fc2ブログ

まだリフレ派に騙されてるの? インフレ推進と物価高対策を同時に行う矛盾した国 - 貴方を幸福にするFXブログ

まだリフレ派に騙されてるの? インフレ推進と物価高対策を同時に行う矛盾した国

デフレ脱却と物価高から国民生活を守る
矛盾しとるわ! ( ノД`)

どうも、インフレは推進するが物価高は避けたいエセ総裁です。
物価を上げながらに物価を下げる方法ってないんでしょうか?

岸田政権は異次元緩和(インフレ誘導)と物価高対策(インフレ対策)を同時に掲げていますが、完全に支離滅裂ですね。
放火魔が「放火は続けるけど家は冷やすよ!」と言ってるようなもんです。
「放火を止めろ」って、小学生でもわかる結論にしかなりません。

なぜ1ドル=150円を超える急激な円安になって、インフレで日本国民が苦しんでいるのか?
それは日本政府が日銀から借りた金をばら撒いているからです。

・量的緩和(財政ファイナンス):日銀に金を借りること
・財政出動:政府が金をばら撒くこと

異次元緩和だのYCCだの難しい言葉を使って国民の理解を妨げていますが、本質は至極単純。
紙幣増発しているから。
銀行から金を借りて返さないから円の価値が低下し、円を持つ国民が割りをくっているだけです。

岸田バラマキ

一番金を借りているのは日本政府ですが、金融緩和にかこつけて日本中の企業や外資までもが円を借りて円安インフレを加速させています。
世界一の投資家ウォーレン・バフェット率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイは低金利の円建て社債を発行し、株式など金融資産に投資して利ザヤを稼いでいます。

・ゼロ金利:極端に金を借りやすい状態

日銀が『極端に金を借りやすい状態』を維持している限り、紙幣増刷や円キャリートレードによって円安が進みます。
円安になれば輸入品を中心にインフレが進み、日本国民の実質賃金や実質貯蓄が減少します。

岸田政権が国債を財源に給付金をバラまいたところで、火に油を注ぐだけ。
インフレという火がさらに燃え上がり、日本人は焼き尽くされるでしょう。

ではどうしたら物価高から国民を救えるのか?
金融緩和を止めるしかありません。
政府と日銀が放火を続けている限り燃焼が続くんだから、放火魔を牢屋に入れるしかないでしょう。

既にみんな気づいていると思いますが、デフレ脱却は全く無意味、それどころか極めて有害な政策です。
インフレにしたところで経済成長なんてありえないし、円が暴落してスタグフレーションに陥るだけです。
日本人は10年以上もの間、ずっとリフレ派に騙されてきたのです。

日本経済を破壊したのは1990年頃のバブル崩壊であり、バブルを生みだしたのは日銀の金融緩和です。
経済が停滞したのはデフレが原因ではなく、金融緩和でゾンビ企業を延命させ、産業の新陳代謝を妨害してきたからです。

何度もバラマキで経済を悪化させながら、今度はさらにエスカレートした異次元緩和によって円の暴落を引き起こしました。
金融緩和という諸悪の根源を絶たない限り、日本の復活はありません。

日銀黒田異次元緩和後の物価と実質賃金

金融緩和は麻薬のようなもので一刻も早く止めなければいけませんが、それを掲げる政治家や政党は皆無に近い。
なぜなら、『金を借りやすい状態』に依存した利権連中が権力を掌握しているからです。

緩和を止めれば、放漫財政を続けてきた日本政府は財政破綻し、放漫経営を続けてきた企業も倒産します。
円キャリートレードで儲けていた外資も、円高で大打撃を受けます。
アベノミクスの円安バブルは破裂し、株価や国債は大暴落します。

それでも薬物中毒を止めた者は英雄として称されるべきですが、日本では逆に戦犯として扱われます。
1990年頃に日銀は金融引き締めでインフレという人災を未然に防ぎましたが、株価の下落しか見ない国民は逆に日銀を叩きました。
因果関係を理解する脳のない国民には、火災を広げた者ではなく、火災を止めた者が廃墟を作ったように見えるのです。

植田新総裁には通貨の番人として金融緩和からの脱却を進めてくれるように願っていましたが、期待は完全に裏切られました。
緩和中毒のリフレ派によって支配されたこの国は、円が炭クズになるまで放火を止めないでしょう。

⇒財政ファイナンス(マネタイゼーション)はなぜ禁じ手なのか

異次元緩和は円を紙屑にする日銀黒田
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1937-1407c7d4