落する時は来ます。
しかし、その正確な時期は誰にもわからないし、それが起こるためには日銀の方針転換か銀行の連鎖破綻が必要になります。
債務上限というプロレスは、金融収縮のトリガーにはならないでしょう。

バラマキで金融市場を支えている日銀が異次元緩和を打ち切ればすぐにでもバブルは崩壊しますが、植田新総裁が思った以上にハト派なため市場は安心しきっています。
「一年半かけて異次元緩和を検証する」なんてふざけたことを言い始めたので、金融崩壊のシナリオは一年以上遅れるかもしれません。

逆イールドも解消されていない状態でいきなり米国がデフォルトして危機に陥ることはまずないと思いますが、,100%とは言い切れないので心配する気持ちもわかります。
けれど、仮に合意が遅れて債務上限が引き上げられなかったとしても、皆が想像するほどの危機にはならないのではないでしょうか?

確かに6月から償還や利払いが遅れる国債が出てきますが、全ての米国債が一斉にデフォルトするわけではない。
米国政府は公共機関の閉鎖や給与の支払い遅延などで時間を稼ぎ、その間に議会が話をまとめると思います。

米国債の格付けが引き下げられて市場金利は急騰するかもしれませんが、FRBがそれを放っておくとは考えられません。
日銀や英銀のように国債の買いオペを行い、金利上昇を抑えるでしょう。
(当然それはインフレ圧力になり、国民生活を圧迫するけど)

相場は金融サイクルに従って動いているのでいずれ米株バブルは終焉を迎えて冬の時代が来ますが、何度も何度も行われてきた債務上限のプロレスに大きな流れを覆すほどの力はありません。
Youtuberの扇動は無視して、金利とインフレの大きな流れに注目しましょう。

⇒FRBの利下げに期待して株を買っていいのか?

今日も頑張るバイデン大統領
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

久々だな。先進国で一番、成長の余地が高いのは米国と言っていいだろう。なぜなら、ビジネス面でも移民の面でも、悪い要素が見当たらない。

2023-05-20 12:04 | from 匿名

Re: タイトルなし

そりゃ日本と比べれば成長の余地はあるでしょう。
でも、米国も巨大な債務バブルのツケを払わなければいけないのは変わらない。
インフレを放置して庶民の生活が破壊されるか、強硬に引き締めて金融収縮へ進むか。

2023-05-20 14:42 | from 幸福賢者

> インフレを放置して庶民の生活が破壊されるか、強硬に引き締めて金融収縮へ進むか。

インフレに苦しんでるのはどこの国もそうだろう。私が言いたいのは、先進国の中で最も高いポテンシャルを秘めてるのは米国という話だ。次いで、ドイツだろう。共通してるのは、先進国の宿命である少子化対策に効果的な移民を受け入れてるからだ。だから、ドイツは欧州の盟主となり、米国は世界の盟主として君臨している。

同じG7の日本やイタリアは、ポテンシャルは高くないと言える。

2023-05-20 20:04 | from 匿名

Re: タイトルなし

移民の割合は米国15.4%、ドイツ15.7%、イギリス・フランス14.1%、スペイン15.2%、イタリア10.4%。
カナダ21.3%、オーストラリア30%、サウジアラビア38.3%。ヨルダン33.1%。
その理屈だと米国やドイツは他の欧州諸国と変わらないし、カナダやオーストラリア、サウジの方がポテンシャルが高いことになるね。

2023-05-20 20:40 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1894-350eb473