FC2ブログ

ネコロマンサーの永遠の命題 猫はなぜこんなに可愛いのか?  - 貴方を幸福にするFXブログ

ネコロマンサーの永遠の命題 猫はなぜこんなに可愛いのか? 

故障した猫
そろそろ修理に出さないとな・・・。

ブログには一切書いていないので誰も知らないと思いますが、エセ賢者は世界屈指の猫好きです。
当ブログには猫画像とか猫記事とかないので、絶対に誰も知らないはずですが。
もしも私が猫を賛美・賞賛するヌコ教教祖だとご存知の方がいたら、きっとエスパーでしょう。

プロフィールが画像が猫っぽい?
失敬な!
あれは未来から来たタヌキ型ロボットですよ。

ドラえもんになりきった猫
ネコじゃなーい。

21世紀から来た自立型ロボットを猫と間違えるなんて、眼科に行ったほうがいいんじゃないですか?
そもそも真面目なFXブログに猫画像なんてあるわけないでしょう。
※ヌコ画像だけで100枚超えました

猫の可愛さは、神が与えたもうた奇跡。
そこにあるだけで場の雰囲気を和まし、人々を癒します。

大きな目、
ふわふわな毛並み、
愛くるしい動き、
ぷにぷにな肉球、
頭からしっぽまで猫は魅力満載です。
こんなにも可愛い動物は、哺乳類でもザラにいないでしょう。

白い服を着た猫

地球人口70億人全てはヌコ教信者であり、猫嫌いな人などただの一人もいません。
だって猫が嫌いな奴は人間じゃないからね!

しかし、そこまで可愛いと、逆に疑問も沸いてきます。

なぜ私達は猫をここまで愛しているのか?

双子猫


とりあえず、
「そこまで愛しているのはお前だけだ」
というツッコミは横に置いて、ちょっと考えてみましょう。

☆猫が宇宙一可愛い理由

①目が大きい
猫の眼は、動物の中でも大きめです。
人間でも目が大きい人は感情表現が豊かで、好意をもたれやすいと言われています。
人間の幼児も目の割合が大きいので、本能的に守りたいと感じるのかもしれません。

②肉球が柔らかい
猫と言えば、足の裏にある肉球。
柔らかいものは自然と好まれます。
実際の役割としては、足音を立てずに獲物に近づくためのクッションなのですけど。

③フカフカの毛並み
猫は綺麗好きな生き物なので、暇があれば毛繕いをしています。
そのためいつ触ってもサラサラで、エセ賢者はいつも抱きつきたい衝動に駆られます。

④柔軟な猫ボディ
猫の筋肉は、他の動物と比べても圧倒的に柔らかい。
吊り上げるとビヨーンと伸びます。
柔らかい体に触りたいと思うのは、男性の性なのか。

⑤鳴き声が可愛い
猫の声は赤ん坊に似ていますが、赤子と違って不快感を生じません。
「ニャー」なのか「ミャオ」なのか「ミー」なのかわかりませんが、とにかく人の気を惹く鳴き声です。

⑥ツンデレな性格
猫は自由奔放な動物ですが、急に甘えてきたりするので侮れません。
箱に入ったり、爪を研いだり、不思議な行動で人の気を引くのが本当に上手です。
意中の殿方を射止めたいと思っている女性は、猫の距離感を参考にしてみたらいかがでしょうか?

ラブリー猫
くそう、可愛すぎる。

とりあえず猫の良い点を分析してみましたが、恐ろしいほど精巧に作られていますね。
とんでもねーな、ヌコ。

人間と猫の関係は深く、紀元前4000年前のリビア猫から人間と共生していたと言います。
ネズミ捕りハンターとして活躍しながら、人間と関係を深めていったとか。
その後何千年もかけて人間に好まれるような進化を行い、今のイエネコになったのでしょうね。

猫はただ可愛いのではなく、それなりの理由があって可愛いと感じられるようになっています。
決してただの偶然で人間に可愛がられているわけではありません。

それと同じように、普段何気なく捉えているものでも、裏では非常に高度な仕掛けが隠れていることが多々あります。

例えば、蚊やゴキブリといった害虫が人間に嫌われるのにも理由があります。
人間側が生存のために害を出す生物を遠ざけようとしているのもあるだろうし、体格の小さい害虫が人間の攻撃から身を守るためにわざと近づきがたい形状をしているのもあるでしょう。

全ての事物は、この世界のルールに基づいた最適な形状をしています。
人間も他の動物も、道具も機械も、社会も経済もです。
いい加減なものやどうでもいいものは、何一つありません。

猫がラブリーなのは、人間からエサをもらうため。
では、人間が猫を好むのには何かメリットはあるのか?

もしかしたら人間側にもそうする理由があるのかもしれないし、ただ一方的に搾取されているもかもしれない。
ひょっとしたら、全ての人間は猫の監視下にあり、フリーネコメイソンによって支配されているのかもしれませんね。

ミクと猫
飼われていたのは、私達のほうだったのか!?

私達の目の前にある多種多様な存在は、全て何らかの理由があって存在しています。
猫も犬も虫も、もちろん貴方自身も。

意味もなく嫌うことも、意味もなく好むこともありません。
真実はいつも感情の裏にあり、感情によって覆い隠されています。

果たしてそれらは何のためにあるのか?
貴方はそれをどうするべきなのか?

暇なときにでも、少し考えてみてください。

猫連結
いつだって、愛は無条件に美しい。
けれど、人間はその理由を考える動物である。
美しさの裏側にある何かに気付いたとき、貴方はそれをもっと愛しいと思えるだろうか?
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

岩合さんいわく
猫の魅力は底なし沼

2014-09-05 05:02 | from バンバン

No title

コメントを入力ください>美しさの裏側にある何かに気付いたとき、貴方はそれをもっと愛しいと思えるだろうか?、、、そう言えばぁ~私もぉ辛いぃ???まぁこの手の話は少し御免。。。話変わってFOREXのFRBインデックスチャートとFXとの互換性ぃ???いや共通性なのか、具体的に何なのですか???

2014-09-05 21:39 | from | Edit

No title

コメントを入力ください
ドルインデックスFRB。BIS?ICE。など出来れば具体的に解説して欲しいです。お願いしまぁ~すぅ。

2014-09-05 21:56 | from | Edit

Re: No title

> コメントを入力ください
> ドルインデックスFRB。BIS?ICE。など出来れば具体的に解説して欲しいです。お願いしまぁ~すぅ。

そのうち気が向いたらやるかも。

2014-09-05 22:04 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

> 岩合さんいわく
> 猫の魅力は底なし沼

猫の魅力は無限大!
可愛いは正義!

・・・何言ってんだ、私は。

2014-09-05 22:05 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/429-b5f70252