FC2ブログ

買い手と売り手 一人では売買は成立しない - 貴方を幸福にするFXブログ

買い手と売り手 一人では売買は成立しない

洗剤もつける
オマケをつければ契約が取れるのか?

商売は一人では成立しません。
まず製品やサービスを売る人がいて、その上で買う人が現れれば、売買が成立します。
当たり前のことですが、投資家の多くはそのことを忘れているようです。

株やFXといった先物市場は実際に物を売り買いしているわけではありません。
電子取引が殆どなので、顔を合わせて売買することもありません。
しかし、お金を通した売買である為、必ず買い手と売り手が存在します。
マウスクリックで注文が成立するといっても、一人で完結しているわけではありません。

取引量の少ない株式の売買すると、それを実感することができます。
買いたいと思っても、株を売ってくれる人がいないと約定しません。
一部だけ約定したり、先約の指値に取られることもあります。

FXの場合、注文が約定しないことはまずありません。
取引量が非常に多く、流動性が高い為、成行でも少々のスリッページを我慢すれば注文が刺さります。
そもそも銀行は、ほぼ無限に両替ができるわけだし。

それでも、一人で売買が成立しているわけではありません。
FXは一応インターバンクに注文を流し、外貨の両替を行う取引です。
FX業者とバンクを仲介して、投資家同士が売買をしていることになります。
仮に呑み業者で注文を流さなくても、業者相手に取引しているわけです。

しかしながら、長いことFXをしていると、段々そのことを忘れていきます。
株式の現物と違って注文が成立しないことがない為、売買をしている実感が薄れていくのです。

Lボタンをクリックすれば、買いの建玉ができます。
Sボタンをクリックすれば、売りの建玉ができます。
こんな単純な操作で、商売をしている自覚が芽生えるほうがおかしいでしょう。

けれど、実際に売買は行われています。
貴方が買った玉は、以前誰かが売ったものです。
貴方が売った玉は、誰かが買い取っていきました。

それなのに、殆どの投資家はそれを理解していません。
自分が買った株券はどこからか湧き出したもので、自分が売った株券は勝手に消滅したものと思い込んでいます。
ポジションはボウフラじゃないというのに。

株式をイメージするとわかりやすいので、想像してみてください。
貴方が買ったということは、誰かが売ったということです。
売ったということは、売り手はそれが値下がりすると思ったということ。

貴方が売ったということは、誰かが買ったということです。
買ったということは、買い手はそれが値上がりすると思ったということ。

投機の世界では、反対の思惑を持った投資家同士が売買して、玉をぶつけあっています。
実に面白いと思いませんか?

下がると踏んだものを押し付けられているのか?
それとも、相手は貴重なものを二束三文で手放しているのか?
さてさて、どっちでしょうかね。

買い手がいなくなった銘柄は暴落し、売り手がいなくなった銘柄は暴騰します。
「こんなゴミ株なんか、1円でもいらねーよ!」
と思って皆が売り始めたら、ホントにゴミになるわけです。
実際はいくらか下がった時点で買い手が現れるので、そこで下落が止まるのですが。

チャートの動きは一見ランダムに見えますが、「いくらなら買える」という買い手の意思表示であることを忘れないでおきましょう。

売買は売り手と買い手の合意があって、成立します。
貴方が一人でゲームをしているのではなく、相手にも相手の思惑があるのです。

顔も見えない貴方の商売相手は、一体どんな人でしょうか?
異国の投資家?
それとも大手のファンド?
もしかしたら円転を望む輸出筋や、自動売買プログラムかもしれない。

自分が誰と取引しているのか?
相手が何を考えているのか?
想像してみるのも、面白いかもしれませんね。

宇宙人
まさかインキュベーターだったとは。

<合わせて読みたい記事>
⇒元手ゼロからリスクなしでFXを始める方法
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-05-07 20:32 | from -

Re: ごーるでんのため

> ごぶさたです。席はずしてました。幸福賢者さん、、、もしよければ国債と生産のむすびつきを、おしえてください。

2005年までは国債も国内総生産も右肩上がりだったが、
今は国債が増えるばかりで、GDPは横ばい。
つまり、何の相関も見られない。
こんな答えでいいのだろうか?

2014-05-07 21:34 | from 幸福賢者

ありがとうございまっす。

去年、、、

日銀が貨幣を発行しても国民や政府に配るわけではないので、最初に流通する貨幣は誰かが借金して使う必要があります。
日銀が銀行に貨幣供給→国民が銀行から借りて経済に流通→負債者が労働を通じて経済から貨幣を回収し返済、というのが基本的な貨幣循環です。
この事から、国民が保有している金融資産は全て借金である事がわかります。
借金は信用で行うものなので、貨幣は信用で成立してるとも言えますが、これは貨幣価値を守るためです。
貨幣の価値は生産物と交換できる事にあるので、生産が存在しないと貨幣価値は保たれません。
例えば、桃が10個だけ生産される国で、1兆円の貨幣を用意した所で購入できる桃は10個であり、1個あたり1000億円になると考えられるので、生産物に対して貨幣の価値が減少するインフレ(物価上昇)が起こります。
借金した人だけが使えるのであれば、借金していない人は貨幣獲得のために生産を行い、借金した人も返済のために生産を行うはずなので、借金と共に生産も増加して貨幣価値が守られます。
このため、日銀が貨幣を発行しても借金をチャラという事はあり得ず、出来るのは借金を増やす事だけです。

また、経済では常に貯蓄が発生します。
国民が1万円で売買を繰り返せば、国民所得(貨幣循環)は1万円で維持されますが、ここで貯蓄が発生すると国民所得は減少していきます。
これを循環させるため、金融機関は国民の貯蓄も貸しているのですが、貯蓄以上の借金がないと国民所得は減少する一方です。
返済期限のある借金は返済されますが、返済された資金も再び貸されるので、成長する経済では必ず借金が増加し続け、返済が多い経済は不況になります。
実際に、日本が経済成長していた頃は、以下のように借金が増加していました。

1965年の民間負債:63兆0478億円、政府負債:5兆6803億円
1996年の民間負債:1638兆0468億円、政府負債:468兆3899億円
2012年の民間負債:1340兆4468億円、政府負債:1095兆6344億円

1965年から1996年の国内合計負債増加率は年平均11.67%、経済成長率は年平均9.18%
1996年から2012年の国内合計負債増加率は年平均0.47%、経済成長率は年平均-0.46%
(出典:日本銀行資金循環統計、政府は地方自治体を含む)

日本が本格的な不況になるのは1997年ですが、そこから民間負債は増加しなくなり、経済は完全に停滞しています。
参考に、直近10年間の欧米負債も抜粋します。

米国
2003年の民間負債:40兆1327億ドル、政府負債:7兆1065億ドル
2007年の民間負債:57兆5663億ドル、政府負債:9兆9283億ドル
2012年の民間負債:57兆4788億ドル、政府負債:17兆1825億ドル

2003年から2007年の合計負債増加率は年平均9.33%、経済成長率は年平均5.92%
2007年から2012年の合計負債増加率は年平均2.03%、経済成長率は年平均2.25%
(出典:FRB, Financial Accounts)

EU
2003年の民間負債:22兆2828億ユーロ、政府負債:6兆946億ユーロ
2007年の民間負債:32兆7868億ユーロ、政府負債:6兆9744億ユーロ
2012年の民間負債:33兆5006億ユーロ、政府負債:10兆5294億ユーロ

2003年から2007年の合計負債増加率は年平均8.79%、経済成長率は年平均4.58%
2007年から2012年の合計負債増加率は年平均2.06%、経済成長率は年平均0.99%
(出典:ECB, Euro Area Accounts)

サブプライムローンが崩壊する2007年から状況が一変しています。
民間負債の増加で高成長していた欧米ですが、バブル崩壊で民間負債が減少に転じ、政府負債を激増させました。

日本が20年間も不況に苦しんでいる原因は借金不足である事がわかります。
政府が財政赤字を改善しないのは、借金不足の経済に対して借金を提供するためで、借金する事そのものが景気対策となりました。
民間では、利益を拡大するために借金をするので、不況で予想利益が低下すると、借金してまで投資する事はしなくなります。
一方、事業による利益を目的にしない政府は、国民生活を守るために借金が可能なので、不況になると借金を増加させます。
貨幣不足であれば、日銀が貨幣供給して借りればいいので、政府が破綻する事は考えにくく、不況でも安定して借金する事ができる唯一の存在と言えます。
ギリシャなどが破綻したのは、独自通貨を捨てて欧州中央銀行のユーロを使用していたのが原因で、新たに借金するための貨幣を供給できないと破綻します。
ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマンも、ユーロ危機は存在するが、日本に債務危機は存在しないと断言しています。
http://p.tl/JtG2

政府に増税・歳出削減が求められるのは、民間の借金が激増して過剰投資(バブル)が発生する時で、そのような状況では景気を抑制する必要があります。
また、政府が全ての財源を借金にしてばら撒くと、国民の労働意欲が低下すると考えられるので、政府の借金は不況時の景気対策に限られます。
、、、、財政赤字も預金残高みたいなのですかねぇ~。

2014-05-07 21:51 | from | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-05-07 22:13 | from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-05-07 22:25 | from -

Re: No title

> 今は国債が増えるばかりで、GDPは横ばい。
> つまり、何の相関も見られない。商売や会社が増えるかGDPが少しずつ増えるのかな???こめんとください。

別に何が増えようがどうでもいいことです。
借金は、貸す側にとっては預金。
それ自体は善でも悪でもない。
問題はそれを使って危機を煽り、国民から搾取しようとする存在がいること。

2014-05-07 22:49 | from 幸福賢者

なるほど

いつも楽しく拝見しております、参考になります!

2014-05-08 05:16 | from 諭吉 | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-05-08 07:16 | from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-05-08 11:41 | from -

No title

よぅっ!賢ボウー!
ここはまるで経済マニア様たちの集まりのようで
アホウな私にはとても勉強になります!

私は最近レートも叩いてますが太鼓も叩いてますw

賢ボウは何か趣味はありますかー?

あれ?今日辻さんは?ww

2014-05-08 15:46 | from Ryoko

Re: なるほど

> いつも楽しく拝見しております、参考になります!

実はキュウべえ画像を貼る為に書いた記事だったのですが、
喜んで頂けたなら結果オーライ。

2014-05-08 18:36 | from 幸福賢者

Re: No title

> 国民から搾取しようとする存在がいること。
> 、、、つまり国民全員のお金がたくさん集められてっとり早い。
> 私はいつも寝ている国会議員の数が減ればなぁ~と思います。数が多すぎる!

その何倍もの官僚や補助金受益者がいるのですけどね。
政治家なんて、氷山の一角に過ぎません。

2014-05-08 18:38 | from 幸福賢者

Re: (o^∀^o)

> ぜひ、おまけつきで。むすめは 願いが叶ったまどかキュウべぇがお気に入りです。

これからもキュウべえ画像は増えていきますが、
あまり依存しないようにしましょう。
魔法少女になってからでは遅いんですよ!

私のソウルジェムはとっくに真っ黒だったり。


2014-05-08 18:40 | from 幸福賢者

Re: No title

> よぅっ!賢ボウー!
> ここはまるで経済マニア様たちの集まりのようで
> アホウな私にはとても勉強になります!
>
> 私は最近レートも叩いてますが太鼓も叩いてますw
>
> 賢ボウは何か趣味はありますかー?
>
> あれ?今日辻さんは?ww

私は趣味が多すぎて一日が百時間あっても足りません。
例えば猫とか猫とか猫とか猫とか。

辻さんは非公開メール爆撃に切り替えたようです。

2014-05-08 18:42 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/303-3b821f9a