FC2ブログ

- 貴方を幸福にするFXブログ

FC2ブログSSL化でグーグルに保護されていない危険サイトと判定された!

煎餅は爆発物処理が必要
とんでもない危険物が入ってた。(T_T)

インターネットセキュリティ強化の波に逆らえず、エセブログもとうとう常時SSL化に踏み切りました。
このサイトでクレジットカード情報やパスワードを入力する人なんていないと思いますが、閲覧者の安全確保のためには仕方ありません。

<SSL(TLS)とは>
インターネット上でデータを暗号化して送受信するプロトコル。
個人情報等の重要なデータを暗号化することで、安全な通信を実現する。


強制ではないため現在も多数のブログ・サイトが非SSLの状態ですが、見分けは簡単に付きます。

①SSL化していないサイト→http

②SSL化しているサイト→https

要するに、httpにセキュリティの『s』が付いてたらSSL化が完了しています。

アルファベットが一つ加わるぐらいなんてことなさそうに思えますが、インターネットのアドレスが変わるのは大きい。
人間の住所と違って、コンピュータの一文字差は全くの別物なので。

閲覧者は自動的に転移するのでブックマークを変える必要はないけれど、管理人はランキングサイトやASPなどの登録を一通り修正しないといけません。
いつも気の向くままに駄文を書くだけのエセ賢者はともかく、きちんとしたアフィリエイターはかなり大変でしょう。

FC2ブログの場合SSL対応は非常に簡単。
「環境設定→ブログの設定→SSL設定」
を使えば一発で変更ができます。
設定を有効にして、『301』を指定するだけで大変身。

グーグルクロームでブログを閲覧する場合、未SSLサイトは『保護されていない通信』という警告が表示されます。
エセブログはSSL済なので安心安全の鍵マークになるはずですが、思いっきり警告出ました

前々から怪しいブログだとは思っていましたが、Googleから見ても相当危ないようです。
猫とか謎画像とか、FXとかソーシャルレンディング詐欺とか、悪口とか裁判とか、あまりにも心当たりが多すぎて困ります。

怪しい猫ではありません

猫賢者が怪しいのは確定的に明らかですが、よくよく調べてみると原因は他にあった模様。
別に管理人が変人だから警告が出るわけではありません。

原因究明は難しくない。
グーグルクロームのブラウザでサイトを開いて、『F12キー』で分析すると一目瞭然。
コンソールに『mixed contents(混合コンテンツ)』と表示されていればビンゴ。

グーグルの安全判定はサイトの内容だけでなく、「他のサイトや画像へのリンク」に対しても行われます。
対象が何であれ、『http』が入っていたらアウト。

エセブログが引っかかっていたのは、主に以下の2点。

・昔貼ったFC2画像のURL
・ポイントサイトなどの古いバナー(ハピタスなど)

たとえ自分のブログにアップした画像でも、SSLが主流になる以前だと『http』で弾かれることがあります。
アフィリエイトなどのバナー広告でも同じです。
最新の物に置き替えるか、手動でリンクを『https』に置換してあげましょう。
(ツール使わないとめちゃ面倒)

過去に何千枚も面白画像を貼りまくったツケで、エセ賢者は現在URL変更に追われています。(因果応報)
もっと真面目にブログを作っておけば、少しはマシになったろうか。

多数の不具合が発生する可能性もあるので、何か気が付いたらコメント欄に書いて頂けると幸いです。

神が人を創った時面倒で何も要れなかった
怠惰の結果がこれか・・・

⇒人気ブログランキングから削除されました♪

投資家の才能は『人差し指』でわかる

サザエさんには勝てない
これは勝てませんわ。

トレーダーの資質を判定する非常に簡単な方法があります。

まず右手を顔の前に置いて、5本の指をまっすぐ立ててください。
そして、人差し指薬指の長さを比較。

人差し指<薬指

であれば、貴方はトレードの才能に恵まれています。
薬指に対して人差し指の比率が小さいほど、投資家として成功する確率が高いそうです。

こんな適当な方法で本当にトレーダーの資質が判定できるのか?
証券会社のプロパガンダではないか?

そう疑いたくなりますが、英ケンブリッジ大学の研究では指の比率とトレーダーの相関が認められたそうです。
胎児の時に男性ホルモン(アンドロゲン、テストステロン)が多いと薬指に比べて人差し指が短くなります。
男性ホルモンが強い人は、

・自信を持ちやすくなる
・危険を好む
・注意深くなる
・反応や動作が早くなる


といった傾向があるため、様々な情報が高速で飛び交う金融市場において優位に立つことができると言われています。
同じ人でも、血液中のテストステロン濃度が高い日の方がトレードに勝ちやすいとか。
マーケットは一種の戦場なので、屈強で好戦的なタイプが向いているのは納得できますね。

筋肉を見せつける猫

とはいっても、人差し指が短いという理由だけで良い投資家になれるわけではありません。
指が勝手にマウスやキーボードを操作して、注文や決済をしてくれるわけでもないし。

大事なのはトレードに求められる能力を把握して伸ばすこと。
とりわけ短期トレードには、

・自分に自信を持つこと
・適切なリスクを取ること
・注意深く観察すること
・素早く適切な動作を取ること
・数学的なセンスを持つこと


といった要素が必要になります。

もちろん長期のスワップ投資やアービトラージなど、投資スタイルによって必要なスキルは変わります。
先天的な才能に甘えるのではなく、自分の長所を伸ばしつつ、弱点を補強していきましょう。

そういえば、エセ賢者の指は確認していませんでしたね。
私の場合、どれくらいトレードの才能があるのでしょうか?

世界一のエセトレーダーと言われる天才賢者のことだから、手にも天賦の才が表れているに違いない。
さっそく、指の長さを比較してみましょう。





猫の指の本数
どれが人差し指だっけ・・・

⇒素直な人ほどFXでは成功しやすい

「貯蓄から投資へ」なんてデタラメな言葉に騙されるな!

この美味しさはDNA遺伝子に素早く届く
よくわからんけどなんか納得してしまう!?

「貯蓄から投資へ」

これは2001年に小泉内閣の「今後の経済財政運営及び経済社会の構造改革に関する基本方針概要」で掲げられたスローガン。「低金利の銀行預金を止めて利回りの高い株を買いやがれ」という日本政府からの有難いお言葉です。

この方針やアベノミクス金融緩和を通じて盛んに投資を煽った結果、日本人の金融資産構成は大きく変化しました。

<1999年>

現金・預金 ・・・・・54.0%
債券・・・・・・・・・5.3%
投資信託・・・・・・・2.3%
株式・・・・・・・・・8.1%
その他・・・・・・・・3.9%

<2017年>

現金・預金 ・・・・・51.1%
債券・・・・・・・・・1.3%
投資信託・・・・・・・5.8%
株式・・・・・・・・・11.2%
保険・年金 ・・・・・27.7%
その他・・・・・・・・2.9%


全然変わってなくね?

まるで成長していない

これだけ投資を煽ったというのに、半分以上は預金や現金のまま。
株や投資信託の増加もごくわずか。
こんなパフォーマンスに騙されるほど、日本人は馬鹿じゃなかったってことかな?

そもそもこの「貯蓄から投資へ」というフレーズは、根本的におかしい。
まともな知識のある経済人なら、言葉の意味が整合していないことにすぐ気付くはず。

貯蓄とは、収入のうち消費に使わず、手元に残すお金のこと。
証券や債券に投資しなかったお金のことではありません。

つまり、「お金を死蔵させるのは止めて経済を回しなさい」と言いたいのであれば、
「貯蓄から消費へ」または「貯蓄から浪費へ」が正しい。

投資とは、利益を得る目的で事業などに資金を出すこと。
株式や債券、不動産はもちろん、銀行預金も投資先の一つです。

「銀行預金は止めて、株式を買いなさい」と言う意味であれば、
「預金から証券へ」というスローガンが相応しい。

貯蓄と投資は全く次元が違う言葉であり、対義語でもなければ同列に置く言葉でもありません。
広義の投資には金融商品(銀行預金)も含まれているため、変化にすらなっていません。

このフレーズを作った人は、投資というものを全く理解していないんじゃなかろうか?
日本語の意味を理解していないあたり、日本人でもないかもしれない。

ウルトラマンキング小泉純一郎

言葉の意味を追求しても揚げ足取りになるだけのでこのへんにしておきますが、結局この政策に効果があったかというと、全く意味はなかったと思います。

先ほどのデータのように、現金・預金と証券の比率は3%ぐらいしか変わっていません。
また、仮に預金から証券や投資信託に大量のお金が流れ込んだとしても、日本経済には大きな影響が出るとは考えられません。

例えば貴方が普通預金や定期預金から100万円を引き出して、そのお金でトヨタ株を買ったとしましょう。
それは日本の製造業を支援することになるでしょうか?
おそらくならないと思います。

ゼロ金利政策によりタンス預金も増えましたが、日本人の金融資産の大半は銀行の預金です。
預金はただ死蔵されているのではなく、銀行がレバレッジをかけて企業への融資に使っています。
企業は間接的に日本国民の預金を借り入れて、事業を行っているわけです。

もちろん、株式や社債も資金調達の方法の一つです。
株や債券を新規公開することで、企業は直接投資家からお金を集めることができます。

しかし、既に市場にある株や社債を転売したところで、会社の懐に資金が入ることはありません。
投資家同士の間でお金がグルグル回るだけです。

企業の資金需要を満たしたいのであれば、わざわざ株式や投資信託の比率を増やす必要はありません。
むしろ融資が減り、マネーサプライが減少する可能性すらあります。
それ以前に日銀がゼロ金利や膨大なETF買いをしているのだから、中小企業はともかく大企業の需要は過剰なくらい満たされているでしょう。

「預金から証券へ」を忠実に実行したところで、日本経済が活発化することなんてあり得ません。
株価が必要以上に上がって、既存の株主が得をするだけですね。

安倍閣僚の株式収入

もしも景気回復を目指すのであれば、先ほど示したように「貯蓄から消費へ」へのスローガンが必要です。

利殖のためのマネーゲームではなく実需に資金を回すのであれば、GDPも上昇してデフレも解消されるでしょう。
もちろんそのためには富裕層や高齢者ではなく、消費意欲が旺盛な若者にお金が回るような仕組み作りが必要ですが。

銀行預金も証券も債権も、金融商品の一種に過ぎません。
一切株を買わずに銀行にお金を預けているだけでも貴方は投資を行っています。
もちろん、それらの投資はリスクの大きさが異なりますが。

普通の銀行預金は、元本が保証されてペイオフがある代わりに金利が低い。
株式は、価格が変動する代わりに利回りが高い。
外貨預金は、ペイオフがなく為替リスクがある代わりに金利が高い。

投資はどれも一長一短があって、どの投資が一番良いということはありません。
政府に勧められて行うものでもありません。

貴方が自分の投資スタイルに合わせて、一番合ったものを選択するだけです。

どれを選んだらいいか悩む

⇒株とFXの比較 どっちが儲かる?

金融詐欺を放置し続けた金融庁長官 森信親氏の功罪

サイクリングコースでは自転車が禁止
取り締まる対象がおかしい! (T_T)

2018年7月に金融庁の森信親長官が辞任し、後任に遠藤俊英監督局長が就任しました。
森前長官は海外逃亡・・・じゃなかった、米コロンビア大学の非常勤教授に転出したそうです。

森氏といえば、スルガ銀行を絶賛していたことで有名。
スルガ銀行を「地銀の優等生」と呼び、講演では「特異なビジネスモデルで、ニッチな分野に特化して高い収益率を上げている」と好評価していました。

そのスルガ銀行は女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」をめぐる不正融資が発覚し、融資業務の停止と顧客からの訴訟を受けています。
また、暴力団など反社会的勢力への融資や口座開設も見つかり、株価は過去最低水準にまで落ち込みました。

金融庁はいったい何を根拠に絶賛していたんでしょうかね?
実は利益率しか見ていないのでは?

スルガに限った話ではなく、ここ数年は金融業者の不祥事が多く、投資詐欺や不正で立件されることも少なくありません。
特に仮想通貨ソーシャルレンディングなど新興事業のトラブルが目立ちます。

<問題のあった金融業者>
・コインチェック
・Zaif
・みんなのクレジット(スカイキャピタル)
・ラッキーバンク
・maneo(グリフラ)
・TATERU
・ケフィア
・スマートデイズ(とスルガ銀行)


仮想通貨コインチェックの社長

パッと思いつくだけでもこれだけ出てきます。
細かい案件を調べれば、いくらでもあるでしょう。

仮想通貨は、盗難事件やICO詐欺が後を絶たない。
ソーシャルレンディング案件は遅延や貸し倒れが相次ぎ、中には経営者グループが着服した所さえあります。
不動産投資も賃料や担保の不正が横行し、多数の被害者を出しています。

株式投資やFXについてはさほど大きな問題は起きていませんが、振興分野はボロボロ。
やはり日本の法整備は大幅に遅れています。

金融庁は問題のあった業者に対して数ヶ月業務停止と改善命令を出していますが、あまり効果があったとは思えません。
事業が破綻しても顧客が損失を被るだけで、経営者は刑事起訴すらされずに放置されています。

みんなのクレジットやラッキーバンクは、顧客の問い合わせに返答すらしません。
こんな不誠実な業者すら金融庁の認可を受け、未だに金融免許を剥奪されていないのだから驚きです。

エセ賢者もみんなのクレジットの件で何度か金融庁に通報しましたが、未だに満足の行く回答をもらえていません。
「問題があれば対応する」の一点張りで、ただ放置されている有様。
いや、現状が既に裁判沙汰で大問題なんだけど。

ふざけてんじゃねぇ猫

スルガ銀行にしても他の業者にしても、金融庁の監督の下で運営している業者です。
こうも不祥事が相次ぐのは、法律の不備と金融庁の表面だけの対応が原因と考えざるを得ません。

本当に業者を見て入念なチェックをしているのなら、スルガ銀行を優等生と評価することなんてあり得ないでしょう。

森前長官は渡米して当分日本に帰ってこないようですが、自分の指導した後始末はどう付けるつもりなのでしょうか?
これだけの課題を残して、海外に逃避する神経が信じられません。

その任期において証券や投信の改革に専念してきた森氏も、現代の複雑化する金融詐欺に対しては力不足だったのかもしれません。
詐欺業者がお上から免許を受けて堂々と営業を続けられるような状況では、誰も安心して投資することができません。
新しい指導者の下で、今度こそ厳格な改革を期待したいところです。

みんなのクレジット被害者の会は複数のメディアを通じて集団訴訟を告知し、AbemaTVでも被害を訴えました。

⇒ネット投資被害はネットで制す、被害者同士を“マッチング”する「集団訴訟」の動き

以前とは状況も変わっていますので、改めて通報してアクションをお願いした方がいいかもしれません。

白石伸夫みんなのクレジット

⇒みんなのクレジットからSBIソーシャルレンディングに乗り換えました!

一般人が悪人やトレーダーに転落する理由

人を憎み始めたら暇な証拠
暇だからか! (ノ_<)

人が学業や仕事で努力する最も大きい理由は以下の二つ。

①お金を得ること
②特別になること


お金は「衣食住の安定」を、特別性は「集団における自己の確立」を指します。
人間社会においてはどちらも欠かせない条件であるため、誰もがそれを求めてやみません。

特に男性は自己アピールが繁殖の機会に繋がるため、特別性を追求する性質が強い。
小学校男子の「将来の夢」を見てみると、その傾向を顕著に読み取ることができます。

宇宙飛行士、スポーツ選手、医師、ゲームクリエイター、教師、警察官・・・
どれも目立つお仕事ばかりですね。
コンビニ店員や工場の作業員になろうとする子はいません。
女の子は、それに比べると若干現実的です。

子供の夢と願望

漫画の世界ではさらにエスカレートしていて、どこもかしこも超能力者や魔法使いばかりです。
少年ジャンプには、個性と超能力を履き違えたバトル漫画が蔓延っています。
誰もが代替のきかない人材に憧れているんですね。

社会においける地位を確立するために、人々は学校で勉学に励み、会社で一生懸命に働きます。
しかし、競争社会においては、誰もがそれを叶えられるわけではありません。
本当に重要な職務に就けるのは、全体のほんの一握りだけです。

韓国人は仕事がないのでチキン店に就職するしかない

特別になろうとして、特別になれなかった人はどうなるのでしょうか?
それは、いつも決まったパターンを辿ります。
誰もが同様な間違いを犯して、示し合わせたように堕落して行きます。

良い意味で特別になれなかった人は、悪い意味で特別になろうとします。
親や教師に逆らい、悪戯や反社会的な行動を取ります。
要するに不良になるんですね。

たとえネガティブな存在でも、その他大勢になるよりはいい。
どんな形であれ注目を浴びることができるなら、人間はいとも容易く悪に染まるのです。

マイルドヤンキー

そうやって邪悪に染まった者は、必ず人を憎むようになります。
自分達を認めなかった社会を敵と見なし、復讐をします。
復讐すらもできなければ、無力感に苛まれて社会とのつながりを断ち切ることになります。

これが悪人が生まれるシステムです。
人間は最初から悪に生まれるのではありません。
勝ち組と負け組に分かれる競争社会では、落伍者は必然的に悪に誘導されてしまうのです。

多分エセ賢者のようなにわかトレーダーも、似たような原理で発生しているのだと思います。
「デイトレーダー」って、なんとなくかっこいいイメージがあるでしょ?
実態はともかくとして。

トレーダー投資家なんて引きこもりと同じ

富と地位が欲しいのであれば、会社で業績を上げて出世すればいい。
でもそれができなければ、別の方法でポジションを確保しなければならない。

国家資格や試験を必要とせず、手軽に承認欲求を満たせる職業は何でしょう?
投資家とかブロガーとかアフィリエイターとかYoutuberとか、まずそのへんの手ごろなのが浮かぶんじゃないですかね。
「社畜と違う俺様カッコいい!」みたいな思い込みもあるのかもしれません。

もちろんサラリーマンでもバリバリ活躍できるけど、敢えて茨の道を選ぶ人もいるでしょう。
けれど、そんな才能に恵まれた人ばかりでもないはず。
大概は会社でいまいち芽が出ないから、勤めたまま手を出せる副業に走ってしまうのではないでしょうか?

もちろん「トレーダー=悪人」ではないので、ヤクザに比べればいくらかマシな選択肢ですけどね。
カッコいい横文字を並べた程度の仕事で自己顕示欲が満たされるなら、案外それも悪くないのかもしれません。

ブラック企業の仕事

将来の夢。
なにがやりたいのか?
自分に合った職業は何なのか?

人々はそれを追い求め、世間もまた独創的であることを要求します。
しかし、そんなものは必要ないのではないでしょうか?
私達はただ「無二の自分」という幻想に取りつかれ、社会の歯車になることから逃げているだけではないでしょうか?

同じ型にはまりたくない

競争社会の敗者が悪の道を避けるためには、たった一つのことをすれば十分です。
それは、特別でない自分を認めてあげること。

他人と違う存在になんかならなくていい。
他人の称賛なんて受けなくていい。

それを理解することで、人間は今の自分を許容することができます。
逆に自己受容ができなければ、いつまでも葛藤し続けるか、反社会的な方法で自己を表現することになります。

私達に必要なのは、唯一無二のヒーローを目指すことではありません。
どこまでも平凡で代替可能な自分自身を認めてあげることです。

普通が何だか気づけよ人間

⇒正義とは何か? 悪とは何か?

日本人が韓国人を嫌う本当の理由

韓国人は礼儀正しい
嘘をつくな! ( ノД`)

韓国の徴用工判決で、日本中に嫌韓ムードが高まっています。
元徴用工に対する補償については1965年の「日韓請求権協定」で完全に解決しているのですが、韓国がそれを覆して個人の請求権を認めたため条約違反に対する怒りが爆発しました。

原告側は「被害者の人権回復が訴訟の本質」と言っていますが、日本から賠償金をせしめるのが目的なのは明白。
どこぞの馬鹿政府が、慰安婦詐欺に10億円拠出した結果がこれですね。

どんなに不条理な話でもごねれば餌がもらえるとわかったら、おかわりを要求されるのは当然でしょう。
被害者ビジネスには、最初から1銭も出してはいけなかったんですよ。

正論を述べるなら、今回の件は100%韓国側が加害者。
条約では日本政府が3億ドルの無償経済支援を行う代わりに韓国は「個人・法人の請求権を放棄」すると決まっています。

韓国人が徴用の補償を求めるなら、その支援額から支払うのが筋。
つまり、補償するのは日本政府ではなく、韓国政府の仕事
それを日本にたかれば、批判されるのは当然です。

日本政府はギリシャがドイツに賠償を求めた時のように国際司法裁判所に提訴して決着を付けるつもりのようですが、それでは足りなすぎる。
経済制裁でもして韓国側に「日本を攻撃した方が損だ(日本を攻撃しない方が得だ)」と思わせない限り、ずっとゆすり・たかりが続くだけでしょう。

韓国大統領千年経っても被害者

ここまではあくまで正論の話。

そして、次は感情の話。
私達日本人が韓国に対して、どういった想いを持つべきかということを考えてみたい。

日本人が韓国人を嫌う理由は、「韓国人が約束を守らないから」だと思っている人が多いけれど、実はそうではありません。
もちろん、「韓国人が被害者ビジネスで日本の富を収奪しようとしているから」でも「竹島を不法占拠しているから」でもありません。

日本人が韓国人を嫌悪しているのは、「その方が自分に都合が良い」からです。
それを勘違いしてはいけません。

韓国大統領

日韓問題の話は一旦置いて、全ての好き嫌いについて考えてみましょう。
世の中には沢山不快なものがあって、様々な人や動物、残虐な行動や性的な表現に貴方は心を痛めていますよね。

例えば、ゴキブリや蚊、カメムシなどの害虫は大抵の人に嫌われています。
貴方もおそらく、そういった害虫に良いイメージを抱いていないでしょう。
殺してやりたいとさえ思うかもしれません。

なぜ貴方は害虫をそこまで嫌うのでしょうか?

彼等がばい菌を持っているからでしょうか?
色や匂いが不快だからでしょうか?
人間に近づいてくるからでしょうか?

確かにそういう考えはあります。
原因論に従って、「相手が○○だから嫌いだ」というように、不快な相手に原因を求めることは可能です。

しかし、それは「とても幼稚で未来のない考え」ではないかとエセ賢者は思います。
相手が特定の要素を持つことで自分の感情がコントロールされるなら、貴方は自分の人生を生きていないからです。

人間が害虫を嫌うのは、長い進化の過程で危険な対象を排除する能力を獲得したから。
ゴキブリや蚊を遠ざけなければ、伝染病が蔓延して人類は死に絶えてしまったでしょう。
人間は自分達が生き延びるために害虫や害獣を嫌うことを選択して、それをDNAに刻み込んだのです。

幼年期は気にしなくても後天的に学習して、大人になったら潔癖になることもあります。
どちらにせよ、私達は自分自身のために、相手を嫌悪して遠ざけるという道を選択しています。

そこには、嫌われる対象の意志は介在しない。
私達の都合と選択があるだけです。
建設的に目的論を行使するのであれば、害虫にも不快な相手にも一切原因は存在しない。

確かに韓国の裁判所は、国際法を無視して不当な判決を出しました。
元徴用工や慰安婦は、自分の被害を誇張して伝えている可能性が高い。

それを理由に、「彼等は嫌われて当然だ」と結論付けるのは簡単です。
しかし、それは自分の人生を生きるという観点からすると、自己決定権を放棄した責任転嫁に他ならないのですよ。

責任です

相手を嫌ったり、怒ったり、憎んだり、遠ざけたりすることは目的を達成するための手段です。
このような感情を利用して対象を排除することで、自分はどんなメリットを得るでしょうか?

不当な請求やたかりから逃れることができます。
リスクを減らすことができます。
仲間だと思われずにすみます。
積年の恨みを晴らすことができます。


マイナスの感情は単に不愉快なものではなく、そういった利点が必ずあります。
貴方だって会社の上司やいけ好かない知人、虐待する親やアルコール依存症の旦那を嫌うことで、様々な恩恵を享受しているはず。
ブログやツイッターで気に障る表現を見つけると「不愉快だから止めろ」と書き込んで、無理矢理修正を迫る人もいますね。

人間は皆、相手を嫌悪することで、自分の目的を果たしているんですよ。
それは自分の問題であって、相手の問題じゃない。

誰かのせいにしたいが自分の顔しか浮かばない自己責任

日本人が韓国人を嫌うのは、彼等の要求を受け入れることによる金銭的なデメリットを回避したいから。
韓国人の被害者ビジネスから、日本人の資産を守りたいからです。

「韓国人が約束を守らないから」と、相手に原因を求めるのは簡単。
でも、そこには何の主体性もありません。
ただ悪戯に自分の心を痛めて、相手の奴隷になり下がるだけです。

私達の目的は日本国民の生活を守り、国家を発展させることです。
たとえ外国がそれを妨害したとしても、目的はなんら変わることはありません。

私達は私達の国家のために、最善の選択を行います。
そのためには相手を嫌うこともあるし、断交することさえある。

けれど、それは私達が自分の意志で選んだ手段であって、相手に決められたことではない。
私達が嫌悪するのは相手が悪だからではなく、そこから何かを得ようとするからだ。

人を嫌ってはいけないということはありません。
憎んではいけないということもありません。

けれど、主体性を失って感情という道具に振り回されてはいけない。

今の自分にとって何が必要なのか、そのためにどんな感情が最適なのか?
よく考えて選択してください。

韓国人は前世に罪が多いからブスに生まれてきた
過去の因果に責任を押し付けてはいけない。
大事なのは、今何を望むかということ。

⇒引き寄せの法則 波動と感情の再選択

ブログで彼女を募集するのが流行っているらしいので便乗してみた

AVを閲覧する猫
男がネットを使う理由なんて一つしかないだろ!

⇒Time is money キムのセミリタイア日記

で金村圭介氏が彼女を募集しております。

出会い系サイトならまだしも、自ブログで彼女を募集した上にホテルで実技試験とかチャレンジャーすぎます。
女性を上から目線で査定したためか、企業の採用面接みたいに事務的にしたためか、案の定彼のブログコメントは盛大に炎上しています。

冗談でコメントしたらどういうわけか真似する約束になってしまったので、先史時代から独身を貫いているエセ賢者も彼女を募集することにします。
女性の方は奮ってご応募ください。

《エセ賢者の彼女募集案内》

■申込み資格

次の(1)(2)共に該当する女性(またはネコ)
(1)18歳~118歳の女性。(ネコの場合は年齢不問)
(2)静岡県及びその近郊に居住している者、又はネットで猫賢者と遊んでくれる者、又は兎を引き取ってくれる者。

※ただし、次のいずれかに該当する者は申込みできない

・成年被後見人、被保佐人
・動物愛護保護法違反にて起訴された経歴がある者
・猫や兎より犬の方が偉いと考える者
・徳川綱吉


■申込み方法

以下メールアドレスに申込用紙の必要事項を記入の上送付すること

メールアドレス : mastersin23@gmail.com
メールの件名 : 「彼女募集」もしくは「ウサギの里親募集」と記入
内容 : どんな遊びに誘ってくれるか。好きなゲームは何か。ペットの飼育経験。ウサギは引き取ってくれるか。
添付書類 : 顔写真もしくはペットの写真(任意)

■交際内容

メールでもネトゲでもリアルでも好きなように。
ウサギの里親は可愛がってください。

■採用人数

1名~若干名
※状況によっては、採用者なしとなる場合もある

■選考の方法

●1次選考

メール文面にて選考

●2次選考 ※ウサギの里親希望者のみ

ネザーランドドワーフとの個別面談・実務試験

■合格基準

ウサギにキャベツを食べさせ、捕獲することができれば合格

■選考の流れ

申込者よりメール送付

当方より返信。里親希望者は「ペットのおうち」にてやりとり。

里親希望者は現地にてウサギと面談。

合格発表

■注意事項

・選考基準はネコとウサギの気分による
・選考に伴う、通信費、交通費、自己飲食費、宿泊費等は、申込者の自己負担となる
・選考過程で問題が生じたとしても、当方は一切法的責任を負わない
・互いの希望により、いつでも選考を中断することができるものとする
・選考に関する疑問・質問は、ブログコメント又はメールにより質問することで可能な限り回答する



どうしてこうなった。

真面目に彼女を募集していたはずなのに。
結婚を前提にしたお付き合いを希望していたはずなのに。

いつの間にかウサギの里親募集になってやがる。

ギャグで言っているのか

99%の人がジョークと捉えていると思いますが、ウサギの里親を募集しているのは本当です。
(交際相手や遊び相手を探しているのも一応本当です)

「ペットのおうち」にネザーランドドワーフの子供を掲載しているので、興味がある方はご覧ください。
既に4名の方に里親になって頂きました。

キムさんの募集は本気かはわかりませんが、エセ賢者は真剣に募集をしているんですよ。
ブログというメディアの発信力を利用して、こういった募集をかけるのは非常に良い試みだと思います。

でも、あれ・・・

当初と趣旨変わってない?
これタイトル詐欺じゃね?


申し訳ない謝る猫
彼女募集にかこつけて子ウサギを押し付けようとしただけです。
ごめんなさい。

⇒ウサギが可愛いすぎるのでYoutuberになってみた

たまに良いことをする不良に投資せよ!

たまに良いことをして褒められる不良に嫉妬
不公平だ!

普段素行が良好な人が善行をしても、それほど注目されません。
全く評価されないわけではないけれど、「まぁそんなものか」という感じです。

一方で不良やヤクザなどの悪党がたまに良いことをすると、多くの人が手のひらを返したように称賛します。
暴力事件を起こした不良少年が捨て猫を助けるのを見たら、誰もが「根は良い奴だったんだ!」と錯覚してしまうでしょう。

ヤンキー猫

これは心理学用語で「期待違反理論」と呼ばれます。

一般的にヤンキーや暴力団は「悪いことをする」と考えられているため、その反対に良いことをすれば過大に評価されます。
逆に優等生や公務員は「良いことをする」と期待されているため、それが外れた時のバッシングは強くなります。

これは日常生活だけではなく、金融市場でもよく見られる現象です。

例えば中小の零細企業が発明をしたり、見通しの暗かった企業が一転して好業績を上げれば、一気に株が買われます。
田中耕一氏がノーベル化学賞を受賞した際は島津製作所の株価が受賞発表翌日から6営業日連続で上昇し、50%近い上昇率を記録しました。
STAP細胞の時も関連銘柄が大きく上昇し、ストップ高になりました。
(その後捏造がバレて墜落しましたが)

一方、東証一部の優良企業が不祥事を起こした際は、とんでもない勢いで株が売られました。
東京電力、日本マクドナルド、フォルクスワーゲン、東芝、スルガ銀行、TATERUなど、こういった事例は数えきれないほどあります。

普段期待されていない企業が問題を起こしても、株価はさして下がりません。
けれど、滅多にない成果を上げたなら大きく株価は暴騰します。

優良企業が良い業績を出しても、株価はそれほど上がりません。
そのくせ、たまにトラブルを起こしたら世間から集中砲火されて株価が暴落します。

日本マクドナルドの株価
異物混入事件時のマクドナルドの株価

なんとも不公平な話ですね。
でも、それが世の中の法則です。
人々の注目を集めるのは普段の素行ではなく、サプライズなんですね。

貴方がこれから投資する会社や国家は、不良と優等生のどちらでしょうか?

今は芽が出ない中小企業の株を買って、滅多に出ないホームランを期待するのでしょうか?
あるいは堅実な優良企業に出資して、ヒットを積み上げるのを期待するのでしょうか?
はたまた潜在的に問題がありそうな大企業を空売りして、事件が起きるのを期待してみますか?

異物混入ドナルド

⇒倒産する会社がわかれば空売りし放題

消費税10%増税とプレミアム商品券で得をするのは誰か?

量が足りないガッツリ定食
言ってることが違うよ! (´;ω;`)

2019年10月の消費税率引き上げに伴う低所得者対策として、

①軽減税率
②クレジットカード払いに対するポイント還元
③プレミアム付き商品券


といった政策が検討されています。

「こんなの無駄だろ!」と怒る人もいると思いますが、全然違います。

これは「(たとえ意味がなくても)景気対策を何かやった」というパフォーマンス。
そして、増税にかこつけて庶民の富を収奪し、上級国民に還元する大事な仕事です。

流石アベノミクス。
富裕層に対するサービスだけは本当に手厚い。

消費税を増税する安倍

①軽減税率

軽減される業種とそうでない業種に対する差別化。
例えば新聞を軽減税率の対象とすることで、それを餌にマスコミをコントロールすることができる。
既に輸出企業は払い戻し税によって利権を得ているが、それ以外の企業も軽減を得るために財務省の犬になり下がるだろう。

②クレジットカード払いに対するポイント還元

新規顧客のためにクレジットカードカード会社が潤うのは必然。
また、キャッシュレス決済の浸透によって国税庁は資金の流れを捕捉しやすくなる。

カード決済ができない中小の店舗からは客足が遠く。
その分カード利用が可能な大型店には客が集まり、淘汰が進むだろう。

③プレミアム付き商品券

所得制限があるため貧困者向けのサービスと言われているが、実際は真逆。
毎日の生活費に困る低所得者で、2万円の商品券を購入して2万5千円の買い物をする人は少ない。

所得制限はあっても金融資産制限はないので、既にリタイアして資産何億円もある高齢者は喜んで券を買うだろう。
貧困者に買わせた券を、業者が買い取ってもいい。
利回り25%の投資と見れば、大きな魚が食いつくのは間違いない。

当然プレミアム商品券を使えない地方の商店は客が減り、使える大型店はさらに栄える。
差額の補填に使われるのは、もちろん私達が納めた税金だ。

税金泥棒

増税に合わせて対象を限定した政策を行うのは、明らかに特定の団体を潤すためです。
間違っても、日本国民のためにはなりません。
富める者はますます富んで、貧しい者はますます貧しくなるだけ。

わずかに効果があったとしても、増税後の1年やそこら対策を取っても意味がない。
だって、消費税10%という重荷はこの先もずっと続くんですから。

10%よりも上がる可能性は高いけれど、下がることはまずありません。
1989年竹下登内閣によって導入された時からずっと、日本経済は消費税に苦しめられ続けています。

たまに、
「消費税は高齢者や保護者、外国人からも取れる公平な税金だ」
という微妙に正しく見える意見を見かけますが、それは大きな勘違いです。

高齢者や生活保護者は確かに消費税を支払っていますが、その資金源は税金や年金です。
税金を使って税金を納めるのは、タコが自分の足を食っているようなもの。
単に手間が増えるだけで、全く国庫には寄与しません。

外国人は免税店を使えるし、輸出企業に至っては還付によって完全に負担を逃れています。
消費税は逆累進性を強め、日本国民の格差を拡大します
人頭税である年金保険料と並んで、最悪の税制と言えます。

増税の反動軽減のために短期間の対策を取ったとしても、一部の層を潤すために使われるだけ。
長引くデフレ不況から日本経済を救うためには、この根本的に間違った制度を撤廃するしかありません。

リーマンショックより消費税のほうが影響が大きい

⇒消費税ほど馬鹿なものはない
⇒消費税増税で円安が進む?

マイクロチップが中国経済を崩壊させる!?

洗剤を詰め替えると危険
ヤバいものが混入してしまった。((((;゚Д゚))))))

ブルームバーグにとんでもない記事が掲載されていました。
既に知っている人もいるかと思いますが、日本ではなぜか報道されていないので今更ながら拡散します。

いや、本当にこれはヤバい。
塩素系と酸素系の洗剤を混ぜたぐらいヤバい。

⇒中国、マイクロチップ使ってアマゾンやアップルにハッキング

<かなり適当な要約>

アマゾンがサーバーをチェックした所、設計にない謎のチップが発見された。
チップは中国企業(スーパーマイクロ・コンピューター)製で、外部に情報を送信する機能があった。
人民解放軍の工作員によって埋め込まれたと思われる。


最近の世界同時株安の中でもとりわけ中国株とハイテク株の下落がきついと思っていましたが、原因はこれかもしれません。
特にこのニュースの発表とアマゾン株の暴落の時期が重なっているので、影響があったと考える方が自然です。

アマゾン株価暴落チャート

マイクロチップとは要するに、製造段階あるいは流通段階で仕込まれた物理的なウィルスってことですね。
通常のコンピュータウィルスと違って最初からマザーボードに入っているので、ウィルス対策ソフトによる駆除は困難と思われます。

現在市場に流通している電子機器の8割程度は、何かしら中国の部品を含んでいると言います。
貴方が今使っているスマホやパソコンにも、スパイチップが含まれているかもしれません。

アマゾンやアップル、政府機関であれば問題はもっと深刻。
重大な機密情報が漏洩されるような機械は、とても使えません。
今頃事態を知った世界中の会社が、大急ぎで自社の通信機器をチェックしているかもしれない。

アマゾンはこの件を否定していますが、事実であっても公表できないため真偽は不明です。
仮に完全な捏造だとしても、「中国企業ならやりかねない」と思われてしまっています。
前科も色々あるし。

中国の事故を笑う

信用は、商売における最大のポイントです。

「中国(あるいは近い新興国)が部品にスパイウェアを仕込む可能性がある」

という認識が広まれば、グローバル企業は一気に資金を引き揚げ、現地工場を畳むでしょう。
いくら人件費が安いと言っても、ウィルス付の製品は買えないからです。

ウイルス対策パソコン

中国から海外資本が引き上げれば、上海市場も香港市場も大荒れ。
世界の工場である中国が倒れれば、米国や日本も無関係ではありません。

いや、最近の株安から見ると、既に崩壊が始まっているのかもしれませんが。

結局のところ中国がスパイチップを埋め込んだという証拠はありませんが、それは問題ではありません。
重要なのは市場がそういった流言に敏感に反応して、株式相場や為替相場を動かすということです。

特に現在のようなバブル景気は危ない。
バブルは膨れ上がった風船のようなものなので、針の一刺しでも簡単に破裂します。

市況が好調な時ほど、大きなリスクが潜んでいるということを覚えておきましょう。

ソロスが中国金融危機を予告

⇒中国バブル崩壊でなぜ日本株やクロス円、プラチナが下落するのか
⇒米中貿易戦争の勝者は誰か?