FC2ブログ

米雇用統計必勝法  - 貴方を幸福にするFXブログ

米雇用統計必勝法 

おもいっきり時期を外していますが、今回は雇用統計等、指標時の必勝法です。
結構有名な方法なので、知ってる人も多いでしょう。

☆指標時の逆指値で必勝

重要指標時、特に月初の金曜日に行われる米粉用統計時は、
急激にレートが動きます。
ドル円70円~80円のときはたいして動きませんでしたが、
100円近くになって、また極端に動くようになってきました。
大きい時は、一瞬で2円以上動きます。

レート指標結果によって上下するので、お偉いさんはともかく、
私達にはどちらに飛ぶのかわかりません。
まさにギャンブル!

しかし、どちらに動こうと、利益を得る方法があります。
それが、指標時逆指値、あるいは指標時両建てという手法です。
両建てはできない業者も多いので、逆指値について話します。

指標発表の数分前に、両方向の逆指値を仕込むのです。

例)ドル円100円で雇用統計の2分前
①ドル円100.2円で逆指値のロングを注文
②ドル円99.8円で逆指値のショートを注文
③指標が発表されて、101円まで吹っ飛ぶ
④100.2円のロングを離隔し、残った逆指値注文を取り消す。


レートが一方向に動くことで、勝手に逆指値が刺さり、
80pips取れるわけですね。
実際はスプレッドがあるので、少し減るでしょうが。

指標時両建ても似たような感じで、片方を逆指値で切り、
もう片方を離隔します。

ちなみに、バイナリーオプションでも似たようなことができるようです。
高値と安値の場外にそれぞれ賭けるわけですね。

この手法を使えば、指標時は全勝!
毎月金曜日はボーナスの日です♪

・・・ちょっと待ってくださいね。
補足がありますので、必ず読んでいってください。


☆指標時の逆指値で必敗

上の記事を見て、
「これは儲かる!」
と思った人は、あまり投資に向いていないかもしれません。
美味い話には、裏があるものです。
人を疑うことも覚えましょう。

何か変だと思いませんか?
指標時に勝てるなら、何故雇用統計前に紹介しなかったのでしょうか?
理由は簡単。
この方法は、結構負けるからです。

「なんだとーーー!!!」
叫ぶ

いつも驚いてくれて、ありがとうございます。
この手法を必勝法と勘違いして、失敗する人がいないように、
公開を避けていました。

実際に逆指値を入れてみると、例の通りには注文が刺さりません。
むしろ、変な刺さり方をします。
トレーダーならご存知の通り、スリッページがあるからです。

指標時は注文が殺到し、しかも偏るため、スプレッドが大きく開きます。
業者によっては、一時的にレートが止まることさえあります。

・固定スプレッドが売りの外為オンラインは、スプレッドを30近く広げました。
・狭スプレッドのDMMは、レートが止まり、取引できませんでした。

スプレッドが開くと、逆指値はすごい刺さり方をします。
100.2の逆指値が、101.1円で刺さるかもしれません。
101円で決済したら、10pipssの損です。

それならまだ良いのですが、逆方向の逆指値が刺さると最悪です
スプレッドのせいで99.8円のショートが刺さり、101円になったら、
いきなり-120pipsを抱えることになります。
業者がわざと不利になるほうを、約定させているのかもしれません。
※実際にやったことがあります

逆指値は指値と違い、いくらでも約定レートが変わりますので、
使用の際は気をつけましょう・

指標時のスプレッドが広がらない業者なら大丈夫では?
と思いますが、お勧めはしません。
今までスプレッドを固定した業者が、急に広げるようになることはよくあります。
仮に広がらなかったとしても、レートが上下に振れたり、
対して動かないときもあります。

指標時のトレードは、ギャンブルと割り切るか、
手を出さないようにしましょう。
チャンスはいくらでもありますから、気にすることはありません。

未来というのは、予測が付かないから未来なのです。
様々な可能性を検証して、どう転んでもいいように行動しましょう。
くれぐれも、ひとつの方法に全財産を投入したりしないように。

経験者からの忠告ですよ♪


死の予感

<次の記事>
⇒雇用統計トレードの失敗事例
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/40-628abca3