fc2ブログ

【S&P500とオルカン比較】新NISAでどちらの投資信託を買うべきか - 貴方を幸福にするFXブログ

【S&P500とオルカン比較】新NISAでどちらの投資信託を買うべきか

罪の画像を選択してください
判断が難しい!(つД`)ノ 

どうも、爆弾テロで指名手配されてから海外逃亡を続けていた桐島賢者です。

前の記事では新NISAで日本株より外国株の投資信託が売れていることを説明しました。

⇒【新NISAおすすめ投資信託】 S&P500・オルカンを買った日本人の未来は?
現在最も多く投資されているのは、この二つの投資信託。

①eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
②eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)


どちらも優秀な金融商品ですが、二番が許されるのは民進党の議員だけ。
一番優れた投信はどちらなのか、白黒付けましょう。

二つの投信でどちらかを買わなければいけないとしたら、猫賢者はどちらを選ぶか?
結論から言うと、地球を丸ごと買う①オルカンです。

地球外の猫

この回答に対してちょっと投資に詳しい人なら、

「過去の履歴ならS&P500の方がアウトパフォームしてるのに、オルカンを選ぶエセ賢者の米国嫌いは困ったもんだな!」

と考えるかもしれません。

確かに過去20年間の実績において、②は①を上回ってきました。
FRBの緩和によって暴落時の立ち直りも早かったので、運用成績だけ見れば②を選ぶのが正解になります。

オルカンとSP500の成績比較

しかし、オルカン賢者はこう考えます。

この先もずっと米国一強状態が続くとは限らない。
過去には約15年の周期で新興国株のブームが来ているので、他国が米国を上回る時期が来てもおかしくない。
そして、仮に米国一強が続いたとしても、①と②の差は縮まっていくと。

なぜ①と②の差が縮まるのか?
それは、①も②も時価総額.加重方式により算出される株価指数だからです。

オルカンは日本を含む23の先進国・地域と24の新興国・地域の株式で構成されていますが、その60.%は米国株です。
日本株も僅かに含まれていますが、その割合は5%程度。

構成銘柄の上位は、

・アップル
・マイクロソフト
・アマゾン ドットコム
・エヌビディア
・アルファベット
・テスラ


といった誰でも知ってる超有名な米国企業ですが、これって当然S&P500の構成銘柄にも含まれていますよね?
つまり、①と②のどちらを選んでも投資する企業の大半は同じなのです。

なぜオールカントリーなのに、米株の割合が大きいのか?
それは、米国企業の時価総額が大きいから。
米国の株価が他国を圧倒するほど、オルカンの米株比重も増加する。

つまり、

「米国の覇権が継続するほど、オルカンのパフォーマンスは米国株(S&P500)に近づく」

という性質があるわけです。

米国株価指数10年チャート

かつては米国株の比率が低い状態で米国株が堅調になったので、①は②に劣後しました。
しかし、現在は米国株の比率が高くなっているので、さらに米株が強くなっても以前ほど差は付きません。

既に6割が米国株である以上、どんなに米国が独走しても2倍の差が出ることは理論的にあり得ない。
極端な話、世界大戦が起きて米国を除く全ての国が壊滅すればオルカン=米国株になるので、①と②の成績は殆ど同じになります。

「情勢が不安定で法整備が整っていない新興国はクソ!米国様が最高だ!」

というアメポチさんであっても、オルカンに投資していいということですね。
他国が含まれているから短期的な利回りは負けるとしても、長期的には米国に投資することになるんですから。

オールカントリーとは言っても、インデックスファンドは株価の上がった企業を組み入れて、下がった企業を外していきます。
米国株が上がればその比率が上がり、他国の方が強ければそちらの比率が上がります。
この先インドなどアンダーサウスの株が盛り上がってくるなら、S&P500を超えるパフォーマンスを出すことも十分あり得ます。

反リフレ賢者は放漫財政の国は将来的に沈没すると考えているので、日本にも米国にも期待していません。
しかし、まだまだ米国が覇権国であることは揺るぎない事実なので、米国を投資先から外すこともできません。

米国株が最強なら、その恩恵を得られる。
G7の勢いが衰えて新興国のターンが来たとしても、長い目で見ればその恩恵が受けられる。
時代に合わせて最適な投資先を選んでくれるオルカンこそ、長期投資の最適解であると考えます。

もちろん仮想通貨など、もっと利回りの高い金融商品はいくらでもあります。
レバナス賢者はオルカンよりもむしろボラの高いナスダック100を買いたいと思っています。
(それだとこの話の意味ないじゃん!)

けれど、オルカンとS&P500なら、オルカンの方が米国と新興国の両方に期待できる分だけ優秀。
将来的にどこの国がトップになるかなんてわからないのだから、地球全土に投資する方が無難だと思います。

⇒投資初心者はインデックス投信と個別株のどちらを買うべきか

地球を支配する猫
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

久しぶりだな。私の経験則でしかないが心理戦を読めば読むほど、資産は溶ける傾向にあるだろう。何も考えたくないのならば、手持ちの現金はオルカンに突っ込んでおけばいい。

2024-01-29 21:47 | from 匿名

Re: No title

下手の考え休むに似たり、とはよく言ったもの。
投機は素人のポジを狩るように動くので、全部オルカンに突っ込んで口座を見ないのが一番良いのかもしれない。
実際は途中に心配になって、9割の人が途中売却してしまうけど。

2024-01-29 21:51 | from 幸福賢者

オルカン、わざわざリバランスしてくれてるのに手数料低いの最高ですよね
あと、米国以外の国の通貨も買っているので、為替リスクが低減されているところも良いですね
(もっとも、現在は先進国が軒並み高金利状態なので為替リスクが低減されているのかはなんとも言えませんが...)
ただ、オルカンは現時点では新興国特にインドの比率が低いので、オルカンと別枠でインドなどの株を買っています〜

2024-01-30 20:18 | from にありぶ

Re: タイトルなし

これだけ分散してリバランスしてくれるのに信託報酬が低いって、すごい商品ですよね。
私もインド株は注目しています。
人口ボーナスが2050年ぐらいまで続くので上がるのは確定していますが、既に割高なのが残念。
どこかで押し目があればインド株投信を買いたいのですが、チャンスが来るかどうか。

2024-01-30 20:31 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1958-6888e614