fc2ブログ

植田日銀総裁は『裸の王様』よりなお悪い - 貴方を幸福にするFXブログ

植田日銀総裁は『裸の王様』よりなお悪い

黒田が動かすゴールポスト
どこまで動かすつもり!? (;゜0゜)

どうも、「王様は裸だ」と言ったばかりに侮辱罪で100年間服役していたエセ賢者です。
正直者はやっぱり損するんだなぁ。

6/15の日銀政策決定会合は、事前に伝えていた通り現状維持。
YCCの修正は先送りにして、大規模金融緩和の継続を決定しました。

その後に植田総裁は記者団から質疑応答を受けましたが、まさにフルボッコ
記者に散々突っ込まれ、前総裁と同じ言い訳を壊れたスピーカーのように繰り返すような有様でした。

【植田総裁の応答】

・賃金上昇を伴う継続的なインフレが起こるまで金融緩和を粘り強く継続する
・現在のインフレはウクライナ侵攻など海外要因のせい (金融緩和のせいじゃない)
・物価見通しは今年度半ばにかけてプラス幅を縮小する (だから2%超えても緩和を止めない)
・為替はファンダメンタルズに沿って安定的に動いていく (日銀は円安を止めない)


せっかく総裁が交代したというのに、発言内容は全く変わっていませんね。
これは黒田の亡霊が憑りついているに違いない。
ナンマイダブナンマイダブ・・・・
(黒田前総裁はまだ存命です)

人事が変わっても方針が全く変わらないのは、日銀が政府の傀儡である証拠。
背後にいる黒幕が「何があっても絶対に緩和を打ち切るな!」と命令しているのなら、誰がトップになったところで結果は変わりません。

日本の支配層は異次元緩和によって資産価格をつり上げ、莫大な権益を築いてきました。
ハンキンは財務省が諸悪の根源であるかのように吹聴していますが、放漫財政を続けたいリフレ派が日銀を悪用し、量的緩和(財政ファイナンス)で得た金をバラまき続けた結果が日本経済の衰退です。

日銀が緩和を続けるほど円安は悪化し、インフレによって日本国民の生活は圧迫されます。
国民が悲鳴を上げようと、利権に支払いされた日銀は異次元緩和を止めません。

いくら借金が膨れ上がっても、バラマキは決して止まらない。
毎年円の価値を摩耗させることで、膨れ上がった借金を帳消を帳消しにしようとするでしょう。

何年も前からずっと伝えてきましたが、これがアベノミクス、異次元緩和の本当の目的です。

異次元緩和は円を紙屑にする日銀黒田

成長戦略なんて、大嘘もいいところ。
政府や日銀がいくら金をバラまいたところで価値は生まれないのだから、国が豊かになることも実質賃金が上がることもない。
いたずらに金を刷って資源を浪費し、円安とゼロ金利で国民に負担を押し付けて、財政破綻を先延ばしにすることしかできません。

実際にインフレになったことでハンキン以外の聡明な国民はアベノミクスの嘘に気付いてきましたが、それを公の場で言える人は殆どいません。
今回質疑を行った記者の方々も当然リフレ政策、インタゲが間違った政策であることを知っているはずですが、敢えて口に出さず緩和終了の条件や円安への対応を尋ねるにとどまっていました。

本音では、

「お前らの財政ファイナンスのせいで日本人が境地に立たされている!
いつまでこの経済テロを続ける気だ!?」


と問い詰めたいのでしょうに、エセ賢者と違ってみんな大人ですね。

今の日本は太平洋戦争の時とそっくり。
国家が滅亡に突き進みながら大本営発表で偽りの戦果を伝え、生活苦に耐えていれば状況が良くなると喧伝しています。

有識者の多くはその嘘に薄々気付いていますが、誰も声を上げません。
本当のことを言えば非国民のレッテルを貼られ、メディアや政界から追放されてしまうからです。

ノーマスクは非国民

日銀の物価見通しは緩和を続けるための言い訳で、インフレが収まる確証なんてどこにもありません。
そもそも現在円安インフレで実質賃金が低下して生活に困っているのに、それを放置して将来の見通しで政策を決めること自体がおかしくないでしょうか?

まともな国は利上げによって通貨価値の毀損(インフレ)を抑えていますが、債務の圧縮を目論む日本政府は決して緩和を止めません。
「急激な円安に対処する」と言って時折為替介入で円安スピードを落とすのがせいぜいで、緩やかな円の摩耗はむしろ歓迎しています。

役人の息のかかった経済学者は「インフレは景気に良い」「インフレ税で格差が縮小する」と言った詭弁を並べ立て、庶民を苦しめる物価高があたかも良いことのように触れ回っています。

アンデルセンの『裸の王様』は純真無垢な少年が真実を告げることで過ちに気付きましたが、アベノミクスで国民を騙してきた人々(日銀、政府、リフレ学者)は決してその間違いを認めないでしょう。
だって、彼等は円を暴落させて可能な限り破綻を先延ばしにするのが正義だと信じているんですから。

日銀が緩和を止めれば円安インフレは止まって消費者は助かりますが、代わりにバブルが弾けて日経や国債は暴落することになります。
FRBのQTはシリコンバレー銀行などいくつかの銀行を破綻させたに留まっていますが、日銀の利上げは国債価格の暴落によって日本中の銀行を破綻させて金融危機を引き起こすでしょう。

大日本帝国が大本営発表を垂れ流して敗戦に向かったように、もはや後に引けなくなった現代日本も1億総玉砕へと進む他ありません。
世界的なリスクオフにより一時的に円高に振れることはあっても、日銀によって通貨価値がすり減っていくのは間違いないので、私達は自分の投資で財産と家族を守っていきましょう。

⇒アベノミクスは失敗していない むしろ大成功

自民党の道は行き止まり
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

> もはや後に引けなくなった現代日本も1億総玉砕へと進む他ありません。

相変わらず君は1か0かの議論が好きなようだ。そこが君の良いところでもある。面白いからね。反緊縮と緊縮は思考方法がそっくりだな。

2023-06-19 07:13 | from 匿名

Re: タイトルなし

ただ事実を説明しているだけだよ。
異次元緩和でこれだけ円安インフレが進んでも、ストローくんは現実を見ようとしないのね。
こういう楽観的な国民がいるから、自民党は好き放題バラマキ政策を続けられるわけだ。

2023-06-19 07:58 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1902-3ecd3ff3