fc2ブログ

ナンピンと分割トレードは全然違う - 貴方を幸福にするFXブログ

ナンピンと分割トレードは全然違う

募ると募集は違う安倍総理
何が違うの!? (T_T)

どうも、ナンピンを繰り返して含み損を9000万円まで膨らませた爆損Youtuber賢者です。
このままロスカットしたくないので、人工呼吸器で死にそうアピールを配信して、視聴者のスパチャで損失を補填します。

「下手なナンピン素寒貧」

という相場格言があるように、無計画なナンピンは一歩間違えれば破産しかねない悪手です。
安値で買い増せば購入平均価格を下げることはできますが、さらに下落が続けば際限なく傷口を広げてしまうからです。

実際に「損切せず耐えていればいつか助かる」と豪語してドル円のナンピンを繰り返したFX芸人は、含み損9000万円超えで破産寸前。
トラリピでユーロ円ショートナンピンを続けた投資家は、円安トレンドで強制ロスカットになっています。

まさにナンピンは地獄への片道切符
絶対にやってはいけない・・・と言いたいところですが、必ずしもそうとは言い切れない。
なぜなら、ポジションの分割には利点があり、きちんと資金管理すれば損益を安定させることができるからです。

無計画なナンピンは禁じ手ですが、計画的な分割トレードは相場において有効な武器になります。
この二つは似ているけれど全く違うので、区別できるようになってください。

兎と猫が似てる

エセ賢者はエントリーした後に気分で行うナンピンを禁止していますが、分割トレードは毎日のように行っています。
単発トレードから分割トレードに移行することで、FXでドローダウンを抱えている期間が短くなりました。
「俺が買ったらさらに下がるし、売ったらさらに上がる」と悩んでいる方は、ぜひこの分割トレードを習得するべきだと思います。

分割トレードとは、名前の通りポジションをいくつかに分けてエントリーすることです。
例えば自分の資金量からドル円の保有枚数を計算し、9ロットまでポジションを取れることになったとしましょう。

140円まで下がった時に9ロット仕込むこともできますが、まだ下がる可能性を考えて3つに分けます。

①140.00円 3ロット
②139.75円 3ロット
③139.50円 3ロット


あるいは、安い方に重みを付けて取得単価を下げることもありますね。

①140.00円 2ロット
②139.75円 3ロット
③139.50円 4ロット


猫賢者はいつも落ちるナイフ掴んで派手に出血していますが、こうやってエントリーを分散すれば落下の衝撃を和らげてふんわり受け止めることができるようになります。

ところが、これを聞くと、

「そんなの下手クソYoutuberのナンピンと同じで、ポジションと含み損が膨らむだけじゃん!」

と言って否定する人がいます。
しかし、それは違うと言わせてもらいたい。

FX芸人が破産するのは、無計画なナンピンで必要以上にポジションを膨らませ、損切りを遅らせるからです。
分割トレードは最初からポジションサイズやロスカットラインを決めているので、想定以上に建て玉や含み損が拡大することはありません。

無計画なナンピンの場合、最初から大きなポジションを取った後にそれと同等以上の玉を追加するので、含み損で実効証拠金が減った上に大きすぎるポジションを抱えることになります。
その場合レバレッジが高くなり、少しの値動きで強制ロスカットまで墜落してしまいます。

暴落時のナンピン買いで破産

一方で分割トレードは最初は小さくエントリーするので、ポジションを追加する際のドローダウンもわずかで済みます。
最後まで追加しても計画通りのポジションサイズなので、極端にレバレッジが高くなることもありません。

・下手なナンピン 9枚買う→9枚買う→ヤケクソでもっともっと買う→破産

・分割トレード 2枚買う→3枚買う→4枚買う→計画通り利確or損切

もちろん、分割だからといって価格が下がる度に買う必要はありません。
1弾目がヒットしても値動きが良くなければそこで撤退することもあるし、2弾目以降がヒットしなくても値動き次第で追撃することもあります。
価格ではなく時間で分散して、数日に分けて買いを入れることもあります。

無計画なナンピンがなぜ悪いのかわからなければ、含み損をアピールしているFX配信者を見てみましょう。
彼らは数千万円~数億円のポジションを持っていますが、エントリー前からそんな巨大なポジを持つこと想定していたわけではありません。

最初かは軽い気持ちで数百万円程度のポジションを持って、それが含み損になってしまったから救出するために別動隊を出動。
ナンピンが成功すると微小利確で逃げて、逃げられなくなった分を放置した結果、とんでもない金額に膨らませてしまっています。
どこまで損失を許容するのか決めずに今の損から逃れるためにポジションを追加するから、無限に損失が拡大してしまうのです。

相場で生き残るためには、資金管理が必須です。
資金管理とは大数の法則が成立するまでトレードを継続できるように損失を限定することであり、そのためにはポジションサイズとロスカットラインを設定しなければいけません。

用量をきちんと守った分割トレードはトレードの安定性を高めてくれますが、感情のままにポジションを膨らませるナンピンは口座を崩壊させます。

事前に入念な作戦を立て、勝敗に関係なく作戦通りに撤退するのが本物のトレーダー。
含み損になったからといって後からポジションを追加するのは、頭のおかしいギャンブラーです。

⇒トラリピの含み損は指数関数的に増大する

ナンピン倍プッシュ
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

FXではないですが、BLVとTMFナンピンしてしまっていました…いつのまにか資産の半分に迫る勢いです…
利下げで戻るとは言われてますが、まだ未経験の世界なので不安がいっぱい…初めから損切り決めておけば…😭

2023-08-12 17:35 | from 匿名

Re: タイトルなし

投信や株でもやってしまいますよね。
安くなったら買いましてしまうのは人間の本能なので、これ以上は絶対に買わないと決めておきましょう。

利下げで短期債は戻るはずですが、正直インフルエンサーが熱心に米国債を勧めている現状は怪しいと思っています。
現在米国債の発行額は増えており、長期的に財政悪化やインフレが進むのであれば10年債や20年債がさらに下落するのは十分あり得るかと。

2023-08-12 17:44 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1915-3a0a3b8d