FC2ブログ

株とFXの比較 どっちが儲かる? - 貴方を幸福にするFXブログ

株とFXの比較 どっちが儲かる?

サラリーマン
どっちなんだろう?

日本人に人気の二大投資といえば、株とFXです。
投資を始める人は、大体この二つで迷うはず。
個人的には、ポイントサイトのほうが好きですが。

株とFXのどっちがいいのか?

結論から言うと、どっちでもいい

株、FX、債権、商品、どれもトレードの本質は同じなので、貴方に値動きを読み取る能力があればどれでも構いません。

しかし、入りやすさや最低限必要な金額という観点で見るなら、FXの圧勝でしょう。
というか、FX以外はどれも制限が面倒なのです。

<FXが楽な理由>

①24時間営業

FXは、月曜朝のウェリントンから金曜夜のニューヨークまで、24時間休み無く取引が続けられている。
忙しいサラリーマンは日中にしか行われない株式市場に参加することができないが、FXならいつでも取引することができる。

②売りと買いの両方ができる
FXは売り注文と買い注文を、全く同じ要領で行うことができる。
株は信用取引のみ空売りが可能だが、売り禁や逆日歩等で非常にめんどくさい。
個人では大型銘柄以外の空売りが難しいので、下げ相場で株を扱うことが難しい。

③取引手数料がほぼゼロ
FXの場合、殆どの業者でスプレッド以外の手数料がない。
株の場合は各証券会社が定めた手数料がかかる。

③小さな金額から始められる

SBI FXトレードの場合、1ドルから取引が可能。
極端な話、10円からでも始められる。

1単位の取引が何に役に立つのか疑問になるだろうが、ドルコスト平均法などを利用する人は結構重宝する。

④破綻リスクが比較的小さい

会社が倒産すれば、株券は紙クズになる。
通貨は国に依存するので、あまりにも極端な変動をする可能性は低い。
(ただしトルコリラや南アフリカランドなど小国の通貨は例外)
逆に言えば、レバレッジをかけないと一攫千金しにくい。

⑤売買がに成立しやすい

株は売り手・買い手不在で注文が成立しないときがあるが、FXは流動性が極端に高いため平常時の取引はほぼ成立する。

⑥インサイダーが実質的にない

トヨタの幹部が決算前にトヨタ株を買ったら、必ず捕まります。
FXは市場が巨大すぎる為、インサイダーで取り締まることが不可能。
スイス銀行総裁のように社会的に制裁を受けた例はあるが。

⑦決済期限がない

株の信用取引や商品先物は、決済期限がくると自動的に決済される。
FXは自動的にロールオーバーされるため、同じポジションを何年持っていても良い。
そのためポンド円200円とか、ドル円120円とかいう糞ポジを自慢している人が結構いる。

長々と書きましたが、FXというのは、
とにかく敷居が低いのです。
っていうか、株がめんどくさい。

貴方が普通のサラリーマンなら、終業後の欧米時間に大きく動くFXのほうが始めやすいことは間違いないでしょう。

ただし、儲かるかどうかは別の問題です。
貴方にスキルがなければ、株もFXも成功しないでしょう。
逆に貴方が相場の本質をよく理解して幸運に恵まれたなら、どんなときも勝利の女神が微笑むでしょう。

弘法筆を選ばず。
失敗を道具や会社のせいにしてはいけません。
株式やFXが単なるトレードツールであるように、自分の置かれている環境もまたただの一条件に過ぎない。
大事なのは貴方自身の能力と心のあり方なのです。

常に技量と精神を磨き、成長していきましょう。

眼鏡
※道具に過度な期待は禁物です

ちなみに、ポイントサイトはFXより遥かに楽に稼げます(笑)
(この記事の意味ないじゃん!)

・ハピタス
無料登録だけで、数万円は稼げます。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

・ゲットマネー


☆FXで破産する前に読んで欲しい
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

こんばんは。
自分は両方ですが、どちらかというと
株を長期で保有する感じです。でも時の世界情勢は
常にチェック。そして検証を欠かしません。
専業でFXをやっていらっしゃる方のブログを読ませて
頂くと、その厳しさがわかります。
勝てるまでには、相当の検証と努力をしていらっしゃいますね。

>常に技量と精神を磨き、成長していきましょう。
この言葉通りと自分も思いますm(__)m

2013-10-10 20:07 | from 投資マニア

Re: No title

投資マニア様

おお、素晴らしい!
私も見習わなくてはなりませんね。
最近、抜け道を探すほうに注力している気がしますが。

2013-10-10 21:03 | from 幸福賢者

FX、お客が損すりゃ業者は儲かる

 近所の開示版から
 このような書き込みがありました。  http://kuchikomi.miraifx.com/?eid=627083#comments
 n (2012/12/05 5:21 PM) サポートに確認したらFXは顧客とクリック証券の相対取引なので、顧客が損した場合クリックの儲けに全部なる。顧客が+利益になればクリックの全部損になるということだった。銀行間取引していると思っていたのに今後はきちんと取引会社調べて口座開設しようと思う。みんなそうなのかな?
     *   *
 これに関連して、FXする人なら誰でも1度は必ず読み、理解し、納得したはずの、業者の説明書「契約締結前交付書面」から引用します。
●当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。(外為ジャパンFX)
●FX取引は取引所取引とは異なり、相対取引(当社がお客様の注文の受け手となり、それぞれが売り手と買い手となる取引)となります。相対取引ではお客様と当社の利益が相反することになります。 (外為ジャパンFX)
●当社が会員ページにおいて表示している店頭外国為替証拠金取引に係る各通貨の価格は、インターバンク市場に参加している当社のカバー取引先から提供される最新の価格を参照し、当社がお客様向け取引レートとして算出したものです。(GMOクリック証券)
●当社は、SBI リクイディティ・マーケット株式会社がインターバンク市場の実勢外国為替レートに基づいて提示している為替レートに、一定の額を加減した為替レートをお客様に提示しています。(SBI FXトレード)
●株式会社外為オンラインの店頭外国為替証拠金取引は、私と同社との相対取引であり、為替レートが他の情報(テレビやインターネット等)とは必ずしも一致しないことを理解しています。(外為オンライン)
●お客様は当社に対し、外国為替市場の取引レートに基づいて当社が提示する外国為替レート以外の外国為替レートを主張できないことをあらかじめ了承するものとします。(FX24インターネット取引)  
●当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しております。当社が提示するレートはカバー先や同業他社が提示しているレートと一致するものではなく、当社独自の判断により、他社の提示するレートと大きく乖離することがあります。このため、同業他社のサービスを利用した取引と比較して損失が拡大したり、ロスカットが発生したりすることがあります。(みんなのFX)
●「FXブロードネット」は私と貴社との相対取引であり、為替レートが他の情報(テレビやインターネット等)とは必ずしも一致しないことを理解しています。(FXブロードネット)
      *   * 
 どの業者も「当社が勝手に設定したレートを独自に配信しています。これを理解し、納得して会員登録をしてください」と説明しています。レートが違えばインターバンクでの取引はできません。
 「株は仲介取引・受渡決済ですがFXは相対取引・差金決済なので、利益が相反することになり、皆さんが損した分が当社の売り上げになり、皆さんが儲けると当社は赤字倒産します。そこで、目立たないように工夫して当社独自のレートを配信して倒産を防いでいます。投資・資金運用の対象にはなりませんが、スリル満点、充分楽しく遊べると自信を持っていますので、どうぞ当社のFXでたっぷりゲームを楽しんでください」そのように言っていると思います。(本音・欲に目が眩んで、株と同じように投資・資金運用の対象になるとの幻想を抱き、胴元である当社に多額の資金を貢ぎ込んでくれる方がいらっしゃることは喜ばしいことです。加えて「しっかり研究すれば儲けることもできる」と無責任にそそのかしてくれるお調子者もいて、助かります。アフィリエイトという制度を利用して「広告宣伝費勘定」でアジテーターを援助しています。)
      *   *
 「契約締結前交付書面」をちゃんと読むと、業者が説明責任をはたしていることが分かります。
 詳しくはこの人のホームページでどうぞ。
 「FX、お客が損すりゃ業者は儲かる」仕組みの解明と適切な後始末を
http://www.h6.dion.ne.jp/~tanaka42/fx.html
http://www.h6.dion.ne.jp/~tanaka42/fx-2.html コメントを入力ください

2014-02-10 18:10 | from shinsetsu | Edit

Re: FX、お客が損すりゃ業者は儲かる

shinsetsu様

わざわざ親切にありがとうございます。
FX業者が全ての注文をインターバンクに流しているわけではないのは事実です。
うちのブログにも、はっきりそう書いています。
http://valuablefx.blog.fc2.com/blog-entry-155.html

インターバンクを通らないのが何の損になるのかはわかりませんが、
それが嫌ならスプレッドの高い銀行ないし、くりっく365でも使えばいいかと。

個人的に数多ある投資の中でもFXはフェアな部類であり、そもそも投資を行う
以上、そうしたリスクがあるのは当然だと思います。
貴方がきちんと考えて判断されるなら、それでいいと思いますよ。

2014-02-10 19:07 | from 幸福賢者

No title

<<FX,相対取引なので業者は個別にレートを配信する>>
 株式は「仲介取引・受渡決済」ですが、FXは「相対取引・差金決済」です。その「相対取引」とは・・・・
 ●外国為替市場では、株式市場のように「特定の場所」での取引は行なわれません。いわゆる取引所を介さずに、金融機関など当事者同士が、売り手と買い手となり、相対(一対一)で交渉し、値段、数量、決済方法などの売買内容を決定する取引方法のことを、相対取引といいます  http://kotobank.jp/word/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E5%8F%96%E5%BC%95 朝日新聞社 kotobank 出典:(株)外為どっとコム
  朝日新聞社・外為どっとコムの説明を尊重すれば、FXが相対取引ということは、それぞれの会員が業者と相対(一対一)で交渉し外国為替を売買する。時にはA会員は1ドル101円で買い、B会員は1ドル101円02銭で買い、C会員は1ドル101円05銭で買うような場合もあるかも知れない。その場合は業者が各会員の指値に応じた、業者がそれぞれの会員に違ったレートを配信していた、ということだ。業者がわざわざ「相対取引ですよ」と断るのは「言い難いのですが、これは相対取引なので、すべての会員に同じレートを配信するとは限りませんよ。その辺を分かってください(時には特定の会員を狙い撃ちして、ストップ狩りをすることもあるかも知れませんよ)」と言っていると理解すべきなのでしょう。もしも常に会員すべてに同じレートを配信していたら、相対取引の要件である「相対(一対一)で交渉する」に外れることになる。
 「買うとすぐ下がり、売るとすぐ上がる」と言う不満には「各会員に違ったレートを配信しています」ではなく「当社のサーバー、通信回路などの状況、あるいは相場の急激な変動により、情報が正しく伝わらない、というリスクがあることを承知してください」という趣旨の、ちょっと違った説明・口実・言い訳を用意している。

2014-07-08 18:03 | from aitaitorihiki | Edit

Re: No title

> <<FX,相対取引なので業者は個別にレートを配信する>>

まぁ、常識ですね。
誰だってそれを知った上で投資しているのですから。

2014-07-09 18:36 | from 幸福賢者

Re: FX、業者は会員以外とは取引しない

> FX、業者は会員以外とは取引しない

誰でも知ってることを長々と書かなくていいですよ。

2015-04-17 20:04 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/77-966386a4