FC2ブログ

本当の悪人なんかいない - 貴方を幸福にするFXブログ

本当の悪人なんかいない

人々

嫌な人って、いっぱいいますよね。
・何にでも文句をつける人
・お金のことしか考えていない人
・上から目線で話す人
・賢者なんて名乗って、実態が伴わないブロガー

貴方も毎日そんな人と付き合って、不快な思いをされていると思います。
でも、彼らが何故そう行動するのか考えたことはありますか?
もしかしたら、貴方の為を考えて、あえてやっているのかもしれません。

今回は、そんな小学生の道徳のような、どーでもいい話です。

☆野田政権について
実を言うと、私は野田政権が大嫌いでした。
選挙の公約を平気で破り、事業仕分けどころか、何の成果も上げないまま、
消費税の増税を決める姿を見て、腹を立てたものでした。

「なんでこの国では、豚が首相をしているんだろう?」
「さっさと辞めて、人間に代われ!」
「消えろ、売国奴!」

同じ血が流れる人間とは、とても思っていませんでした。
近くに住んでいたら、きっと殴りに行っていたでしょう。

ひどいものですね。
自分が直接被害を受けたわけでもないのに、
他人を目の仇にしていたわけです。
全く、おかしな話です。
テレビの向こうの、全く縁のない人だというのに。

しかし、政権が変わってから、ふと思いました。
「彼は意外と立派な人物ではなかったのか」

おかしいでしょう?
極悪人扱いしていた人ですよ?
民主党が政権を取ってから、いいことなんか殆どありませんでした。
毎日のように社会の不満をぶつけていました。

それがある日、反転しました。
きっかけは、消費税増税のニュースでした。
景気対策を考えて、来年4月の増税を遅らせるかどうか、という内容でした。
どうせ止める気なんかないくせに、議論している振りで、
国民の不満をかわしているのです。
私が散々嫌った豚は、言い切ったというのに。

貴方は言えますか?
「消費税を増税します」と。

消費税は世界で一番の悪税です。
弱者を虐げるばかりか、国を滅ぼしかねない危険な税金です。
増税を告げるのは、
「日本国民は死んでください」
と言うのと同じです。

そんなことを言えば、支持率は急降下。
最悪、暗殺だってありえます。
それなのに、彼は増税を決めました。
自分の政治生命が終わるのがわかっていたはずなのに。

おそらく、あったのでしょうね。
政治生命より大切な何かが。

それはなんでしょうか?

・日本政府の財政破綻?
・日本国債のデフォルト?
・自分の子供が人質に取られていた?

それは本人にしかわかりません。
しかし、何かの理由があったのは確かでしょう。
少なくとも増税なんてせずに、国民の人気を取っていれば、
今ほど没落することはなかったのですから。

実際は、ただの利権目的だったのかもしれません。
本当は朝鮮人で、韓国の利益の為に行動したのかもしれません。
でも、思ったのです。
「もう少し信じてみても、良かったのではないか」と。
どんな相手であれ、自国の首相であった方なのですから。

安倍政権は、彼とは比べ物にならないほど上手くやっています。
株価を上げて国民の支持を集め、中韓に対して領土を主張することで、
国民感情を巧みに操作しています。
消費税の増税も、あえて明言しないことで反発を抑え、
それでいて確実に増税するように下地を作っています。

彼の行為の善悪は、私の語ることではありません。
日本の景気が良くなって、所得が上がるかもしれないし、
金融パニックを引き起こして、日本を滅ぼすかもしれません。

結果なんて、誰にもわかりません。
毒が人を殺すこともあれば、人を強くすることもあります。
行為の善悪なんて、終わってみないとわからないのです。
それは、トレードも一緒ですね。

増税で国民が苦しむかもしれません。
原発で、環境は汚染されるかもしれません。
心無い一言で、貴方の心が傷つくかもしれません。
世界は、暴力でいっぱいです。

でも、その行為が悪であると決め付ける必要はないのです。

私は消費税の議論はただのパフォーマンスだと言いましたが、
本当に国民の為に考えて行動している人もいます。
原発を作った東電も、人々に安価な電力を供給する使命に燃えていたでしょう。
貴方への暴言も、親切心から出た一言だったのかもしれません。

全ての行為が悪意から生じたわけではなく、
たとえ利己的であったとしても、悪意と捉える必要はないのです。

貴方の嫌っている人は、実は貴方の幸せを願っているかもしれません。
そうでなくても、誰か大切な人の為に、自分を犠牲にしているのかもしれません。

それを悪意と決めつけてしまったら、何も変わりません。
しかし、信じることができれば、少なくとも、
貴方がこれ以上傷つくことはないでしょう。
そして、彼らの目を見て、その真意を尋ねることができるのです。
会話が生まれれば、貴方の嫌いだった行為を止めさせて、
お互いに幸福になれるよう提案することも、できるかもしれません。

大事なのは、善悪を評価することではありません。
善意を信じて、行動することなのです。
この世界を善意に満ちたものにするか、悪意に満ちたものにするか、
それは、貴方次第です。

もう少し、世界を信じてみませんか?

クローバー

貴方と周囲の人が、いつも笑顔でいられますように。

まだまだ続きます。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

はじめまして。投資マニアと申します。
ブログ拝見させて頂きました。
勉強できそうな記事ですね。
こちらは、世界情勢、投資関連等のブログをやっています。
少々、堅苦しい感じですが、コメント等で交流出来たら
嬉しく思います。また、お邪魔致しますね!!

クリックしていきます。

2013-09-03 17:34 | from 投資マニア

Re: No title

投資マニア様

応援ありがとうございます。
このブログは一時の値動きではなく、10年経っても読むことのできる普遍的な話を心がけています。
投資でも人生でも、貴方の心に何か残るものがあれば光栄です。

いや、別に堅苦しくはないですよ~。
(ヾノ・∀・`)ナイナイ

2013-09-03 19:03 | from 幸福賢者

綺麗事でしょう
アリすら殺した事のない様な生きていていい善人と、大なり小なり死ぬべき悪人はいます
どれだけ間違いのない生き方が出来るか、それが大事ですね
人間は馬鹿だから善でなければならないのですよ

2014-07-23 23:22 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> 綺麗事でしょう
> アリすら殺した事のない様な生きていていい善人と、大なり小なり死ぬべき悪人はいます
> どれだけ間違いのない生き方が出来るか、それが大事ですね
> 人間は馬鹿だから善でなければならないのですよ

確かに綺麗ごとですよ。
しかし、蟻すら殺したことのない聖人なんかどこにもいません。
間違いを犯すことが悪なら、人類は全て悪人になってしまいます。
悪を憎むより、許すほうがずっと大切なのではないでしょうか?

2014-07-24 18:33 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/34-d8de8013