fc2ブログ

投資初心者はインデックス投信と個別株のどちらを買うべきか - 貴方を幸福にするFXブログ

投資初心者はインデックス投信と個別株のどちらを買うべきか

天才ではないがお前らは大したことない
天才に勝てるわけないだろ! (*`・з・´)

どうも、天才というより天災に分類されるエセ賢者です。

投資番組でテスタ氏がインデックスより個別株を勧めていましたが、あれは「一度大損して投資を学べ」ということなので、初心者がちょっと銘柄分析をしただけで儲かるというわけではありません。

個別株とインデックスのどちらの方が稼げるのか?
それはあなたのレベルによって異なります。
なぜなら、資本主義は少数の勝者と多数の敗者によるヒエラルキーを生み出すものだからです。

例えば、現在世界最大の企業はアップル(Apple)で、時価総額は約3兆ドル。
次点としてマイクロソフトやアルファベット(Google)などが続きます。

世界には星の数ほどの企業が存在しますが、大きなシェアを獲得して頂点に立つ企業はほんの一握り。
市場は有象無象ではなく選ばれた勝者に投資するので、階層の上下で株価は大きな差が生まれます。

30年前にアップルやマイクロソフトが大きくなる前に投資できていれば今頃は億万長者になっているでしょうが、天才ならぬ凡人賢者にその成長性を見極める力はありませんでした。
将来の成長企業を見抜くことができればあなたも一攫千金が狙えますが、そのためにはウォーレン・バフェットや井村氏のように事業内容や財務状況を精査する努力と才能が必要になるでしょう。

これは有名なS&P495のグラフ。
S&P500から上位の5社を除いた場合の株価の上昇率です。

SP495の株価上昇率はTOPIXと同レベル

米国株は日本株より強いと言われていますが、上位5社を除くとTOPIXとパフォーマンスは同レベルになっています。
これを根拠に「米国株はたいしたことない!」と言う人もいますが、その解釈は間違っています。

米国企業にも日本企業にも上位と下位がいて、上位を故意に抜けば成績はガタ落ちになります。
市場参加者のマネーは上位企業に集中しているのだから、お金が入ってこない残りの495社の株価が冴えないのは当たり前でしょう。
むしろファストリや東エレなどトッププレイヤーを含んだ上で負けている日本市場は、他国に比べて弱すぎるくらいです。

S&Pの500社も日経の225社も市場全体から見れば負け組ではなくその国の上位集団で、その下には無数のパっとしない企業があります。
上位の企業でもたいして株価が上がらないのなら、その他の中小企業の株価は言うに及ばず。

「新NISAで日経が上がってるし、適当に買っても儲かるやろ!」

と思って初心者が宝くじ感覚で株を買ったら、極めて高い確率でハズレを引くことになります。

運勢が悪すぎる

個別株は、無数のハズレくじから一握りの大吉を探すようなもの。
たまに大化けする株がある一方で大半はいまいち株価の上がらない企業なので、あなたに眼力か強運がなければ成果は出ません。

一方でインデックス投資は、必ず大吉が入っているクジを箱まるごと買うようなもの。
企業の恩恵にあずかることはできますが、それ以外の多数の企業にも資金が分散されるので利益は薄まってしまいます。

目利きに自信がない人は、素直にS&P500やオルカン、ナスダックの投資信託を買うのが無難でしょう。
エセ賢者は米国のリセッションが来たら、NISAでVOO(S&P500)かQQQ(ナスダック100)を仕込もうかと思っています。

⇒【寝てるだけで年利10%超え!】 これより優れた積立投資があったら教えてくれ!

運を試すおみくじ
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

個別株、難しいですよね笑
「低PER・PBRかつ高ROEの会社を買え」と言われますが、そんな会社でまともな会社があればすぐに買われまくって値上がりしてしまいます笑

最近投資をやってる中で、やっぱインデックスファンドを買って放置する戦略は、なんだかんだで頭使わないしコスパもいいしで、強いと再認識しましたね笑

ただ、インデックスだけだとつまんないので、個別株・債券・コモディティ・リートなどいろいろ手を出してしまってます笑笑
(あんまり儲からないですけどね..)

2024-01-25 14:18 | from にありぶ

Re: タイトルなし

低PER・PBR・高ROEって実力のわりに買われていないってことなので、何か問題を抱えている可能性が高いんですよね。
運良く見つかっても、落とし穴がないか調べるのが大変そうです。

インデックスファンドが成り立つのも、アクティブ投資家が企業価値を正しく審判してくれるおかげ。
色々なものにお金を出してくれる投資家に感謝して、その恩恵を享受しましょう。

2024-01-25 15:50 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1957-75a7c3d0