fc2ブログ

中国はデフレ化ではなく『日本化』する - 貴方を幸福にするFXブログ

中国はデフレ化ではなく『日本化』する

中華料理の韓国
どっちなんだい!? ヽ(`ω´*)ノ彡

どうも、中華では未だに曹操や劉備、孫権が天下を取り合っていると思っていたエセ賢者です。
どうやら私の中国に対する認識は少しだけ遅れているらしい。

コロナバブル崩壊で中国経済は減速し、CPIもゼロ付近に低下しています。
専門家はデフレを懸念していますが、本当に懸念すべきはデフレではなく日本化だと思います。

ネットに溢れるインチキ経済評論家はデフレと経済停滞を混同していますが、この二つは全くの別物。
デフレは「継続的な物価の下落」であって、それ自体は何の問題でもありません。
本当の問題は金融緩和でバブルを作り、バブル崩壊のショックを抑えるために再び金融緩和を行って経済停滞を招いてきたことです。

金融緩和でバブルを作る

金融引き締めでバブル崩壊

景気対策で金融緩和を再開

ゾンビ企業が生き残って産業の新陳代謝が進まず、経済が成長しない

ゾンビ企業の割合

かつての日本ではケインズ崩れのリフレ詐欺師が金融緩和でバブルを引き起こし、バブル崩壊で社会を混乱させました。
普通に考えれば金融引き締め(バブル潰し)が遅れたことを反省するべきですが、リフレ詐欺師の選択は全くの逆。
「デフレスパイラルを脱却すれば経済は回復する!」というデタラメな理屈で再度緩和を強行し、産業の転換が進まない失われた30年を作り出しました。

成長とは、古い細胞が死滅して新しい細胞にとって代わられること。
高齢化で若者が減り、ゼロ金利や補助金で潰れるべき企業を延命していたら経済が成長しないのは当たり前ですが、現実を見ようとしないリフレ派・ハンキンは景気対策のぬるま湯によって現状維持という緩やかな衰退を継続させています。

現在、この日本の失敗を繰り返そうとしているのが中国。
かつては市場経済の導入により経済発展を遂げて米国に替わる覇権国になると期待されていましたが、どうもこのままだと日本の二の舞になってしまいそうです。

良い所を真似するならともかく、悪い所までコピーしなくていいのにね。

中国が真似したドラえもん

中国恒大の破綻による急激な景気の悪化は、日本のバブル崩壊を彷彿させます。
地価や株価の下落を機に物価上昇率のマイナスが続くなら、それは確かにデフレと言えます。
しかし、それはバブルで無理に持ち上げた分が元に戻るだけで、デフレ自体が何か悪さをしているわけではありません。

債務は膨張と収縮、好景気と不景気のサイクルを形成するので、実体経済が正常な状態であれば底を打ったあとに再び上昇を開始します。
けれど、高齢化で経済活動が萎んでいたり、金融緩和や財政出動で無理に景気を持ち上げると正常な循環が失われてしまいます。

不況になれば、企業は自社のサービスを見直し、非効率な産業に従事していた労働者は失業して新しい産業へ移動します。
反省して仕事を改善する時期が不況であり、それを景気対策で奪ってしまったら経済が発展しないのは当たり前でしょう。

以前にその失敗をしたのが、私達の住む日本。
行き過ぎた福祉政策によって少子高齢化を推進し、将来を担う子供が生まれなくなってしまった。
ゼロ金利や補助金で採算が取れない企業を保護したために起業が減り、グローバル競争に勝てなくなってしまった。
社会主義の大きな政府が自然のサイクルを歪めたために、この国は成長しなくなったのです。

アベノミクスの結果

中国は一人っ子政策を行い、人為的に少子高齢化を進めました。
さらには不動産バブルを放置して莫大な債務を膨らませた上で、コロナパンデミックを機にバブルは完全に崩壊。
潰れるべき企業を政府権力で保護し、恒大集団ですら完全なデフォルトに至っていません。

子供を減らして、高齢化を推進。
さんざんバブルを膨らませた途に破裂させ、金融緩和によって不況で淘汰されるべき企業を延命。
まさにかつての日本と同じ道を辿っています。

中国共産党が賢明なら、景気刺激策はほどほどにして打ち切り、潰れるべき企業は潰すでしょう。
米国のようにQEとQTを繰り返すなら産業の新陳代謝が進むので、復活の日も遠くないかもしれません。

しかし、日本のように緩和が常態化してしまったら、衰退は決定的になります。
「不景気になったら政府が助けてくれる」と役人に依存しきった企業や失業者は自助努力を止め、新しい産業を興さなくなっていくでしょう。

バブルの失敗を反省もせず異次元緩和で再度バブルを作ってしまっている愚かな国をぜひ反面教師にして、同じ過ちを繰り返さないようにしてほしいものですね。

⇒第二のバブル崩壊はすぐこそに迫っている!

金融緩和や政府支出は繫栄の道
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

中国にも就職氷河期が到来しましたね。「私たちは死人だ」中国の若者がSNSに続々投稿「ゾンビスタイル」流行しているそうです。

2023-07-23 14:49 | from ボバフェット

Re: No title

バブルで雇いすぎたからその反動で失業者が増えたのに、誰もそれを理解していないんですよね。
仕事なしで生きられるならそれはそれでいいんですが、自分で探しもせずに「政府は仕事を作れ」と迫るのはタチが悪い。
きっと今の若者も無駄な景気刺激策を要求して、次の失業者を生み出すのでしょう。

2023-07-23 15:04 | from 幸福賢者

久しぶりだな。G7では米国とドイツが成長率がよく、他のG7は同程度だろう。つまり、中国は日本化するというが、正確には並の成長になるということだ。日本化を強調して、ミスリードと言えるだろう。

2023-08-05 07:45 | from 匿名

Re: タイトルなし

相変わらずストロー君はイメージ先行で、実際の統計を見てないね。
G7の2022年成長率は、他の4国>米国>ドイツ>日本。
日本とは全く違う状態。

2023-08-05 08:41 | from 幸福賢者

君は相変わらずだな。成長率は断面図ではなく長期で見るもの。そして、生産者がどれくらいの額を生み出したか?でみないといけない。生産者というワードを知っているかい?それとも反緊縮と同じで、消費者というワードしか知らないのだろうか笑笑

2023-08-05 08:54 | from 匿名

この説明だけでは君は分からないのだろう。少子高齢化を考慮すると、生産者の観点で見なければ日本は他の国より低成長に見えてしまう。それが分からないのならば、君は反緊縮と同じだよ。

緊縮と反緊縮はお金しか見えていないから、同じなのだよ。ストローマン君よ。

2023-08-05 08:57 | from 匿名

Re: タイトルなし

なるほど、生産者の額しか見えないストロー君はお金しか見えていないのね。
いや、G7におけるドイツや米国の順位も知らないから、お金すら見えていないのか。
少子高齢化は生産に直結するから、現実を見なさい。

2023-08-05 16:22 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

ストロー君はなぜ自分がストローマンと呼ばれているのか気づくべきだね。
日銀はお金の量を調整することはできても、労働者が行う生産をコントロールすることはできない。
日銀のお金の話に対して「生産ガー!」と言いがかりを付けたところで、論旨のすり替え、ストローマン論法にしかならない。

日銀がいくら国債を買ってお金を増やしたところで、日本人の生産に貢献することはない。
この二つの区別が付かないなら、君の思考はハンキンと同じなんだよ。

2023-08-05 16:42 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1910-d3d230e0