fc2ブログ

海外FX業者・国内FX業者の危険性を30秒で判別する方法 - 貴方を幸福にするFXブログ

海外FX業者・国内FX業者の危険性を30秒で判別する方法

東京の水は核汚染の味がする
どうやって判別してるの!? (T_T)

どうも、ガイガーカウンターを近づけると警告音が鳴り出す放射性賢者です。

相変わらずインフルエンサー・国内業者のアフィリエイターは「海外FX業者は全て詐欺!」みたいな印象操作を行っていますが、日本以外の人々(79億人)は全て詐欺業者を使っているんでしょうか?

GEMFOREXのようなクソゴミ詐欺業者は論外ですが、日本企業だからといって安全とは限りません。
業者の信頼性を所在地で判断するのは間違いです。

日本経済が崩壊した時に備えて、海外の証券会社に資産を置いている投資家も多い。
命の次に大切な種銭を預ける前に、その会社が安全か個別に調べましょう。

しかし、クチコミやライセンスをひとつひとつ調査して証券会社の安全性を確かめるのは大変ですよね?
そこで、今回は手っ取り早い方法を共有したいと思います。

30秒で業者の安全性を調べる方法とは・・・WikiFXです。

WikiFXは、国内外問わず証券会社・FX業者をまとめたサイト。
業者名で検索すれば、その業者の信用スコア・規制・ライセンスが表示されます。

WikiFXで海外FX業者の危険性を判断

例えば、海外証券会社で最大手のXMは8.13。
オーストラリア政府の規制に従って運営され、金融ライセンスを取得していることがわかります。
日本のヒロセ通商やSBIネオトレードは8.10・8.09なので、国際的に見れば同程度の信用力があると判断できます。

もちろん、このスコアは1サイトの主観的な判断であって、絶対的な評価ではありません。
証券会社から金をもらってゲタを履かせている可能性もゼロとは言えないので、スコアの高い業者だからといって盲目的に信じてはいけません。

しかし、明らかに危険な業者を省くには使えるでしょう。
例えば、派手に出金遅延した倒産したGEMFOREXのスコアは2.88。
コピートレード詐欺で大きな被害を出したアサシンFX(ASN-FX)に至っては0.27で、『疑わしいライセンス』『疑わしい事業範囲』『ハイリスク』と表記されています。

スコアが低くライセンスがなかったら、それは避けるべきと判断できますね。
気になった業者があればまずはWikiFXで検索して、最低限の足切りを行いましょう。

また、WikiFXには『被害報告』の項目もあります。

「出金できない」

「利益がキャンセルされた」

「不当なスリッページがあった」

など過去に生じた問題が掲載されています。
故意に悪評を流す場合もあるので鵜呑みにはできませんが、自分が使っている業者はチェックしておいた方がいいでしょう。

証券会社に限らず、世の中には悪質な会社も誠実な会社もあります。
これまでまともだった業者が豹変したり、資金繰りに困って倒産したりすることもあります。

「国内業者だから大丈夫」や「有名人が勧めているから大丈夫」などと思考停止せず、色々な情報を集めて総合的に信用力を判断しましょう。

なお、国内業者の口座開設にはポイントサイト、海外業者の口座開設にはキャッシュバックサイトを使いましょう。
有名なYoutuber・トレード配信者・サイトのリンクから開設すると、あなたに還元されるはずの手数料がインフルエンサーの収入になってしまいます。

国内業者用のポイントサイト ⇒ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

海外業者用のキャッシュバックサイト ⇒FXRoyalCashBack



⇒海外FX業者を執拗に叩くインフルエンサーの詭弁
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1952-598e4312