FC2ブログ

- 貴方を幸福にするFXブログ

日本の大人はなぜ絶望しているのか?


どんどん増えろ! ヽ(´∀`)ノ

希望を持つのは簡単です。
増え続ける数字を見ればいいだけ。

絶望するのは簡単です。
減り続ける数字を見ればいいだけ。

人間のありとあらゆる感覚は、比較によって成り立っています。
希望と絶望は、現在と未来の比較によって生まれます。

・未来>現在→希望
・未来<現在→絶望

希望を感じるためには、未来の見通しが明るくなければいけません。
日本の総人口が減少し、可処分所得が減り、国際的な順位も下がる状況では、大人達が絶望するのは当然のことです。

未来に希望持てない大人達を尻目に、子供達は常に前向きです。
彼等の将来の経済状況が良くなるか悪くなるかはわかりません。
しかし、未成年の身体は必ず成長します。

100cmの身長は数年で120cmになり、150cmになります。
高校までは身長も体重も順調に増え続け、長期的に下がり続けることはまずない。
筋力も知力もグングン向上し、なんでも短時間で上手くこなせるようになります。

筋肉の付いた子供

未来は今より必ず成長する。
だから、子供は何ら特別な条件がなくても希望を持つことができます。

しかし、二十歳を過ぎた大人はそうもいきません。
175cmのエセ賢者が来年になったら180cmになるわけじゃない。
上の学年にエスカレーター式で上がれるわけでもない。

肉体的成長が止まった大人は、子供ほど簡単に希望を持つことができません。

けれど、肉体の発育だけが人間の成長ではありません。
経済的にも、精神的にも、技術的にも、人は必ず進歩するのですから。

成長過程

会社で出世して年収を上げたり、投資でお金を稼げば、銀行預金の残高は増えていきます。
今日よりも明日、明日よりも明後日の残高が増えて行けば、貴方は明るい未来を描くことができます。

英語を勉強すれば、TOEICテストの点数が上がります。
ゴルフの練習をすれば、スコアが上がります。

ペットをつがいで飼えば、自然と繁殖して数が増えていきます。
庭に木を植えれば、年々樹高が伸びていきます。
ブログ記事やYoutube動画を投稿すれば、視聴数は日々増えていきます。

対象が何であれ、増え続ける数字は希望の源になります。
自らを増やそうとすることが、充実した人生を送る鍵です。

バラの本数と愛の告白

それを考えると、テレビゲームが楽しい理屈もわかります。
ドラクエやFFといったRPGは必ずレベルが上がり、まず下がることがない。
将来が必ず良くなると信じられるほど、幸せなことはありません。

ちなみに猫賢者は「冒険者35歳 」という中年が主人公のフリーゲームをプレイしたことがありますが、絶望の塊でした。
通常のRPGと異なり、時間経過とともにステータスが下がる鬼畜仕様。
加齢とともにどんどん弱体化し、社会的地位が落ちて行く姿が悲惨でした。
高齢化というのは、つくづく人を鬱にさせるのですね。

年上が好きな老人

思えば私も随分長い間、希望と絶望の間を彷徨ってきました。

幼少の頃は身長が伸びることに希望を感じ、もう伸びなくなって絶望した。
成績が上がることに希望を求め、だんだん上がらなくなって絶望した。
投資でお金が増えることに希望を探し、増えなくなって絶望した。

そして今も、こんな自分にもまだ育てられるものはないかと探し続けている。
おそらく、そんな果てしない繰り返しこそが人生なのでしょう。

確かにこの国は経済的にも人的にも縮小に転じ、皆が同じように希望を持つのは難しくなりました。
人口もGDPも増加せず、高度経済成長期のように給料が上がり続けることもありません。

しかし、そんな時代だからこそ私達は自分の手で希望を作り出さなければなりません。
日本社会が成熟して衰退に向かっているとしても、貴方が成長を感じられる世界は無限にあるのだから。

希望とは、今を積み上げて未来の数字を高めていくことです。
ひとつの成熟に達した私達はまた取り組むべきことを見つけて、それを蓄積させていかなければならないのです。

人間の成長過程

オススメ!⇒日本人が知らないお金の真実

ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

⇒ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

理性と本能 人間には脳と思考が二つある

米は野菜だから健康的
そうなのか!? ((´・ω・`;))

昔から人間は本能理性という、二つの異なる性質を併せ持った動物であると言われています。
感情と論理の区分というと右脳と左脳をイメージしがちですが、最近の研究ではそれとは別に人間にはもう一つ脳があるということがわかってきています。

もう一つの脳とは、胃腸のです。
腸はただの消化器官ではなく、脳からの指示が無くても動く独立した神経系。
いわば第二の脳と言われる存在です。

脳内物質の多く、例えばドーパミンの50%、セロトニンに至っては90%が腸で生成され、頭に送られています。
お腹の調子がおかしくなれば気分が悪くなり、感情にダイレクトに反映されます。
昔から「腹で考える」という諺があるように、私達は「お腹で思考している」と言っても過言ではありません。

元々原始的な動物に脳はなく、胃腸を中心とした消化器官が体の運動を制御していました。
そこから進化した人類の身体も、消化器官の影響を大きく受けます。

当然のことながら人間の頭部には大きな脳があり、そちらが他の動物ではありえない高度な思考や判断の源になっています。
つまり、人にはお腹の脳頭の脳の二つがあり、それぞれが物事を考えているということになります。

もちろん、本能や感情が全てお腹に依存しているわけではなく、頭部がなければ感情を表現することもできません。
あくまで腸を中心とする本能的な思考と、頭脳を中心とする論理的な枠組みに分かれているという話です。
この二者には、それぞれ長所と短所があります。

①お腹の脳・・・腸(本能、感情、衝動)

・判断が早い
・自然界の危険や他人の感情を読み取るのが得意
・数字を扱うのは苦手
・言語を扱うのは難しい
・コスパが良い
・働き者

②頭の脳・・・脳(理性、論理、計算)

・判断が遅い
・感性的なことはわかりにくい
・数字を扱うのが得意
・言語化が得意
・コスパが悪い
・怠け者

どちらも一長一短で、どちらかが優秀ということはありません。

そう聞くと「本能と理性の使い分けが肝心だな」と考えると思いますが、実際に使い分けるのは極めて困難です。
なぜなら、腹も頭も常に勝手に働くからです。
頭脳は大量のカロリーを食うので寝ていることもありますが、腹は24時間常に働き続けて感情を出しています。

考えないことを考えない

何を見ても、何に触れても、私達の二つの脳は勝手に考えて結論を出します。
そして必ず腹の方が早くて、頭がその後に続きます。

朝起きる時は「眠い。まだ寝てたい」と腹は考え、「さっさと出かけないと遅刻するぞ」と頭は突っ込みます。
株価チャートを見れば「今が買い時!」と腹は考え、「資金管理しろよ」と頭は突っ込みます。
猫を見れば「カワイイ!抱きしめたい!」と腹は考え、「おいおい、それは猫賢者だぞ」と頭は突っ込みます。

お腹のとにかく素早い反応に対して、頭はそれが正しいか考えて修正する役割を持ちます。
ただしそれはあくまで修正や方向転換であって、腹の出した結論を否定するものではありません。
頭で必要だと分かっていても、嫌なものはやっぱり嫌ですよ。

結果として二つの意志が混在したまま、私達は決断を下します。
理性と本能のどちらかが本当の自分ということはありません。
元々二重人格なだけです。

半分ずつの猫

投資家として知っておければいけないことは、腹は計算が苦手ということです。
元々野生動物の体内で進化してきた器官なので当たり前ですが、数学がまるでできません。

特に100を超える数字、あるいは1%を下回る数字の把握は絶望的です。
100でも9999億でも、「よくわからないけど大きな数字」程度の印象しかありません。

現実のトレードでは100と1000、1%と0.1%は全然違います。
間違えて扱ったら、確実に破産します。
しかし、腹にはその区別ができません。

その欠点が堅調に現れるのが、有名なプロスペクト理論
本能はリターンよりリスクを恐れます。
1万円の損失でも100万円の損失でも同じように考え、損失自体を回避しようとして破産します。

また、腹はチャート分析にも偏った反応を見せます。
波形を見てレジサポやトレンドを読み取るのは得意なのに、思い込みで誤ることが多い。
皆が本能に任せてトレードした結果、それが裏目に出るように相場が動くのかもしれません。

レンジ相場チャート

このように人間の本能に任せてトレードを行うと、まず間違いなく失敗します。
トレーダーは常に頭を使って思考し、腹の動向を修正し続けなければなりません。

何万年もの進化の過程で人間の頭脳は進化し続けてきましたが、それで腹脳に頼らなくなったというとそうでもない気がします。
むしろグーグル検索や専門家により自分で考えなくても答えが出せるようになったことで、頭を使わない人々が増えている気すらします。
頭脳は特にカロリーを消費するので、生活が豊かになるほど手を抜いて腹任せの判断をしがちです。

普段の生活で意識することはありませんが、私達の思考は必ず二つの意志が混ざり合って成立しています。
大事な決断をするときは、敢えてそれを区別してください。

貴方その判断は頭が出した論理的な答えでしょうか?
それとも、腹が出した快や不快の感情をそのまま流用しているだけなのでしょうか?

体にいい

※無料でもらえるお勧め図書

⇒大富豪の投資術

係留規則 インフレ目標2%をたやすく達成する驚異の裏技!

若者のタバコ恋愛お酒結婚離れ
報道するからさらに離れていのでは・・・

何年経っても一向に達成できないインフレターゲット2%ですが、実は簡単に達成してしまう方法があります。
しかも費用はゼロで、時間もかからない。
新しい法律を作る必要もなければ、諸外国の力を借りる必要もない。

その方法は実に簡単。
インフレ目標を20%にすること。

目標が2%だからそれ以下の結果しか出ない。
目標を20%にすれば、2%ぐらい軽く超えるでしょう。

もちろんデフレは需要減少の結果でしかない。
本質的な問題である少子化を無視してインフレさせたところで、国民が貧しくなるだけなのですが。

黒田日銀の目標数字

「20%なんてどこのブラック企業の目標設定だよ!」
と怒られそうですが、この思い込みの力は想像以上に大きい。

人間の思考や認知は、あらかじめ示された数字や条件によって大きく左右されます。
これは係留規則(アンカリング)と呼ばれる人間の同調的性質です。
(詳しくはダン・ガードナー氏の著書を参照)

抽象的な表現だけではわかりにくいので、具体例を見てみましょう。

①野良犬の殺処分を減らすために募金を募っています。
一人当たり100円を寄付すれば、殺処分がゼロになります。
いくらでもいいので寄付をお願いします。


②野良犬の殺処分を減らすために募金を募っています。
一人当たり1万円を寄付すれば、殺処分がゼロになります。
いくらでもいいので寄付をお願いします。


ふるさと納税犬の殺処分ゼロ

この二つは、要求していること自体は同じです。
「金額は好きに決めていいので募金してください」
と言っているだけ。

しかし、実際にこの内容で広告を出すと、間違いなく②の方が資金が集まります。
なぜなら、100円や1万円といった基準値が思考を操作するからです。
実はなんの根拠もない適当な数字なのに。

元々500円を寄付するつもりだった人は、100円という数字を見て300円ぐらいに落とすかもしれません。
逆に1万円を見たら、1000円ぐらいに上げるかもしれません。
寄付の能力や善意は人それぞれではあれど、総じて金額は提示された方に引っ張られてしまいます。

これを上手く利用すると、商売の売り上げを何倍にも増加させることができます。

例えば、スーパーで非常食のカンパンでも売るとしましょう。

、「災害に備えて非常食を一家に1個常備しましょう!」
だと、各家庭に一個ずつしか売れません。
そこで、「最低でも一週間分の備蓄が必須!7個ずつ常備しましょう!」に替えてみます。

すると、購入数が7という数字に引っ張られて増加します。
1個の時より明らかに売り上げが伸びるでしょう。

実際多くの営業マンはわざと大きな金額を提示することで、顧客の思考を操っています。
「一口500円から投資できますよ」より「みなさま平均で100万円ほど投資されています」の方が銀行員の口説き文句としては優秀。
あらかじめ割高な金額を指定した後に通常料金を提示して、あたかも割引させたように見せかける手口もあります。

有料駐車場が高い

実際に日本政府が「インフレ率20%を目指します!」と言ったところで、大半の日本人は信じないでしょう。
しかし、頭では否定しても腹は「20%を目指すなら5%~10%ぐらいあり得るんじゃないか?」と勝手に判断を上昇修正してしまいます。

20%が突飛すぎるなら、10%や5%でもいい。
インフレ懸念が日本全体に行き渡れば、2%を目標にした時よりも上昇圧力がかかるのは間違いありません。
もちろん、新しい目標が達成できないので政府が嘘つきなのは変わらないのですが。

出生率だって操作できるかもしれません。
もしデータを改竄して「日本人女性の合計特殊出生率は2.5」と発表すれば、女性は「みんなそんなに子供を産んでいるんだな」と認識し、沢山の子供を産む方に誘導されるでしょう。
もちろん人口統計はバレやすい嘘なので実際には使えませんか、世界の出生率を高めに見積もってテレビでしつこく流せば効果はあるでしょう。

このように係留規則を用いて人間心理を誘導すればいともたやすく数字はコントロールできるのですが、よくよく考えてみると恐ろしいことに気付きます。

数字によって大衆が扇動できるのを、為政者が知らないはずがない。
だって彼等は常にテレビや新聞を使って情報を流し、国民の認識を操作しているのだから。

政府がインフレ率2%を提示すれば、現実の消費者もそれに近づくように動いてしまう。
元が0%であるなら、だいたい1%付近で落ち着く可能性が高い。

官僚がそれをわかっていて設定したとすれば、2%に到達すること自体は目的ではない。
つまりアベノミクスは2%に達成することがゴールではなく、2%に近づきつつも達成できない状況が続けばそれでいいのではないか?

そう考えると、いつまで経っても目標に辿り着かないのに日本政府が方針を転換しないのが腑に落ちる気がします。
そもそも2%という数字には何の根拠もないし、達成したところでご褒美もらえるわけでもないのだし。
インフレターゲットだの異次元緩和だのトリクルダウンだの、大層な言葉を使って国民感情を煽ればきっとそれでいいのでしょう。

黒田総裁三次元緩和

係留規則は政治の世界だけではなく、世界中のあらゆる場所で盛んに使われています。
特に最近はマスメディアやSNSでこれでもかと悪用され、民衆を洗脳しています。

「100万人の変質者が貴方の子供を狙っている!」と報道すれば、親は皆警戒して警備会社や防犯グッズの売り上げが伸びるでしょう。
実際に変質者がいたとして、人数なんてわかるはずもありませんが。

「100万人の若者や子供が癌で亡くなっている!」と伝えれば、病院や医薬品業界は潤うでしょう。
実際に癌で亡くなってる人の大半は高齢者のはずですが。

「100万人の在日犯罪者が存在する!」とツイッター書き込むだけで、日本中に凶悪な在日韓国人がいるようなイメージを作り出すことができます。
最近韓国人俳優の事件が盛んに報道されるのも、日韓関係を悪化させる手段の一つかもしれません。

我々FXトレーダーも口座にお金を入れすぎるとそれにつられてポジションを増やしてしまうし、売買の基本単位が高い業者を使うと取引枚数が10倍になっていたりします。
自分では気づかないけれど、私達の判断は常に周囲の数字に影響されているのです。

情報化社会は、どこもかしこも数字が氾濫しています。
怪しい数字や過度な誇張表現を見かけたら、そこには何を操作する意図があるのか考えてみましょう。

結婚条件が高望み

使いようによっては莫大な利益を生む係留規則については、ダン・ガードナーの著書「リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理」で詳しく解説されています。
エセ賢者の1000倍はためになる本なので、ぜひご一読ください。
(もちろんこの数字も係留規則)

  

蛇口で仮想通貨を無料で継続的に手に入れる方法(アルファフォーセット)

努力しないけど金を稼ぎたい
その気持ちは痛いほどわかる! ( ノД`)

最近アルファフォーセットという蛇口サイトを使って、暗号通貨を無料で貯めているエセ賢者です。
いやー、クリックするだけで仮想通貨が貯まっていくとか天国ですねー。

蛇口というのは、利用者に仮想通貨を無償で配布してくれるサイトのこと。
サイト管理者はマイニングで発生したコインを提供する代わりに、サイトに貼った広告で収入を得ています。

同じようにエアドロップで仮想通貨をもらうこともありますが、そちらはコインの運営元が自身の知名度アップのために行うもの。
そのため既存のコインが提供されることはなく、一度の配布で終わってしまう場合が多い。

猫賢者が利用しているアルファフォーセットは、数ある蛇口の中でも非常にシンプル
四つのアルトコインの中から欲しいものを選んで「Get!」ボタンを押すだけです。
(四種類全てゲットして構いません)

・SanDeGo
・Neetcoin
・Sprouts
・Koto


仮想通貨無料配布

一度にもらえる量はわずかですが、5分経てばまたゲットできます。
エセ賢者がポチポチやったところ、二日で最低出金額を超えました。

出金先は自身のウォレット(仮想通貨の口座)ですが、いつ出金するかは自由です。
まだウォレットをお持ちでない方も、このサイトのアカウント内に貯めておくことができます。

ビットコインやリップル、イーサリアムやライトコインなどのメジャーどころはありませんが、むしろマイナーな方が夢があるのではないかと思っています。
既に高額なビットコインが0.000000m1BTCとか手に入ったところで、大きく値上がりするとは思えないし。
これらのマイナーな仮想通貨は単価が安いので、ブームが来たら何百倍にも化けるかもしれません。

ニート賢者が欲しいのは、なんといってもニートコイン

<NEETCOINとは> 
※公式サイトから引用 https://neetcoin.jp/

ニートコインは【ニート支援】を目的として作成されました。
今後、AI(人口知能)やITによるシステムの発達により、職を追われる人や過酷な労働環境で心身のバランスを崩して職に就けなくなる人の増加が世界的に予想されています。

日本ではニートは怠け者として扱われ、批判の対象になることもありますが、ニートコインは諸事情により就学・就労などが出来ない方々の支援をするための基盤の一つとなることを目的としています。


国産の草コインの中でもマイナーな一品ですが、ニート肯定論者の猫賢者としては応援せざるを得ない。
いつかニートを支援するためにも、コツコツ積み立てていきたいと思います。

この他にも最近は多数の蛇口サイトが作られており、巡回すれば無料で仮想通貨を積み立てられるようになっています。
(中には怪しい所や面倒な条件があるサイトもありますが)
もし「このサイトいいよ!」というのがあったら、猫賢者にこっそり教えてください。

ビットコインお金

⇒アルファ フォーセットに無料登録

国産仮想通貨を無料でGET | アルファ フォーセット

メンタルコントロール 怒りや不満の正体と最高の対処法

王子様を改名
とんでもない名前を付けやがって! ε=ε=(怒゚Д゚)ノ

結論から先に言うと、怒りや不満の正体は理想と現実の落差です。
理想が100に対して現実が30であるなら、差し引き70が感情として発現します。

怒りは「防衛感情」とか「不安や寂しさの裏返し」という考えもありますが、物理的な現象としては極めてシンプル。

①こうであるべきという価値観=理想、期待、予想、希望、願望、欲求、見込み、望み

②そこから剥離した事象=現実、結果

結果が期待に劣っていれば、不快(怒り、憤り、不満、悲しみ、落胆)となって現れます。
逆に結果が勝っていれば、快(喜び、満足、楽しみ、嬉しさ)となって現れます。

要するにただの引き算なんですよ。
暖かい所から冷たい所に熱が移動するように、感情も落差に従って移動しているだけ。

プール掃除の理想と現実

例えば警察官が不祥事を起こしたり、教師が淫行をすると社会から大きなバッシングを受けます。
最近でも警察署で詐欺被害の8500万円が盗難されたり、教員が盗撮で逮捕される事件がありました。
社会の模範になるべき人々が犯罪に加担していたので、世間から大きく非難されました。

しかしその一方で、被害のわりにたいして注目されない事件も多々あります。
詐欺師が何十億円も騙し取っても、暴力団が地上げをしても、ほとんどの人は気にも留めません。
大抵は「騙される奴が悪い」だけで済まされてしまいます。

警視庁とパチンコ換金

そうなるのは、感情が理想と現実の高低差で生じるからです。

大衆は、警察官や教師に対して節度ある行為を期待しています。
だからそれに外れた行動をすると、大きな落差が生まれます。

反対に、詐欺師や暴力団は「どうせ悪い事をするだろう」と思われています。
だから犯罪が起きた時に嫌うことはあっても、想定と変わらないからあまり感情が動かないのです。
もしもそれで大きな怒りを覚えるとしたら、貴方は「どんな人も方を遵守するべき!」という強い信念を持っていて、それと現実を比較しているのでしょう。

恋人に裏切られた時に怒りを感じるのは、相手に裏切らないことを期待しているからです。
子供が悪戯した時に怒りを感じるのは、いい子でいることを期待しているからです。

上司に酷評された時に怒りを感じるのは、自分はもっと大事にされるべきだと考えているからです。
FXで負けた時にディスプレイを破壊してしまうのは、トレードで勝つことを渇望しているからです。

トレードに負けてパソコンを破壊

人はありとあらゆるものに対して「こうあるべき」という固定観念を持っているし、常に自分に都合良い展開を願っています。

けれど、現実がそれを満たすとは限らない。
だから、その剥離がある限り感情の隆起はなくならない。
つまり、現実が容易に変わらないのであれば、怒りを招いているのは自分の理想なのです。

近年は芸能人の浮気や薬物使用などで必要以上にバッシングする人が増えました。
アベノミクスで経済的な格差が広まったのもありますが、やはり現代人の理想が高くなったことが大きな原因だと思います。

ほんの少し昔は衣食住全てがボロボロで、食べていけるだけで上等な時代でした。
理想が低かったので、他人に対して腹を立てることも少なかった。
しかし現代はあらゆるサービスが高水準で、インターネットによって上流階級の情報に簡単に触れられるようになりました。

文明が進歩すれば理想も高まり、現実との落差も自然と開いてしまいます。
他人への期待が高まりすぎれば、些細なことに対しても不満を覚えるようになっていきます。
もしも感情の制御を望むのなら、自身の理想を抑えるのが手っ取り早いでしょう。

他人は裏切るもの。
自分は大事にされることはない。
チャレンジは失敗するのが当たり前


そう割り切ってしまえば、何に対しても怒りを感じることはありません。
(絶望はするかもしれませんが)
メンタルコントロールとは、「理想の調整」なのです。

ただ、何でも理想を極限まで下げればいいかと聞かれたら、エセ賢者は断固否定します。
楽な生き方ではあるでしょうが、その先には希望も進歩もないからです。

期待が外れた時に不快になるのは、「なんとしてでも願いを叶えたい!」と貴方の心が叫んでいるからです。
その想いは現実を変えるための大事な原動力です。

激情を否定するのは、自分自身の理想を否定するのと同じこと。
妥協の先に残るのは、無気力な抜け殻だけ。

だらけきった怠け猫

私達がするべきはその想いを否定することではなく、より良い形に昇華させてやること。
そのためには憎悪を自分以外の誰かに向けるより、心の中にある理想を自覚することから始めましょう。

貴方が自分の境遇に不満を感じるなら、もっと上の待遇を目指しているということ。
他人に嫉妬するのなら、貴方もまたそれになりたいと願っているということ。
今の会社やパートナーに怒りを感じるのなら、より条件の合った相手と付き合いたいということ。

川の水が海に向かって流れるように、貴方の心もあるべき姿に向かって動き出そうとしているということです。
どうかその渇望を邪魔なものとして切り捨てるのではなく、正しい方向に向けてあげてください。

怒り狂う猫

新元号「令和」に対するの三つの反応が運命を決める

ずっと前から好きでした
そんな告白されても!(ノ_<)

新元号は『令和』に決定しました。
「実はエイプリルフールネタでした!」と後から言ったら安倍政権を見直しますが、流石にそれはないでしょう。
あとひと月で長かった平成も終わりです。

「由来は万葉集。令月は何事をするにもよい月という意味だから縁起がいい」

「政府の命令に対して和をもって従えという意味だ。これ以上強権を振りかざす気か」

「令和18年生まれの人はR18になってしまう。なんてこったい!」


などと色々な解釈が飛び回っていますが、エセ賢者としてはどうでもいい
ここで考えたいのは、こういったイベントに対する反応は三つタイプに分けられるということです。

①イベントに参加して楽しむ派
②無駄なことと割り切って自分の仕事に集中する派
③それを金儲けに上手く利用できないか考える派


だいたい8割の人は①です。
元号の意味を深読みしたり、典拠を調べたり、いちゃもんを付けたりします。

楽しむのは結構なことですが、それで何かが得られるわけはありません。
出典なんて誰かが調べているだかろうから、知ったところでメリットもありません。
合理的に考えるなら、紛らわしい元号なんて廃止して西暦に統一した方がいい。

そこで、真面目な人はこのバカ騒ぎを無視します。
世間の人々が浮かれている時を差を付けるチャンスだと思って、自分の仕事に集中します。

自分にとって大事なものと無駄なものをきちんと区別して、リソースを振り分ける方法を選ぶ。
大衆に流されず、どんな状況でも鍛錬を欠かさないがプロと呼ばれる人々です。
尊敬しますね。

パイロット訓練

しかし、この二者のどちらでもない者が稀に存在します。
世間に流されるのではなく、無視するのでもなく、イベントをビジネスに利用する人です。

例えば、新元号が発表されてすぐ一部の通販サイトに「令和グッズ」が販売されました。

・令和マグカップ
・令和マスキングテープ
・令和付箋
・令和シャツ


商魂たくましい。
あらかじめ元号を知っていたわけでもないだろうし、どんな文字になっても対応できるように準備していたんでしょうね。
発送するまでにプリントすればいいので、注文だけ先に受けくつもりでしょう。

一応投資家である猫賢者は「れいわ」という名前の会社を探していました。
「株式会社レイワ綜合企画」や「レイワ工業株式会社」が実在しました。

直接の関係はなくても、株式相場は勘違いと悪乗りで動く場合があります
株が買えるような大会社があれば、ストップ高が期待できたかもしれませんね。

アノマリー的に、4月前半は株や為替が堅調になる傾向があります。
天皇陛下が存命のまま新元号が決まったおめでたいムードも考えれば、円安株高が進む可能性は高い。
トレーダーの多くは、これを機会に買いを入れているのではないかと思います。

新しい年号が「令和」だろうと「安久」だろうと「新平成」だろうと、それ自体に特別な意味はありません。

ここで問われているのは文字の意味などではなく、
「それを聞いた貴方はどうするか?」
ということなのですから。

台湾の日本の元号予想

仮想通貨無料配布サイトが令和決定記念にキャンペーンをやってました。
通常の2倍配布中。

⇒アルファフォーセット
国産仮想通貨を無料でGET | アルファ フォーセット

稼ぐ力育成講座⑨ 取引回数を増やせない最大の要因

挫折しやすい人の特徴
全部当てはまってる! ( ノД`)

前記事⇒稼ぐ力育成講座⑧ 価格差を大きくする四つの方法

最初にどうでもいいお知らせ。

投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でこのエセブログがおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】

こんな面白画像しかないブログがなぜ選ばれたのかは謎ですが、、これから投資をはじめる方にとってこの記事が少しでも読者の役に立てばと思っております。

感謝猫

今回は利益を大きくする三つの方法の二つ目の話。
そして多分、一番大事な話です。

①価格差を大きくする
②取引機会を多くする
③成約率を上げる

利益を出すためには、モノやサービスを売るしかありません。
どんなに素晴らしいビジネスを思いついても、売れなければ一銭にもなりません。

利幅と成約率が変わらないのであれば、利益は販売個数に比例します。
沢山売るほど儲けが増えるのはわかりやすい話ですね。

商売の基本は、いかに多くの顧客に認知して買ってもらうか。
コマーシャルを出しても、誤発注の振りをして売り出しても構わない。
とにかく多く売った方の勝ちです。

バウム誤発注

しかし、シャイな日本人はこれが一番苦手
日本人が商売に向いていないと言われるのは、この消極性が主因だと思われます。

前にも述べましたが、最近の若者は営業職が嫌いです。
「知らない人に売り込みをかけて商品を買ってもらう」という行為に対して、恐怖すら感じています。

なぜ嫌なのかと言えば、断られるからです。
断られると、プライドが傷付くからです。
人間は基本的に「ノー」と言われることに耐えられません。

否定する

このことは、異性への告白によく似ていますね。

告白すれば、高確率で振られます。
振られても金銭的な損害はありませんが、自尊心はズタズタになります。

噂が友人に流れたり、最悪SNSで拡散される可能性すらあります。
そのリスクを考えると、若者がなかなか好きな人に告白に踏み切れないのもよくわかります。

しかし、告白せず付き合うのはまず不可能です。
貴方が若くてクレオパトラ並みに美しい容姿をしていれば相手からアプローチしてくれる可能性もないではありませんが、そこまで自信はありませんよね?

90%の確率で振られるとしたら、10人に声をかければ1人は成功することになります。
仮に99%の確率であっても、100人ナンパすれば成功します。

この地球には約35億人もの異性がいるのだから、諦めずアタックし続ければいつかはOKしてもらえるでしょう。
エセ賢者の断られる確率は100%らしいので35億人に告白してもダメかもしれませんが、友達ぐらいは作れるはず。

恋人より友達を作る方法

ビジネスや投資も同じこと。
自分から動いて売り込みをかけなければ、まず成功することはありません。

多くの会社で面接を受けて、雇ってもらえる場所を探す。
とにかく多くの顧客に会って、話を聞いてもらう。
大数の法則が働くまで、延々とトレードを続ける。

腐るほど繰り返せば、どんなこともいつか必ず成果が出ます。

しかし、現実にそれを成すのは簡単なことではありません。
特に日本人はダメダメです。
プライドが高い人ほど、チャレンジする頻度が低い。

就職も何社か不採用になっただけで諦めてしまう。
営業も何人か断られただけで諦めてしまう。

トレードで負けが続くことは珍しくないが、初心者は数回ロスカットになっただけで止めてしまう。
ひどい人は一回の損切りも妥協できず塩漬けして、含み損が膨れ上がって即死。

負けることに耐えらない。
プライドが傷付くことに耐えられない。
だから、日本人の若者は起業もプロポーズもしないんですよ。

起業活動率

そんな状況を乗り越えるには、ただやるしかない。

幸い人間の自尊心には限度があるので、永遠にプライドが摩耗し続けることはありません。

1回失敗すれば半分が削られ、2回目はさらに半分が削られる。
10回やればもうボロボロ、よほど自信のある人でも20回連続で負ければプライドは粉々になっているでしょう。
つまり20回敗北したら、そこから先はいくら失敗しても平気になってしまうわけです。

何度も何度も負けて、失敗に慣れ切ったらそこがスタートライン。
初めのうちは利益を出というよりも、知らず知らずのうちに肥大化した自尊心を崩すために取り組むべきなのかもしれません。

今の日本社会は無力感を味わうことはあっても挫折感を味わうことは少なく、若者は「成功するのが当たり前」だと思っています。
しかし、現実には失敗するほうがずっと多い。

星の数ほど断られること。
多くの人に嫌われること。
失敗してプライドを失うこと。
見苦しくも今の仕事にしがみつくこと。

それが成功するための必須条件なのだと思います。

いつまでも引退しない宮崎駿の諦めの悪さ

次回は「成約率を上げる方法」
さて、どんな話になるのか猫賢者にもわかりません。

⇒諦めが悪いのは良いことなのか、それとも悪い事なのか

稼ぐ力育成講座⑧ 価格差を極大化する四つの手段

古文書を作るのは簡単
こうやって作っていたのか・・・

前記事⇒稼ぐ力育成講座⑦ 利益を伸ばす3つの方法

前回の講義で収入を上げるための三つの方法を紹介しましたが、ここからはそれらを個別に見ていきます。

①価格差を大きくする
②取引機会を多くする
③成約率を上げる


今回はもちろん最初なので、①価格差を大きくすることを考えます。
本当は②の話をしたかったのですが、「順番通りやれ!」と猫に怒られました。

価格差を広げる方法は、大きく分けて以下の四種類。

①仕入れ値を下げる
②売値を上げる
③スプレッドを下げる
④付加価値を与える


安く仕入れて高く売り、経費は最小限に。
商品を加工して新しい価値を加えたら、さらに高く売れる。
まさに商売の基本ですね。

この中で一番効果的なものは何かといえば、もちろん④付加価値です。
歴史を振り返れば、日本という小国が世界第二位の経済大国へ成り上がったのも付加価値を作ることに専念したからです。

水はそのままではただの水に過ぎません。
しかし、冷凍庫で冷やせば氷になります。
さらに粉々に粉砕し、シロップをかければ『かき氷』という商品になります。

カキ氷

『水』と『かき氷』は成分的には殆ど違いはないけれど、販売価格は全然違います。
元はタダ同然の物でも、手間をかけることでもっと高く売れる品物へ変えることができます。

安い鶏肉も焼いてタレを付ければ、美味しい焼き鳥として居酒屋で出すことができます。
まっさらな色紙も、イチローが署名すれば有名人のサインとしてヤフオクに出品することができます。
オスプレイを作る鉄15トンの原価は約15万円ですが、日本政府には100億円以上というクソ高い値段で売られています。

このように、あらゆる産業は原料・材料をより高価にな物に変換することによって成り立っています。
つまり、付加価値を与えることが収入を増やす最も効果的な方法なのです。

美人手作り弁当

しかし、ここで非常に残念な事実をお知らせしなければなりません。
それは、株やFXのトレードにおいて「付加価値を作って売る」という手法は使えないということ。

当たり前ですが、株式や外貨を加工して売ることはできません。
トヨタ株をデンソー株に変えることはできないし、米ドルを豪ドルに替えることもできません。
商品先物で牛肉を買ったとしても、ステーキにして焼くことはできません。

先物において取引されるのは、あくまで銘柄という概念
現物のように変化させて価値を高めることは不可能です。

そういう意味では、トレードは現実の商法より自由度が低いんですね。

廃棄カツの横流し値段

故に私達トレーダーは、

①仕入れ値を下げる
②売値を上げる
③スプレッドを下げる


の三つの方法を駆使して利幅を拡大するしかありません。

買値を下げるには、皆が投げる場所で買うのが最も効果的でしょう。
リーマンショックのような危機の際はポジションの手じまいが起こるため、平時よりかなり安値で買い付けることができます。
投げ売りされた株式や外貨、貴金属を相場が落ち着くまで持ち越すことができれば、将来大きな利益を生むかもしれません。

高く売るためには、流行を狙うといいでしょう。
最近のビットコインバブルのように、市場は時折特定の銘柄が注目されることがあります。
大きな買い集まっている場所で高く売り抜けることができれば、大きな利潤が得られるかもしれません。

また、3月や12月の決算期、8月の国債の乗り換え時など、決まった需要が発生する時期が毎年あります。
その時に合わせてポジションを仕込んでおけば、普段よりも有利な取引ができるでしょう。

スプレッドは売り買いの際にかかるコストのこと。
手数料を節約するためには、あらかじめ良い業者を選んでおくことが肝要です。

利幅を大きくする上で重要なのは、より大きな視点で見ることです。
チャートを見ればわかるように、短い時間でレートが大きく変動することはあまりありません。
上昇トレンドで株価が何倍になるとしても、何ヶ月あるいは何年という大きなスパンで動いた結果です。

日経平均株価暴落チャート

1分・1時間という短期足で見ればたいした値幅がなくても、週足・月足といった長期足で見れば変わることがあります。
何かの事件で暴落して下ヒゲで買えたり、暴騰して上ヒゲで売れることもあります。

モノの値段は状態・場所・時間といった変数によって大きく変わりますが、これまでのように狭い範囲を見ているだけではそれを知ることはできません。
より長いスパンと広い視野で世の中を見て、価格の高低差が生じる場所を見つけましょう。

マザーテレサのクソ株への愛情

次回は回数を増やす話です。
多分これが一番大事でメンタル的に厳しい話になるはず。

⇒稼ぐ力育成講座⑨ 取引回数を増やせない最大の要因

⇒トリプルスワップアービトラージ 合成通貨のスワップ格差による両建て

稼ぐ力育成講座⑦ 利益を伸ばす3つの方法

食べられる緩衝材
これは売れそう!

前記事⇒稼ぐ力育成講座⑥ 本当に大切な仕事はたった一つしかない

仕入れ値よりも高い値段で売却すれば利益なりますが、1回取引したらそれで終わりということはありません。
需要がある限り何度も取引を繰り返して、利益を積み上げることになります。
その場合の総利益額は、

利益=利幅(価格差)×取引回数

となります。
厳密には損失や諸経費を引かなければなりませんが、話を簡単にするためにここでは省略します。

大きく儲けたければ原価より売値が高い商品を売ればいい。
あるいは沢山仕入れて、多くの人に売ればいい。
これは感覚的にも納得できる話ですね。

プリン誤発注

注意したいのは、ここでいう取引回数は「取引が成功した回数」だということです。
当たり前のことですが、商品を店頭に並べたとしても買ってもらえるとは限りません。
FXで注文を出したとしても、約定するとは限りません。

なので、取引を試みた回数と成約率を加えると、

取引回数=取引機会×成約率

利益=利幅×取引機会×成約率


となります。
よって、利益を最大化するためには、

①価格差を大きくする
②取引機会を多くする
③成約率を上げる


の三つを実行すればいことになります。

あまり良い例ではありませんが、保険の営業やキャッチセールスをイメージするとわかりやすい。
最近は銀行の営業マンが高齢の高額預金者を狙って、手数料の大きい金融商品の勧誘を行っています。
エセ賢者は綺麗なねーちゃんによく引っかかって、霊験あらたかな壺を買わされています。

老人を騙す銀行員

商品の値段や手数料を高くして、利幅アップ。
より多くの客を集めて、取引機会アップ。
言葉巧みに誘導して、成約率アップ。

詐欺の手口みたいですが、まともな商売でも株やFXのトレードでも本質は同じです。
三つの要素を確実に抑えることが、より大きな利益に繋がります。

トレードにおいては、利幅(獲得pips)・回数・勝率がそれらに該当します。
負けトレーダーが成績を改善したかったら、

①1回のトレードで取れる利幅を上げる(あるいは損失幅を下げる)
②トレード回数を増やす
③勝率を上げる


のうちどれかを行うことになります。

ただ闇雲に勉強したり、メンタルを鍛えたり、情報を集めたりしたところで、何が改善するのかわからないのでは無駄。
三つの中で自分に足りないのはどれかを考えて、それを集中して鍛えなければいけません。

実力、運、、経験、努力といった曖昧な言葉を言い訳にするのは止めてください。
必要なのは、価格差と取引機会と成約率。
上手く行かないということは、それらのどれかが欠けているということです。

自身の長所と短所を正確に把握して、それぞれ確実に伸ばしていきましょう。

サザエさんには勝てない

来週のサザエさん・・・じゃなかった、次回からは三つの要素をピックアップして、伸ばす方法を考えていきます。
つまりあと3回は続くはず?

⇒稼ぐ力育成講座⑧ 価格差を極大化する四つの手段

⇒維新流トレード術サンプルマニュアル

稼ぐ力育成講座⑥ 本当に稼げる仕事はたった一つしかない!

1億円以上稼ぐ人の職種
億トレーダーってそんなにいるの!? (;゜0゜)

前の記事⇒稼ぐ力育成講座⑤ 需要はどこにあるのか?

この大人気シリーズ(?)もはや6回目。
ずいぶん長くなりましたが、ようやく核心に踏み込めそうです。

会社にはたくさんの職種があります。
様々な業務が合わさって、一つのビジネスが成り立っています。

・取締役
・企画
・総務
・製造
・営業
・事務
・経理
・人事
・教育
・物流
・受付

どれも企業を運営するためには欠かせないお仕事ですが、敢えて一番大事な仕事を選ぶとしたらどれでしょうか?

会社の顔である社長?
商品を作る製造?
社員を採用する人事?

どれも違います。
答えは営業です。

企業の目的は利益を上げること。
利益とは、物やサービスを対価に代金を受け取った時に発生します。
だから「売る仕事」である営業より大切な役割は存在しません。

世界一優秀な営業マン↓
お茶しかない自動販売機

もちろん、会社をきちんと管理して商品をお客様に届けるためには他の職種の協力が必要不可欠です。
しかし、製造がどんなに素晴らしい製品を作っても、物流が素早く届けても、肝心の営業が売らなければお金にはなりません。

何十回と断られても、次の客にアタックするしかありません。
少しでも売れる見込みがあるなら、販売サイトに出品する手間を惜しんではいけません。

バーゲンでも訪問販売でもヤフオクでもメルカリでも、手段は何でも構わない。
ただ販売してお金を残すことだけが、事業を存続させます。

他の仕事がどんなに目立っても、会社のメインプレイヤーは営業なのです。

妻セツ子を特売

しかしながら、そんな事業の生命線である営業職は就活性に相当に嫌われています。
多くの若者はプライドの傷付きやすい営業職を避けて、事務や製造の裏方を希望します。
一般の人は押し売りしてくる営業マンを嫌っています。

けれど、それが仕事です。
99%に要らないと言われても、1%の必要としている人に届ける。
そして利益を出し、社員を食わせていく。

これ以上立派な仕事はありません。

売ることだけが利益になる。

これはFXトレーダーにとっても同じこと。
むしろトレーダーは製造や運搬を行わないのだから、取引の重要性は何よりも高くなります。

どんなに頑張ってマーケットの情報を集めても、何十年分のチャートを分析しても、実際に売買をしない限り損益は発生しません。
一応株の配当やFXのスワップポイントもありますが、先物の差益に比べれば微々たるものです。

株や外貨を買った時よりも高い値段で売る。
高値で売れないとしたら、ロスカットしてでも素早く売り抜ける。

トレーダーの仕事の半分も、やはり営業なのです。
ただの引きこもりじゃないんですよ。

トレーダー投資家なんて引きこもりと同じ

大抵の人は「エントリー(注文)」「エグジット(決済)」を同等に捉えていますが、それは大きな間違いです。

実際には玉を建てるより解消する方が遥かに難しい。
だって買った時はまだプラスもマイナスもないけれど、決済する時には損益が決まってしまうのだから。

ビジネスで考えてみるとわかりやすい。

高度に情報化した資本主義社会においては誰もが自分の持っている物をアピールしているので、仕入れ先を見つけるのはさほど難しくはありません。
極端に安値で買うとなると大変ですが、そこそこの良品を手頃な価格で手に入れるなら容易い。

しかし、それを買った以上の値段で売るのは至難の業。
途中の経費や売買にかかる消費税を含めても利益を残そうと思ったら、相当な苦労が伴うでしょう。
上手く売れなければ特売も考えなければいけないし、最悪売れ残って全損になるリスクも伴います。

キムタク特売品

トレーダーだって同じこと。
株や外貨を仕入れたとして、「いついくらで売ればいいのか」は簡単にはわかりません。

少し上がっただけで待ちきれずに売ってしまえば、その後の上昇の利益を失ってしまう。
かといって持ち続ければ相場が反転し、含み益がなくなってしまうかもしれない。

含み損も損切りしなければ、いつかプラスに戻る可能性はある。
その一方で塩漬けしたらどんどん腐って、取り返しの付かないことになるかもしれない。

決済というのは本当に難しい。

会社の業績が営業マンによって決まるように、トレーダーの成績も利益確定・ロスカットで決まります。
それ以外の作業も決して不要ではないけれど、出口ほど重要ではありません。

稼ぎたいのであれば、何よりもまず売ることを考えなくてはいけません。
最も高い値段で売れる場所を探し、在庫が残るのであれば速やかに処理することを考えなくてはいけません。

そういう意味では、優れたトレーダーになるとは良い営業マンになることなのかもしれません。

電話するサマリーマンと猫が一致

⇒稼ぐ力育成講座⑦ 利益を伸ばす3つの方法

⇒誰からお金をもらうのか? 投資の前に知るべきこと