fc2ブログ

借金で投資するのは悪いことなのか? - 貴方を幸福にするFXブログ

借金で投資するのは悪いことなのか?

犯罪者のお札
こんなお金を使っていいの!? ((((;´・ω・`)))

どうも、耳が聞こえないと嘘を付き、STAP細胞はあると宣言しながら号泣会見を開いたエセ賢者です。
稼ぐためならどんな手段も使うと言っても、手段を選ばなすぎじゃなかろうか。

投資とは収益が見込める企業や証券にお金を投入することですが、出資するお金の出所によって二つのタイプに分けられます。

①自己資金
②借入金


前者は投資の王道。
仕事で稼いでコツコツ貯めて、それを元手に資産運用を始めるパターン。

多くの日本人は定期給与やボーナスで作った預金を元手にしていますが、これで資産を形成する場合は非常に時間がかかります。
100万円を年利10%で運用しても、利益額はたったの10万円。
サラリーマンが給料の一部でコツコツインデックスを買っても、億万長者になるころには定年に至っていそうです。

世界の大富豪は、だいたい後者。
借金を元手にして、莫大な資産を築いています。

こう言うと、

「借金で投資なんて無計画すぎる!失敗したらどうするんだ!」

借金する時点で無計画

と顔を真っ赤にして怒る人や犬がいますが、ギャンブルではなく安定的な運用をするなら破産することなんて殆どありません。
債務を利用した投資はありふれたもので、私達も自覚せずにやっていることもあります。

例えば株やFXは、自己資金よりも大きなポジションを持つことができます。
それは広義の借金を利用した、信用取引を行っているからです。

・株の信用買い 自己資金の3倍までの株に投資する
・FXのレバレッジ取引 25倍までの外貨に投資する
・CFD 10倍までの株価指数や商品に投資する
・レバナス 2倍のナスダック指数に投資する
・不動産投資 銀行から借り入れて貸物件に投資する

これらはみんなある種の借金を元手にして、投資を行っています。
借金による投資が危険なら、住宅ローンだって危険ということになってしまいますね。

現在の日本は異次緩和によって極限まで金利が引き下げられ、歴史上最もお金を借りやすい状態になっています。
仮に金利1%で借りてマンションを建てて10%の家賃を取れば9%が得られる、とんでもなくお得な状態です。

しかし、こんな借りやすい状態でも「借金は悪!」と刷り込まれた日本人はお金を借りません。
そして借金を恐れずにガンガン運用する、外国人投資家がそこに目をつけました。

最近の日経バブルがウォーレン・バフェットをはじめとする海外ファンドによって起こされているのはご存じだと思いますが、彼等の資金がどこから出ているのか理解している人はあまりいません。

バフェットは自分の米ドル預金を日本円に両替して、その円で日本株を買っているのでしょうか?
それだとドル売り圧力になって相場は円高に動くはずですが、そうはなっていませんよね?

全ての外資がそうとは言いませんが、その多くは借金を利用しています。
銀行から円を借りて日本株を買うか。
あるいは口座のドルを証拠金にして日経指数をロングするか。
いずれにせよ、調達コストの安い円を借りて投資を行っています。

このように金利の低い円を売ってより高い利回りを得られる金融商品を買うこと、円キャリートレードと呼びます。
ハンキンは曲解していますが、政府だろうと投資家だろうと、借金をすれば世の中に出回る通貨量は増加します。
日銀がこのまま超低金利を続ければ、円キャリートレードによってバブルが膨らみ、どんどん円安株高が進行していくことになるでしょう。

円安

毎日懸命に働いて得た賃金で投資を行うのは大変結構なことですが、それでは莫大なレバレッジ(借入金)で利ザヤを稼ぐ海外投資家には到底敵わないでしょう。
特に円キャリーによって強烈に円安が進む状態では、投資の利益よりインフレ税の方が大きくなってしまうかもしれません。

もちろん返済できない無謀な借金はいけないことですが、利息以上の安定した収益が期待できる借金は決して悪いものではありません。
悪いのは借金そのものではなく、収益が金利コストに負けて利息が払えなくなってしまうことです。

・金利コスト>収益 →悪い借金
・金利コスト<収益 →良い借金


仮に米国の金利が5%で日本が0%なら、ドル円をロングしているだけで5%にレバレッジをかけたスワップポイント(インカムゲイン)が得られます。
より金利の高いメキシコペソやハンガリーフォリントなら、さらに大きな利益が期待できますね。
同じ高金利通貨でもトルコリラや南アフリカランドなど政情不安で暴落しかねない通貨もあるので金利だけを見て判断してはいけませんが、きちんと投資先を選べば円キャリーは非常に強力な武器になります。

本来なら中銀は利上げでバブル(債務の膨張)を止めるはずですが、日銀は財政危機を避けるためにその役割を放棄しています。
日銀がこの狂った超低金利政策を転換するまでは、円キャリーによる濡れ手で粟な状態が続くでしょう。

⇒【レバナスと金利コスト】 レバレッジは借金だということを忘れてはいけない

日本国より借金が多い両津
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

久しぶりだな。本人が幸せなら、借金もOKだろう。自分の資産を担保に借金をし、投資をするスタイルは一般の人にとって幸せなのかはまた別問題だろう。

マイホームがその人にとって幸せならば、借金をするのも悪くない。

2023-07-02 09:57 | from 匿名

Re: タイトルなし

おお、ストロー君にしてはまともなことを言ってるね。
借金はあくまで手段の一つでしかないので、それを利用するかは本人の作戦次第。
自分が幸せになれるかよく考えて、最適な方法を選択すべし。

2023-07-02 10:52 | from 幸福賢者

No title

ステルスQE 銀行ターム・ファンディング・プログラムBTFP FRBのバランスシートの増加には反映されない巧妙なステルス緩和
米政府は1兆㌦米国債発行→リバレポ(MMF)で金融機関は米国債を買わされる→frbのステルスQE BTFPを使って、購入した米国債をFedに差し出しカネを得る→金融機関はそのカネでレバレッジ資金の融資を復活させヘッジファンドにカネを貸す→ヘッジファンドはレバ投資して株価を嵩上げさせるらしいです。

2023-07-02 22:34 | from ボバフェット

Re: No title

最近噂になってるステルスQEですね。
正しくQTをしていればドルが回収されて株価は下がっていたはずなのに、実際はバランスシートが拡大して株価が上がってしまっています。
本格的な下落が来るのはバランスシートの縮小が始まってからでしょう。

2023-07-02 23:04 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1904-30fa301c